SDGsを超わかりやすく解説【SDGsとは・簡単に小学生でもわかるように】

SDGs トレンド



世界はとても平和になり

便利になった。



しかし・・・



環境破壊や貧困格差で
未来は真っ暗です・・・。


そんな地球を救うために掲げた目標が



SDGsです。

Ryo先生
最近たまにニュースで聞きませんか?今日は「SDGs」について、楽しくお勉強しましょう🎵

SDGsとは

日本語訳すると


持続可能な開発目標

「SDGs」は「エスディージーズ」と読む。



Ryo先生
2016年9月のサミットで国連加盟国が「2017年から2030年までで達成しようとしている目標」のことです。


その目標は大きく分けて計17項目

細分化すると169の具体的内容
あげられています。



例えば・・・目標の一つである



「働きがいのある世界」

これは大人が対象です。

子供には関係ありませんね。

生徒
世界では子供が仕事をしている国がありますが、日本ではそのような子供はほとんどいませんね。
Ryo先生
そうです。このように目標のターゲットに合わせた内容を決めたので、細分化すると項目が多くなってしまった。仕方がないですね❗

SDGs目標17項目をわかりやすく

それではさっそく17項目を見ていきましょう。

  1. 貧困をなくす


  2. 飢餓をなくす 


  3. 不健康をなくす 


  4. 教育を全ての人に 


  5. 性的平等の実現


  6. 世界に安全な水とトイレ


  7. 世界にエネルギーを、そしてクリーン


  8. 働きがいのある世界


  9. 産業・技術革新


  10. 世界の不平等をなくす 


  11. 住み続けられる街作りを 


  12. 作る責任使う責任を 


  13. 気候変動への対策


  14. 海を守ろう 


  15. 陸を守ろう


  16. 平和と公正を世界に 


  17. 世界が協力し目標達成しよう


さらに分類していくと・・・


1~6は「発展途上国の今後の目標」
※ジェンダーは先進国も含む世界共通

7~12は「先進国・企業の目標」

13~16は「地球環境全体の目標」

17は皆で協力しようぜ的な。




実はこれ・・・

2015年から始まったが・・・あまり皆が注目しなかった・・・。




しかし・・・ある日・・・




この目標を達成すると・・・日本円で

1200兆円と世界で約4億人の雇用が生まれることが判明し

皆が注目しだしたのです。




発展途上国も先進国も、皆頑張らなきゃね❗って。

生徒
よ・・・4億!!!!!!?それはすごい!!!

例えばとある化粧品会社は

東南アジアの国の女性が
一人でも多く社会進出できるように

スキンケアのアレルギー予防とか
商品の無料提供などで支援をしています。

SDGsとは・・・(まとめ)

SDGsとは・・・


全世界の人々が楽しく暮らし、

全世界の人々皆が協力し、

そんな世がずっと続くようにしましょう❗


と言う世界規模の目標です。