わかりやすい日本の歴史 戦国時代【流れがわかる日本史】

日本史 歴史
生徒
先生!ついにこの日本史講座も「戦国時代」に入りましたね!!!楽しみです🎵
RYO
ぜひ楽しんで行きましょう!
まずはじめに【自己紹介】!
私は2020年1月からブログを始め、4ヶ月でTwitterフォロー【1000】アフィリエイト収益4桁収入を継続しているRYOといいます🎵「楽しく継続、楽しく収益」をモットーに楽しくブログ運営しています!
生徒
今日もよろしくおねがいします🎵みなさんも前回までのお話は復習しておきましょう❗
戦国時代

戦国時代のきっかけ「応仁の乱」をわかりやすく徹底解説

コレめちゃ面白い🎵

戦国時代へ突入!

応仁の乱でも登場した一族の中に

武田軍の存在があった

生徒
あの山梨県の【甲斐の虎】の武田信玄ですか!!?
Ryo先生
そうです❗【信玄餅】の信玄ですね!ほら、前回の勢力図を見てください・・・。
戦国時代

彼らは馬を使い

武田の馬は天下一と言われていた・・・

馬に対しては

普通なら馬で戦います。

デビルン
何言ってんねん!そりゃそうや!あとは何で戦うっちゅうねん!

織田信長は奇才の風雲児。

彼は「」で戦った。

彼は当時あまり流通していなかった

鉄砲」を使い

武田軍を圧倒した。

生徒
あ!これが【長篠の戦い】ですね!?学校で勉強しました❗
Ryo先生
そのとおり🎵よく勉強していますね🎵すばらしい!さらに織田信長の凄いところは・・・

今までの軍制を一新し

戦専門の傭兵」を作り上げたこと。

生徒
戦(いくさ)専門?どういうことですか???

当時の武田軍も
戦国時代の他の武将もそうですが・・・

戦に出る兵士は
農民の仕事もしている

自分たちの領土が危なくなったとき
自分たちの地域を守るために
畑を耕すのを一旦止め

兵士として戦い

戦が終わったら自分の農地に帰る。

つまり、当時の戦は・・・
畑が経営できなくなるまでの長期戦は出来ず、畑の耕す必要のない時期にやることが多かった。

これが当たり前の生活だった。

ところが織田信長は・・・

農地で働く人を
兵士として採用せず

お金で兵士を雇った。

よって・・・

1年中戦が出来る
戦専門軍隊」を誕生させたのです。

デビルン
織田やばいやん・・・発想がすごいやん・・・。普通じゃないことをするんやな。

そして
この軍隊を使って【 ある行動 】に出ます。

生徒
なんだろう・・・全く想像できません・・・次に何を狙うんだろう・・・。

織田信長の次なる行動は・・・

日本が切っても切り離すことが出来ない

「仏を信仰する集団」

つまり

仏教徒の弾圧を実行する

弾圧どころか抹殺です。

神にすがる仏教徒は
ある意味で織田信長には邪魔であった。

デビルン
比叡山延暦寺の焼き討ちや・・・・・あれや!!!
Ryo先生
デビルンそのとおり❗比叡山は女性に一番人気のあの「浅井長政」をかくまったことでも信長と対立していたのです。
生徒
浅井長政・・・❤先生の浅井長政の話も聞きたい・・・❤
Ryo先生
話したいですね!「姉川の戦い」❗でもまずは日本史の流れを重視しているので、また改めてお話しますね🎵では続き・・・

更に織田信長は・・・

「成果」を求めた人事を行う

古くからの信頼ではなく

仲良しグループでもなく

とにかく成果を上げ
有言実行をする部下を重宝した

結果が出なければ、殺す。

成果が出なければクビにする。

ノルマを課すことで
部下の行動を促した

デビルン
たしかに古株は仕事もせず、のーのーとしてるイメージあるもんな・・・。わかるわ。
Ryo先生
いますよね・・・ろくに生徒指導もしない先輩教諭・・・ボソッ・・・おっと、失礼しました。笑

この織田信長が
なぜここまで色々出来たのか・・・

越後(新潟)の上杉謙信
甲斐(山梨)の武田信玄
仙台(宮城)の伊達政宗
加賀(金沢)の前田利家
尾張(名古屋)の徳川家康

生徒
すごい・・・戦国オールスターズ!!!

彼らには出来ずに

なぜ織田信長が!?

なぜ彼が天下統一を狙えたのか・・・

その一番の原因は

信長が京都に一番近かったから

それぞれの戦国武将が
天下を狙おうと京都に出兵したとして・・・

彼らの地元はどうなりますか?

例えば伊達政宗・・・

仙台

独眼竜の名のもとに、京都を目指し
天下を取ろうと計画をしていたかもしれない。

しかし・・・
京都は「遠い」

京都に行く間、仙台を留守にします。

これでは伊達政宗がいない間
それこそ新潟の上杉に

領地を奪われる可能性がある。

生徒
なるほど・・・戦国武将たちは地元を動けなかったのですね!!!

そう。リスクが高すぎて

動けなかった

近隣とのにらみ合いで精一杯。

織田信長はそういった

地理的な運も持っていた

そして

行動力、先見性のある武将であった。

ところが・・・

その成果重視であり
とにかくスパルタで
怖い存在であったその人柄が

自分自身の首をしめることになってしまった

本能寺の変の発生

火

1582年の出来事・・・

実行者は「明智光秀」
彼は信長にとっては古株の武将ではなく、「新参者」であり実績を次々と残す「エリート武将」だった。

彼は我慢の限界がきたのか

敵は本能寺にあり!

と本能寺に滞在していた
織田信長の就寝中に夜襲

焼ける本能寺の中で
織田信長は自害した・・・。

デビルン
え!!!?終わり!!!?はやない!?
Ryo先生
そうですよ!テーマは歴史の流れを「楽しく学ぶ」ことなので、人物重視ではなく、流れ重視です!!!笑

天下布武を掲げた織田信長が自害した・・・。

日本は一大事です。

国を引き継ぐリーダーがいないから

そこで、動き出した男!!

織田信長に「サル」とも言われ

信長の部下であり

信長の草履(ぞうり)を温めていた

その男・・・

生徒
で〜〜〜〜〜た〜〜〜〜〜〜サルっ!!!!!!!!

豊臣秀吉の登場!

彼は悲しみにふける部下達を横に・・・

「あれ?これ・・・
天下取れるチャンスじゃね?」

Ryo先生
この織田信長の死を秀吉に伝えたのがあの「黒田官兵衛孝高」「黒田官兵衛」だと言われています。彼は秀吉に「ご武運が開けました。」と言ったそうな・・・
生徒
凄い・・・「道がひらけた」って・・・官兵衛も先見の明がすごいですね・・・。恐ろしいくらい・・・。

とにかく秀吉は
素早く行動に移した

当時の秀吉は・・・
現在の山口県にいた毛利家と戦をしており、なかなか決着がつかなかった。
生徒
あ!あの「三本の矢」の話ですか!?
Ryo先生
そうです❗1本の矢だとすぐに折れるが、3本なら折れない。3人の息子よ。おまえたちも一人ひとりがばらばらになることなく、団結せよ❗

ってやつ。

豊臣秀吉は
この毛利家と拮抗している戦いの最中

殿である「織田信長の死」をきいた。

Ryo先生
あなたが豊臣秀吉ならどうしますか?
生徒
ん〜・・・早く毛利家をたおさないといけないですよね・・・
デビルン
すぐに次のリーダーを決める会議をしたんちゃうん?信長死んでもうたし・・・

豊臣秀吉はどうしたか・・・

彼はすぐに

毛利家と和睦(握手)し、休戦

そのときに「織田信長の死」は伝えません

とにかく毛利との決戦を辞め
信長死の情報を聞いてすぐに
中国地方から本能寺に向けて引き返します

生徒
毛利としてもラッキーですね!突然の和睦で領土安泰ですもんね。

秀吉は

夜も休まず道中に松明(たいまつ)を掲げ

とにかく誰よりも早く

信長のもとに向かうのではなく・・・

デビルン
ではなく!!!!!!!!!!?

「明智光秀の討伐」

つまり

織田信長の敵討(かたきう)ち」に向かった。

これが有名な「中国大返し

そして、山崎の戦いで明智光秀に打ち勝ち

見事「織田信長の敵討(かたきう)ち」に
大成功した。

生徒
秀吉凄い!!!信長が亡くなったのはもう戻らないから、まずは明智のもとに行ったんですね・・・。それは普通思いつかない。

実は当時の豊臣秀吉は

織田信長にとって
一番信頼できる部下ではなかった

織田信長の右腕としては・・・
柴田勝家や丹羽長秀や滝川一益らの重鎮たちだった。

豊臣秀吉はそんな重鎮になど

頭が上がるわけがない
ちっぽけな武将であった・・・。

しかし・・・

織田信長を討った明智光秀を倒し

敵討ちを成功させたのは

柴田勝家でも
丹羽長秀でもない・・・。

豊臣秀吉だ。

生徒
確かに・・・豊臣秀吉が最大の功労者ですね・・・。
ちなみに・・・
柴田勝家は信長に一番近かったが・・・あの上杉家と戦をしていた。

よって、それどころではなかったのだ。

いち早く敵討ちに成功した
いち早く行動に移したことで

頭角を現した豊臣秀吉

そしてついに、信長の右腕たちによる

次のリーダーを誰にするかの会議
が開催されることになった。

それが

「清須会議」

清須城
Ryo先生
三谷幸喜監督!秀吉役は「大泉洋さん」!こりゃおもろいっ!

信長には3人の後継者候補がいた

その中でも次男と三男の

どちらかに後継者を決めようとする話になった。

生徒
え?長男じゃないんですか!!!?

長男は死んでます。

柴田勝家は言いました。
「見るからに信長様の次男坊は
後継者にふさわしくない。三男で決まりだ。」

豊臣秀吉はこう言い返しました。

「みなさん?
お忘れではありませんか?

次の後継者は
信長様の次男坊でも
三男坊でもありませんよ
・・・。」

デビルン
え???????どういう事!?隠し子!!!?

亡くなった長男様には

男の子がいました

その子供は

信長の孫になる

秀吉はいいます。

後継者は
そのお孫さん以外にいるとは思いませんが

Ryo先生
こうくるわけですね!!!すごくないですか!?

もちろん誰も文句を言わず・・・

後継者は
全会一致でその孫(名を三法師)に決定

生徒
すごいですね・・・サル・・・とんでもない・・・。

清須会議には更に凄いオチが。

後継者が三法師に決定し

その就任式を清須会議の最後にやることになった。

「後継者!!!
三法師様の〜〜〜
おな〜〜〜〜〜〜り〜〜〜〜〜〜」

デビルン
「おな〜〜〜〜り〜〜〜」は時代劇で聞いたことあるな❗

そして・・・

その三法師を抱きかかえ

連れてきたのが

「豊臣秀吉」だったのだ

柴田勝家、丹羽長秀らは
三法師を前に頭を下げるが・・・

その三法師を抱きかかえているのは・・・

豊臣秀吉・・・

つまりっ!!!

亡き織田信長の右腕であった有力武将らが皆、

豊臣秀吉に頭を下げた

生徒
おぉぉぉぉぉぉ!!!秀吉凄い!!!してやったりですね!!!

柴田勝家は
秀吉に頭を下げることをためらった・・・

その様子を見て秀吉は

「ニヤリ」

と不敵な笑みを浮かべこう言います。

「柴田勝家殿!
三法師様に頭を下げぬとは・・・
裏切り者と判断してよいのかね?」

柴田勝家は
こうして頭を下げた・・・

まさにその景色は

信長の部下全員が

「秀吉に頭を下げた」景色であった・・・

生徒
秀吉、狙い通りなんですね・・・すごすぎます・・・次のがみたいです❗
Ryo先生
次はついに秀吉から家康へ❗江戸時代へ進みます❗
日本史

わかりやすい日本の歴史 戦国〜江戸時代【流れがわかる日本史】