【超わかる】中国と台湾の歴史

中国と台湾 トレンド

2020年8月11日・・・

Ryo先生
台湾外相が、アメリカのアザー米厚生長官と会談し、こんな発言をしました。


中国が台湾に圧力をかけ
台湾をもう一つの香港にしようとしている

と・・・

生徒
先生・・・最近ニュースを見ていて「中国・台湾・香港」と、なんだかごちゃごちゃで何が起きているのかがわかりません。わかると楽しいんでしょうけど・・・
デビルン
ほんまやで!「逃亡犯条例」?「国家安全法」?「抗議デモ」?まとめて解説してくれや!
Ryo先生
そうですよね・・・ごちゃごちゃになっちゃいますよね・・・💦ここは私に任せてください🎵そのすべてをわかりやすく解説しましょう❗まずはその【歴史】を学ぶことが大切です🎵

中国と台湾


中国と台湾はかつては一緒でした

デビルン
あ!そうなん!?もうそこから知らんかった・・・💦勉強します・・・もう面白いやん❗笑

中国は「清」という帝国を築いていました。

その最後の皇帝「宣統帝溥儀」

かれはもう清王朝は長くないと感じていた。

それは国民も同じだった。


そこで、新たな中国を作ろうと・・・

清朝政府を打倒しようと動き出したのが・・・


国民党」と「共産党」でした。


Ryo先生
ここから「中国」と「台湾」の歴史が始まるんです🎵まずはそこから・・・。

国民党は「民主化」を掲げ
新たな独自の中国を作ろうと考えた。

一方の共産党は
近隣列強国「ソ連」によるバックアップをうけながら
新しい中国を作ろうと考えた・・・。

ソ連のバックアップは強大で・・・
残念ながら国民党は敗戦した・・・

敗戦した国民党は・・・
第二次世界大戦後に日本が支配をやめることになる「台湾」に逃げた。


こうして・・・

勝利した共産党が中国本土に残り
「清」に変わる新国家「中華人民共和国」を建設


敗戦した国民党が台湾に作ったのが
中華民国」だった。

生徒
なるほど🎵新国家建設方針の食い違いで2つの国家が出来上がったんですね❗もとは1つだったのに・・・可哀想・・・。

その中華人民共和国の建国の父は

毛沢東

彼はソ連をモデルに
共産理想主義に基づき、次々と政策をやるも・・・

立て続けに失敗❗大パニックを引き起こした。

Ryo先生
仕事もお金も全〜〜〜部平等にするのが共産主義。ソ連は失敗を隠しているので、中国が成功するはずはなかった。

この状況をすべて解決した男が

鄧小平

中国は「毛沢東」以上に
この「鄧小平」を知らなければならない

彼は言いました。
「黒い猫でも白い猫でも、エサをとってくるのがイイ猫だ」


つまり・・・こういうことです。

共産主義でも、資本主義でも
国民が幸せならどちらでもいい

という現実主義者だった。

デビルン
お〜❗やっぱり現実主義のほうがええわ❗毛沢東は抽象的過ぎんねん❗

そこで彼が取り入れたのが

社会主義市場経済」。


つまり・・・
表向きは共産主義の一党独裁

しかし❗

共産主義では”絶対に”豊かにはならないので

市場は世界と一緒の「資本主義」を導入する。


という政策でした。


海外の会社さん!
どんどんうちで会社を作ってください
人口も、労働力もハンパじゃないよ!!!



これが今の中国ですね!

生徒
たしかに、中国は共産主義だけど、共産主義のイメージはないです。「鄧小平」がそうさせたんですね❗

こうして・・・
どんどんと民主化する中華人民共和国!


しかし・・・貧富の差は著しく顕著になった・・・。

生徒
なるほど・・・実際に中国内部は資本主義を導入したんですもんね・・・デメリットは貧富の差ですね・・・儲けられる人はいいけど。

鄧小平に対し反対意見を持った人たちが

天安門に集合
抗議運動を行った。


鄧小平はこれを軍で鎮圧・・・
多くの死傷者をだした・・・

これが「天安門事件」です。

鄧小平の手腕で

中華人民共和国の経済は
一気に世界においつきました。

そして、現在は習近平がリーダー・・・


彼は一体何をするのか・・・

台湾について

台湾に逃げた国民党党首は

蒋介石


最初の統治は大ピンチの連続でした・・・


それまでの台湾は日本政府に統治されていた

Ryo先生
日本統治下の台湾は・・・とにかく「近代化」され、日本は「インフラ整備」「教育」「政治」「国家運営」を手厚く行っていました。
生徒
なぜそんなに手厚く?植民地なら、奪って、奪って、搾取すればいいのに・・・と思ってしまいますが・・・。

手厚くした理由は・・・

日本は初めて「植民地」を手に入れたから

反乱なんて起きてほしくないし
今後も関係性を築いていきたい。

しかし・・・

第二次世界大戦で日本は敗戦・・・

台湾から退いた

生徒
そうでしたね・・・日本史の方でも流れがあるので、すごくわかります。あ、コレですね🎵
日本史

わかりやすい日本の歴史 昭和〜現代令和へ!【流れがわかる日本史】

その日本が抜けた台湾に

中国共産党に負けた蒋介石がやってきた

そこで彼は日本が作り上げてきた財産を・・・

すべて奪ってしまった

デビルン
蒋介石何しとんねん!!!アホやろ❗

これに台湾人は怒ります・・・。

「日本の支配のほうが良かった!!!
なんでそんな事するんだ!!!」

これが二・二八事件
こうして始まった二・二八事件は、蒋介石の国民党の軍隊により鎮圧されてしまった・・・。


だから台湾は親日なんです

生徒
なるほど❗つながりました、つながりました❗それが理由なんですね🎵

さて・・・台湾は悩みます・・・


台湾出身の優秀な人はいないのか!!!だれか・・・!

ここで「李登輝」が登場

この「李登輝」さん・・・2020年8月12日に

お亡くなりになりました。

記事の最初に紹介したアザー厚生長官が献花しています。

そして、中国を批判する声明を出しました。


「李登輝」さん・・かれは生粋の台湾人

李登輝は言いました。
「台湾の国民党一党独裁は絶対に良くない。二大政党政治を行うぞ!!!」

そこで「国民党」の他に作られたのが・・・

民進党」です。


いつか中国に戻りたい気持ちがあり
中国に未練がある「国民党」



自分たちの国に愛がある
中国には一切未練などない「民進党」

が成立した。

生徒
うわぁ〜〜・・・もうなんかいざこざ起きそうです・・・💦

そして、今、台湾では

2016年から

民進党党首の蔡英文さんが就任しています

Ryo先生
彼女は新型コロナウイルス対策で全世界が注目しました❗記事は下から。

台湾の英雄蔡英文総統とは【新型コロナで大注目】

さぁ・・・こうして成立した

「中国」と「台湾」・・・

それぞれの国が21世紀に入り

大きく揺れ動いています。

そして・・・冒頭でも話をした

中国が台湾に圧力をかけ
台湾をもう一つの香港にしようとしている

という今話題の「香港との関係」も

楽しく勉強していきましょう🎵