超面白いギリシア神話 最終章【神・おすすめ本】

ギリシア神話 歴史

ギリシア神話とは

この記事は「超面白いギリシア神話」の続編!

Ryo先生
なので、まだ見ていない人はこちらの記事を先にお願いします♫
ギリシア神話

超面白いギリシア神話【神・おすすめ本】 

楽しく頭に入る1冊

さて、前回は女好き「ゼウス」のお話で終わりました。
もう一度家系図は載せておきましょう!

ギリシア神話

ギリシア神話 神ゼウス

前の記事の最後はゼウスの娘
ヘレネ」という絶世の美女の紹介で終わりました🎵

彼女はヘラクレスに超憧れた男テセウスにさらわれ、
なんとかギリシアの男たちに助けてもいました。

ギリシア神話

超面白いギリシア神話 2【神・おすすめ本】

ヘレネを助けたその男たちは
次々と助けたのを理由
ヘレネに結婚を申し込みます。

「おれだ!」
「いやおれだ!」
「おれは?」
「お前じゃない!おれだ!」

ってね。

そしてこの「ヘレネが原因で
これから戦争が起きようとしていた・・・。

1人の女性を争う戦い・・・。

これが人類初の戦争「トロイア戦争」

世界の戦争の始まりは「女の奪い合い」なんですね・・・。

一人の美女が、国を滅ぼす・・・。
その「トロイア戦争」のお話。

はじまりは「とある結婚式」から始まります。

あのゼウスに惚れられた
海の女神「テティス」がいました。

彼女はゼウスに惚れられてはいましたが
他の男と結婚することになった。

ということで
盛大に神々を呼び、結婚式をあげることになりました。

あのゼウスの正妻「ヘラ」や
戦いの神であり、ゼウスの娘「アテナ」も参列。

盛大に始まった結婚式でしたが
テティスは”ある女神”を結婚式に呼ばなかったんです。

その女神が「エリス

彼女は「争いの神」です。
テティスは呼びたくなかったのか
彼女は呼びませんでした。

あとからこの結婚式の情報を聞いたエリスは・・・

「はい、ぷっちーん!
なんなの・・・あの女!!!
・・・いいわ・・・そっちがそうなら・・・」

エリステティスの結婚式を内緒で見に行きました。

そこでエリス
1個の”リンゴ”を式場に投げ入れます。

リンゴ

「コロン・・・コロン・・・・」

テティスは「ん??」
それを拾ってみると、何やらリンゴに
”文字”が書かれているのに気が付きました。

その文字をよんでみると・・・

「世界で一番美しい女神へ送ります。」

と書いてありました。

その言葉を聞いた式場にいた女神たちは・・・

「世界で一番美しい女神」は一体誰なのか気になり始め
ついにその一番美しい女神を決める言い争いに・・・。

そこでまずある女性が発言します。

「それはもう私に間違いないわよ。ね・・・みなさん?」
ゼウスの正妻ヘラでした!

デビルン
さすが正妻や・・・プライド高ぃねんな〜

「ちょっとまって・・・女の戦いね・・・私だって負けないわ。」
そういったのはゼウスの娘であり戦の女神アテナでした。

デビルン
かっこええな〜!さすが戦の神や!ふぅ〜!あ、もう1人なんか言うで・・・

「あんたたち、いい加減にして。美の神は私よ?私が一番美しい。」
そういったのは美の神アフロディテでした。

ヘラアテナアフロディテ

この3人の女神の「美の戦い」になった。
結婚式はもはや崩壊。笑

もうあの人が決めるしかありません。

そう。全能なる神「ゼウス」
ゼウスはメチャクチャ嫌がります。笑 なんで俺〜〜〜〜〜!!!って。

そこでゼウス
「よし!下界の人間に決めてもらおうじゃないか!」

そこで選ばれたのがギリシアの
”トロイア”にいた王子「パリス」です。

ゼウスは言いました。
「おい!パリスよ・・・この3女神で一番美しいのは誰だと思う?」

パリスは言います。
「いやぁ〜あったこともないですし・・・
ちょっと難しいですよ・・・」

そんなパリスのもとに
3女神が舞い降り
それぞれがパリスに伝えます。

最初にヘラが言いました。
「私は最高神ゼウスの正妻よ。
もし私を選んだらあなたに
権力”を与えましょう。」

次にアテナが言います。
「私は戦の神、もし私を選んだらあなたに
永遠の勝利”を与えましょう。」

最後にアフロディテは言います
パリス?私を選んでくれたら
最高の美女”をあたえるわ。」

Ryo先生
さぁ、パリスはどの女神を選んだのか・・・

・・・

・・・

・・・

パリスは「美女」を選んだ。

アフロディテは言います。
「ありがとう🎵これで私が一番ね🎵
じゃぁ、あなたに最高の美女をあげる。
私には”キューピッド”っていう部下がいる。
だから任せなさい🎵・・・
どの美女にしようかしらねぇ・・・」

選ばれた美女・・・
それが、ゼウスの娘で、絶世の美女といわれた「ヘレネ」でした。

最初にも話したように
ヘレネはギリシアでメチャクチャモテていた。

そこで・・・
ギリシアの男たちは全員である約束をした。

「このままだと俺たちはヘレネを争って喧嘩になる・・・
皆でギリシアを良くしたい。
やっぱりヘレネの幸せが一番じゃないか?
そうだろ?
やっぱりヘレネに決めてもらって、
選ばれた男を皆で守ろう!
そうしよう!それが一番のヘレネの幸せだ!」

と男たちは一致団結した。

そしてヘレネは1人の男性を選び、
結婚をし、争いは解決していた。

そこに・・・・

「ヒュー〜〜〜ン、グサッ!!!」
アフロディテに命令されたキューピッドの
”恋の矢”がヘレネにささった!!!

そこにすべてを知るパリスが登場
「おいで・・・愛するヘレネ

こうしてヘレネパリス
トロイアにいってしまった。

ヘレネの旦那は激怒しました。

ヘレネが!
俺のヘレネが連れて行かれた!
兄ちゃん!どうすりゃいいの〜!」

兄貴の名前は「アガメムノン

アガメムノンは言います。
「あのパリスの野郎〜!おい!ギリシアの男ども!
俺の弟を一緒に守ってくれ!
愛するヘレネパリスから奪い返すぞぉ〜〜〜〜〜!
行くぞ〜!!!」

こうしてギリシアとトロイアの大戦争が始まる!

リーダーはアガメムノン。
ギリシアが海を渡り、トロイアに向かいます。ギリシアは”アウェー”ですね!

ギリシアは遠征しようとするも
「超エース」が不在だった・・・。

アガメムノンは言います。
「困るなぁ・・・
アイツは100人力のギリシアのエースだ。なぜいない?」

そのエースの男は超過保護に育った

なんと母親はテティス
あの最悪の結婚式の花嫁でしたね。

あれからいろいろと心配性になり
自らの息子にも超過保護だった。

過保護だったからか
かなりひ弱な男の子に育ってしまった。

そこでテティス
息子に強くなってほしいと
ギリシアにある”伝説の川”に行きます。

実はこの川、流れが早すぎて、入ると殆どの人は死んでしまう。

しかし・・・
この流れに打ち勝ち、川から上がることができたら
「強靭な肉体と力」を手に入れることができる
“伝説の川”だったのです。

息子は言いました
「ママ・・・僕は強くなりたい・・・お母さんを守りたいんだ!」

テティスは悩みます。
伝説の川に愛する息子を入れて
本当に大丈夫なのか・・・

心配だったテティスはいい考えを思いつきます。

「わかったわ。でも、あなたには死んでほしくない。
この縄を足に巻いてから飛び込みなさい。
なんとかママが引き上げるから!」

そういって頑丈な縄を息子に結び
川に投げこみました。

激流に飲み込まれそうになる息子を
必死に守ろうと縄を掴み、
なんとか息子を引き上げることができました

・・・すると?

Ryo先生
息子が強靭な肉体と力を手に入れていたのです!

「ママ!ありがとう!
これでギリシアの為に戦える!」

その後の息子は戦に連戦連勝!
ギリシアでは誰もが知る英雄になっていた。

しかし、今回はトロイアへの「初の海外遠征」・・・
母親テティスはどうしても行かせたくなかったので
ある島に息子を隠した。

しかし、探し当てたアガメムノンとともに、
トロイア戦争へ向かうのであった。

対するトロイア軍はパリスとその兄ヘクトル

このギリシアとトロイアのヘレネを奪う戦いは
10年の激闘だった。

そしてついにその決着が!?

テティスの息子VSヘクトルの一騎打ちだった。

この一騎打ちに見事テティスの息子が勝利!

遠くで兄ヘクトルを失ったパリス
超絶美女のヘレネは手に入れたが、
最愛の兄を失った。

なんとか一矢報いたい・・・
兄が目の前で死んだ・・・
悔しい・・・でも兄ほど強くない・・・

パリスは悩み・・・
ダメもとで遠くから帰還していくテティスの息子に弓矢を放った・・・

すると・・・

その弓矢がテティスの息子の「かかと」に
運良くささった。

パリスは崩れ落ちた。
「だめだ・・・足にしか当たらない・・・
俺は何もできない・・・
アイツの体は強靭な体・・・
かかとに矢があたっても意味ない・・・
クソぉ〜!!!!!」

すると・・・

「・・・!?・・・何だ・・・この痛みは・・・
ぐぁ・・・・ぐぁぁぁぁぁぁぁっっっぁ!!!!!!」

テティスの息子が倒れ込んだ。

びっくりしたパリス

Ryo先生
さて、なぜテティスの息子は崩れ落ちたのか・・・知っている人はもうわかりますね?

この息子、強靭な体を手に入れた際、
テティスは息子が心配で
足に縄を結び川に投げ込んだ

そして
引き上げたときに強靭な体を手に入れた。

つまり?
かかとには伝説の川の水がつかなかった。かかとは力を得られなかった。

唯一の弱点が「かかと」だった。

このテティスの息子の名前をこう言います。

アキレウス

そうアキレス腱の由来となった男です。

ギリシア軍はテティスの息子アキレウスを失い

トロイア軍はパリスの兄のヘクトルを失い

再び膠着状態へ・・・

そこでギリシアがある行動に出ました・・・
それが「一斉退却」です。

たった一夜で
トロイアにいたギリシア兵全てを
退却させた。

”ある1つの物をおいて”

それがこの木馬(現在世界遺産)

トロイア軍が来ました。
「コレは我々の勝利だ・・・!このでかい木馬は貢ぎ物か?」

そこに逃げ遅れた1人のギリシア兵がいました。

彼を捕まえて話を聞くと・・・

「もはや10年の戦に疲弊し、
我々は退却しました・・・。
この木馬は故郷に皆が無事に帰ることができるよう
祈りを捧げる木馬です・・・。
どうか・・・
これだけは残してくださいませ・・・」

トロイア軍はこの話を聞き
「ほぉ・・・ではこの木馬を奪えば・・・
ギリシア兵は無事には帰ることができないというわけか!
よぉーし!城にこの木馬を入れろー!!!」

と木馬がトロイア軍の城に運ばれることになりました。

ギリシア兵
「そう・・・無事には・・・(ニヤ)」

その夜、
ついに10年間のトロイア戦争に勝利したトロイア軍は
国を上げた盛大な宴を城で開催しました。

10年分飲んで飲んで飲みまくった・・・

夜も深まり、
勝利をつまみに飲み明かしたトロイア兵
城の至るところでぐっすり寝てしまった・・・

「ガタ・・・・・ガタガタ・・・・
ギリシア兵よ・・・今がチャンスだ!」

するとトロイの木馬の腹がひらき
ギリシア精鋭部隊が木馬から現れました!

そして
すぐにトロイアの城の上に登り、
火で合図を出します。

すると
逃げたふりをし、隠れていた
他のギリシア兵も全軍トロイアの城を囲み、
全軍での総攻撃!

こうして、一夜にして
トロイア戦争はギリシアへの大勝利で
幕を閉じたのだった。

【トロイの木馬】の話である。

いかがでしたでしょうか?

3記事に渡り記載した「ギリシア神話

このトロイア戦争もむか〜〜〜しの話。
本当に存在したのかは気になりますね!

こうした戦争や都市が実在したのかを研究している人が
今も世界にいます。

そして、実在するかわからなかったトロイアという町は
発掘調査で発見されました。
それがトロイア遺跡。

空を見れば星座が輝く。
数々の星が宇宙に輝く・・・

どこかで女好きのゼウス

我々をみているかもしれませんね🎵

東京都府中市から世界へ発信。