【鎌倉殿の13人わかりやすく解説】三谷幸喜大河ドラマ鎌倉殿の13人あらすじや鎌倉殿の13人相関図&キャストも紹介

大河ドラマ 悩み

『鎌倉殿の13人』わかりやすく解説

2022年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』
源頼朝(大泉洋)に北条義時(小栗旬)
「ガッキー」に「菅田将暉」に
「長澤まさみ」に「佐藤二朗」など
豪華キャストも話題を集めました





脚本は三谷幸喜さん。
2004年大ヒットの『新選組』や
(大河人気ランキング1位❗)
2016年の『真田丸』(同ランキング2位)
に続き、大河ドラマ第3作目となる作品

Ryo先生
TVマガジン社が大河ドラマ好き500人にアンケートをとった結果です❗さすが三谷さん❗


時代は「平安時代末期〜鎌倉初期」
源氏と平氏のバチバチのケンカ中
そんな時代です。





源氏と平氏が「なぜ戦うことになったのか
それは下の記事を見てください。



めちゃくちゃ良くわかります。


⇩ 「源・平」はなぜ戦ったのか ⇩

日本の歴史

【鎌倉殿の13人の前に】鎌倉幕府将軍と鎌倉幕府滅亡をわかりやすく解説!鎌倉パスタでも、鎌倉の天気でも、鎌倉観光でもない!

三谷幸喜大河ドラマ『鎌倉殿の13人』

「ども。頼朝っす。」

そもそも【鎌倉殿】とは何か



【鎌倉殿】とは
鎌倉幕府のリーダー(将軍)をさす。
つまり頼朝(よりとも/大泉洋)を初代とする
歴代9名のリーダーのことです。

生徒
先生・・・でもドラマは「13人」ですよ?
Ryo先生
あ❗大河ドラマの13は歴代リーダーではなく、「頼朝」を支えた「13人の有力者」のことです。


初代鎌倉殿「源頼朝(大泉洋)」は
平家を「壇ノ浦の戦い」で滅ぼしたあと
この鎌倉で幕府を開きます。


その際、頼朝は独裁政治を実施。
無理のある政策に皆が疲弊した。


これを止めるため、頼朝の死後(享年53)
日本初の「みんなで決めよう政治」=合議)
というものが北条家を中心に始まる



2代目「鎌倉殿」の頼家はまだ21歳
政治運営もできるはずもなく・・・
みんなで決めようと動き出した。

生徒
そこは北条家が中心なんですね❗小栗旬ですね?
Ryo先生
頼朝の妻は「北条政子」。この北条家がキーポイントになります。


『鎌倉殿の13人』は
その合議に参加した13名が題材です。


この13人がまぁ〜〜〜色々いまして
その性格や家柄が面白く描かれています。




U-NEXTでは
NHKまるごと見放題キャンペーン」を
登録ポイントで見ることができます。


そう。つまり・・・「無料」で❗

⇩ こちらからどうぞ❗ ⇩




では続きをお話します。





気になる「13人」を
次にご紹介しましょう❗

鎌倉殿の13人相関図を紹介❗

  1. 北条時政(坂東彌十郎)
    のち鎌倉幕府初代執権 
    (執権・・・鎌倉殿を支える人)
  2. 北条義時(小栗旬)
    のち鎌倉幕府2代目執権
  3. 梶原景時(中村獅童)
  4. 三浦義澄(佐藤B作)
    三浦義村(山本耕史)のパパ。
    北条時政(坂東彌十郎)とはマブダチ。
  5. 和田義盛(横田栄司)
    「ビッグベン」のCMでもおなじみ。笑
     三浦義澄(佐藤B作)の甥っ子
  6. 比企能員(佐藤二朗)
    比企尼(草笛光子)の養子です。
  7. 安達盛長(野添義弘:のぞえよしひろ)
    大泉洋のお世話役。もちろん大泉には逆らえない。
  8. 足立遠元(大野泰広)
    実はこの大野さん。マセキ芸能社のお笑い芸人。
    https://www.maseki.co.jp/talent/oonoyasuhiro
  9. 八田知家(市原隼人)
  10. 大江広元(栗原英雄)
    実はこの栗原さん。元劇団四季。
  11. 三善康信(小林隆)
    京都の情報を大泉洋に連絡するなど
    献身的な支援者。
  12. 中原親能(川島潤哉)
    実はこの川島さん。映画「ちはやふる」にも出演
  13. 二階堂行政(野仲イサオ)
    京都で財務管理をしていた。
    お金のスペシャリストで
    源頼朝(大泉洋)を助ける。



以上この13名からなります❗

①〜⑨は御家人。頼朝のもとで
現場で命をかけて戦った
武士】たち。
⑩〜⑭は現場には行かないが、頼朝の
頭脳として才をふるった
官僚】たち。


生徒
権力争いがとんでもなさそうです・・・・・・。
Ryo先生
はい。この闘争にうちかつのが・・・小栗旬。北条義時です。





その前に・・・あらすじを。


気になる人は最後まで読んでくださいね

【鎌倉殿の13人わかりやすく解説】あらすじ

火

ときは1159年「平治の乱」で
平家との争いに敗北した源家



パパを殺され、まだ13歳だった
源頼朝(大泉洋)は遠い伊豆へ
【流刑】となってしまった。

Ryo先生
平治の乱は京都。当時の関東(坂東:ばんどうとも言う)は辺境の地。




月日は流れ・・・1175年(平安時代末期)
天皇権力も支配下においた
平清盛(マツケンサンバ)が
日本のリーダーとして京都に君臨していた。

生徒
マツケンサーンバ〜オ〜レ〜・・・オ〜レ〜❗

そんな時代の中、
伊豆(静岡)で平家の支配下にいた北条家
伊豆の権力者で平家の信頼も厚い
伊東祐親(浅野和之)のもとで



北条時政(坂東彌十郎)を大黒柱に
長男:北条宗時(片岡愛之助)
次男:北条義時(小栗旬)
長女:北条政子(小池栄子)
次女:北条実衣(宮澤エマ)
とともに平和な暮らしをしていた。




実は北条時政(坂東彌十郎)は
伊東祐親(浅野和之)の娘と結婚するも
死んでしまい、その後・・・
牧の方(通称:りく 宮沢りえ)を迎える



その伊豆に源頼朝(大泉洋)がく到着。
監視役として伊東祐親(浅野和之)が
任命された
。しかし❗




源頼朝(大泉洋)が伊東祐親(浅野和之)
の娘である八重(ガッキー)と
子供を作ってしまい、ブチギレた。

Ryo先生


このことが平清盛(マツケンサンバ)に
バレたらヤバすぎるので、伊東祐親
(浅野和之)は大泉洋を殺そうとする
しかし、すでに大泉洋は逃亡。




小栗旬が探していると、
兄の北条宗時(片岡愛之助)から
「実は・・・北条家でかくまってるよ。」
と聞く。



またたくまに家族みんなに知れ渡り、
お世話をする事になった。





そんなところから大河は始まります。

鎌倉殿の13人【北条義時:小栗旬】

侍

2代将軍頼家の後継者問題
超ドロドロの関係になっていく・・・


北条義時(小栗旬)は
父であり、初代執権でもある
北条時政(坂東彌十郎)の指示で
2代鎌倉殿「源頼家」を追放

生徒
まぁ〜!!!!!じですか!!!?
Ryo先生
後継者争いで、頼家は比企能員(佐藤二朗)と北条時政暗殺計画をしていた。それを知ったのです。


その後、比企能員(佐藤二朗)を【殺害】。
一族を皆殺しにした
。さらに・・・




有力御家人で鎌倉殿の13人である
和田義盛(横田栄司)を【殺害】。
さらに畠山重忠(中川大志)も【殺害】


その後、父を計略し、幕府から【追放】し
小栗旬は鎌倉幕府の事実上権力者となる



そして3代鎌倉殿「源実朝」も
暗殺された・・・。
これも小栗旬なのか・・・・



大河ドラマ「鎌倉殿の13人」
是非一緒に見ましょう❗❗❗


⇩ 一緒に見まぁ〜〜〜〜〜きのっ ⇩