アメリカデモ白人警官による黒人殺害による抗議デモ【人種差別】

人種差別 トレンド
RYO
私は2020年1月からブログを始め、4ヶ月でTwitterフォロー【1000】アフィリエイト収益4桁収入を継続しているRYOといいます🎵今日も楽しんで記事を読んでください🎵

アメリカ、ミネソタ州で・・・

ある事件が今話題になっている。

Twitterでこんな動画が流れた。

生徒
え・・・なぜこんなにも抗議デモが!?たしかこの黒人男性は詐欺をしたのでは?
日本時間5月27日のこと・・・
ミネソタ州ミネアポリスでアフリカ系アメリカ人ラッパー「ジョージ・フロイドさん(46歳)」が詐欺容疑で逮捕された。


彼は手錠をかけられ

4人の白人警官に取り囲まれた。


そのうちの1人が上の動画のような行動をとった。

無抵抗のフロイドさんの首を膝で地面に押し付け

他の警官はこれを静観した。

フロイドさんは

「息ができない」「殺さないで」

と何度も何度も訴えた。

「Please,please」と・・・

しかし
白人警官はそのままの体勢で約5分フロイドさんを拘束。

うち反応がなくなったあとも3分間首おさえつけ

計8分間首を押さえ続けた。

反応を見せなくなったフロイドさんは
病院に運ばれたが・・・

1時間後死亡が確認された。

押さえつけていた警官たちは?
押さえつけた警官は「第3級殺人」と「過失致死」の容疑で起訴
生徒
第3級殺人???それはどんな内容なんですか?
Ryo先生
では質問に答えましょう!

アメリカの「第3級殺人」とは

パスポート

アメリカはハワイ州もいれ

現在50州が存在し、州によってもルールが分かれている。


その特徴の1つが

第1~3級殺人

というアメリカ独自のルール

第1級殺人

これは3つの罪の中で1番重い罪です。

最大のポイントは・・・
「自分の意志で、緻密な計画を立てて殺人を犯した」

これが第1級殺人です。


日本でニュースになる殺人は
ほとんどこの1級に含まれる。

第2級殺人

これはどこがポイントかと言うと・・・

最大のポイントは・・・
「自分の意志で殺人を犯した」

第1級と何が違うかというと

「計画的な反抗ではない」こと。

例えば・・・

「とっさにカッとなって殺してしまった。」

これは計画ではありません。

これが第2級殺人

そして・・・

話題になっている第3級殺人

この第3級殺人は

アメリカ全ての州で採用されているわけではない

採用している州は

フロリダ州
ミネソタ州
ペンシルバニア州

の3つ。

Ryo先生
第1.2級に当てはまらない罪を罰するときに使用します。

今回のこの事件は第1級殺人には当てはまりません

計画的ではありませんね!

この黒人ラッパーを
白人警察官は計画的に殺害したわけではない

では第2級はどうだろうか?

白人警官は
「自らの意志で殺害したのだろうか・・・」

そうではない。

「カッとなって殺してしまった・・・」

とも言いがたい・・・。

なので第3級にあてはまると言うことです。

Ryo先生
州ごとにでルールが違うって結構不便です。悪い人がある州で強盗し、さらに次々と別の州に逃げて強盗をしながら逃げてしまっては警察が困ります。

どこの州のルールを適用すれば良いのかわからない・・・

逮捕権は一体どこにあるのか・・・

この問題の解決策として登場する組織が「1つだけ」ある。

アメリカ連邦捜査局(Federal Bureau of Investigation)

そう・・・「FBI」です。

3万人以上の職員を擁する組織

その約半数が言語や諜報、情報通信などの分析官。

日本の大使館にも駐在しています。

彼らの逮捕権は「アメリカ全土」です。

かっこいいですね。
その分入るのも大変なのです・・・。

さて・・・この事件後・・・

アメリカ中から非難が集中し
ミネソタ州ミネアポリスでは警察署が炎上
「夜間外出令」がでるなどしている。

現場で取材をしている取材者も
白人は注意で終わるが
黒人は逮捕されるなど

黒人差別的な取り締まりが明るみに出ている。

学術書に基づいた超名作

アカデミー賞をはじめ約30の賞を獲得!!!

奴隷の身分ではない音楽家が
手違いで13年もの間「黒人奴隷」
として行きていく
感動の物語!!!

こうした多くの出来事が世界各地へ飛び火し
ロサンゼルスやシカゴの店舗が抗議運動の被害に遭ってしまった。

暴徒化した人たちは

「略奪」を繰り返しています・・・

火

これにトランプ大統領
「ひどい。ひどすぎる」と述べ、遺族に謝罪した。

しかし、暴徒化に対しては

「テロ行為だ」と言及し、
軍隊の派遣も視野に入れた。

さらに現在の大統領候補である
バイデン前副大統領

「彼は死ぬべきではなかった。
彼の遺族は正義を受けるに値する」
と述べた。

オバマ元大統領
「2020年のアメリカで
これが普通であってはならない」
と批難した。

そして昨日・・・
フロイドさんの弟が、地元で演説をしました。

「私はものを奪ったり、モノを壊してもいない

あなた達は何をやっているんですか!!!

そんなもの私は望んでいないし、兄は戻らない。

平和的にやってください。お願いします。」

と・・・。

兄と同じ「Please」という言葉で締めくくりました。

抗議デモは1度や2度ではない。

このようにアメリカでは
黒人が不当に殺される事件が途切れることなく続いている。

このコロナの状況で外出が制限されている中で、
命令違反による逮捕や拘束された人

その多くが黒人なのだ。

あるいは「ジェンダー」などの少数派などが捕まっている。

具体例を出しましょう。

ニューヨークのブルックリンでは
コロナ発生中の3月半ばから5月4日までに40名が逮捕された。

Ryo先生
その中で黒人は何人いたと思いますか?

35人です。

生徒
おかしいおかしい!!!なんでそんなことに!!!

これはただの人種差別ではない。

なぜ黒人差別が続いているのか。

そもそもアメリカは黒人の国ではないのか?

Ryo先生
みなさんも「なぜ?」「どうして?」と考え、多角的に多面的に思考することが大切ですよ🎵

インディアン?

アメリカ先住民?

いえいえ。違うんです・・・。

アメリカ開拓は
「インディアン」
でも
「黒人」
でもありませんよ!

それは歴史を学べばわかります🎵

私のブログを見ればわかります🎵

アメリカ開拓したのは・・・

ピューリタン・・・

そう

イギリス人なんです。

生徒
え〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!
デビルン
え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!

つまり・・・白人なんです。

デビルン
なんかみえてきたで〜!!!!差別・・・見えてきたで〜!でも、なんでこの地に白人がきたんや?

その原因は?

キリスト教なんです。

デビルン
キリストぅぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!???
生徒
キリストぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!???

まだつながりませんよね?


全ては「つながる」のです・・・。

東京都府中市から世界へ発信。