鎌倉パスタでも、鎌倉の天気でも、鎌倉観光でもない。鎌倉幕府【流れで覚える勉強法】日本の歴史(日本史)をわかりやすく解説!

日本の歴史 歴史

日本の歴史:ついに「鎌倉時代」へ


白河上皇が「院政」という形で権力を掌握し
自分専門の武装武士集団を所有した。





そこから話をつなげます。


⇩ 復習はこちらから ⇩

日本の歴史平安時代

【流れで覚える勉強法】日本の歴史(日本史)をわかりやすく説明〜時代区分や年表はいらない!平将門登場!【平安時代】


一方で・・・男子が生まれず、
権力争いから離脱した藤原家。





再び権力を握ろうと計画する藤原家。

生徒
あ〜❗藤原道長から始まった藤原家ですね❗血筋が途絶えちゃったんでしたね。


藤原家の護衛武士として関東で名を轟かせていた
平清盛







この「平家」が一気に有名になる戦いが始まる❗

日本の歴史:「平治の乱」

火

この戦いは権力拡大を狙う
藤原家のリーダー争いから始まった。




その2人が
藤原通憲(みちのり)=通称みっちゃん
藤原信頼(のぶより)=通称のぶたん

この「みっちゃん」 VS 「のぶたん」の戦いが
平治の乱


Ryo先生
それぞれ武装集団を雇い、この戦いに臨むわけです❗



みっちゃん(通憲)は
平清盛ら「平氏」を専属武士に採用


一方のぶちゃん(信頼)は
源義朝(よしとも)を専属武士に採用







こうして、藤原一族のリーダー争いは
平氏と源氏の戦いになった。


生徒
おぉ❗これがあの【源平合戦】ですか❗すごいっ❗


これに勝った平氏は大喜び❗






源氏の主力メンバーを次々処刑し
流石に小さな子供は殺さずに「島流し」

Ryo先生
あまり遺恨を残しすぎるのも恨みを買ってしまうので・・・


この功績を讃え平清盛は大出世






なんと天皇のそばにお使えする
太政大臣」に任命された❗






平清盛はとにかく強かったので
誰も彼に文句を言えず・・・
政治の実権を握った





しかし・・・彼はただの関東の武士

生徒
確かに・・・一般人だ。政治ができる人とは思えません・・・。



政治力のなさが露骨に現れてしまった。






結果、各地で「打倒平氏❗」
のスローガンを掲げた反乱が多発❗







中でも島流しにあった源家の子供が成長
関東で仲間を集め「打倒平家」を掲げ挙兵❗







この男こそ「源頼朝」





生徒
でた〜❗めちゃんこしってる〜❗


ついに戦争は”源平合戦最終局面”
舞台は「壇ノ浦」






この戦いで平家は敗戦、勝利した源頼朝が
自ら挙兵した「鎌倉」の地に
日本初の武家国家を成立させた

日本の歴史:鎌倉幕府スタート(1185年)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: pratik-bisht-mvat9N36kwA-unsplash-1024x683.jpg

源頼朝は凄いの。ほんとに凄い。




だって武士の時代は「江戸幕府」まで続くから







その先駆者がこの源頼朝。
弟はあの弁慶と義経(牛若丸)の「源義経」

Ryo先生
では、大乱戦後の鎌倉幕府始まりのお話・・・・・


源頼朝は鎌倉幕府を開始しますが
存続させるのが超大変で・・・
(反対派もまだまだいる)








やはりこの権力を維持してくれる
後継者が重要でした







子ができても、幼ければ政権運営は
とても難しい・・・






そこで台頭してきたのが
源頼朝の奥さん一族北条家」

生徒
こりゃまたなんとなく聞いたことがありますね・・・。
Ryo先生
そうです。頼朝のお嫁さんが【女将軍】とも呼ばれる「北条政子」


この北条家が歴史に登場。
源頼朝を北条一族で「補佐する政治」






これが「執権政治」です。





一応、源家は3代目まではなんとか頑張りましたが
3代目の源実朝(さねとも)が暗殺されてしまった・・・





この暗殺を期に
今まで武士に実権を握られていた
「天皇家」が動き出した




こうして始まったのが・・・

北条家 VS 天皇家「承久の乱」

戦争


源頼朝の妻「北条政子」

VS

実権を握られていた天皇家「後鳥羽上皇」
これが承久の乱です。





後鳥羽上皇・・・実は・・・
この戦いに「勝つ自信」があった。






北条家の「執権政治」は力任せで
拒むものや、失敗するものは
切り捨てる❗



そんな政治は
絶対に嫌がっている人が多いと予想。








ところが❗
北条のいる関東はなぜか一致団結❗

Ryo先生
今まで散々京の都にいる天皇家に野蛮な地域だとバカにされてきた気持ちがここで爆発。笑
生徒
あ〜・・・そうでしたね。以前の記事で関東はすごい重税とかされていましたね。


見事北条家がこの戦争に勝利





執権政治は継続・・・。


3代目執権「北条泰時(やすとき)」のとき・・・

泰時は北条政子の「甥っ子」




承久の乱では、たくさんの武士たちが
暴れに暴れまくった結果、後始末が大変だった。








だから・・・





仲間同士で喧嘩したらだめよ❗
ましてや斬っちゃっうなんて絶対ダメ❗
もしそうなったら・・・・




みたいなルールがなかったので
武士へのルールづくりを開始した。
このルールが・・・

「御成敗式目(ごせいばいしきもく)」

武士

「式目(約束)」を守らないと
「御成敗(処罰)」します。





この「御成敗式目」
という武士のルールを決定❗





北条家は全ての権力を手に入れ
間違いなくパーフェクトに政権運営をしていた。






ところが!!!






この鎌倉幕府の北条家を
揺るがそうとする人々が登場する。






それが・・・

日本の歴史:モンゴル帝国の襲来

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bolatbek-gabiden-GLd8ibhf3TE-unsplash-1024x561.jpg


そう。「元寇」です❗




北条8代将軍「北条時宗」のもとに
あのフビライ・ハンがやってきた❗

生徒
このタイミングで!?まずいまずいまずいっ❗



当時のモンゴルは東は中国、西はドイツにまで
領土を持つ世界史史上最大の巨大帝国を保有






当時のモンゴル帝国は「服従するか」「滅亡するか」
その「どちらかの選択肢」を敵国に与えていた。






北条時宗はこれを「無視」
ついに巨大帝国「モンゴル」と
小さな小さな島国「日本」との戦いが❗







蒙古襲来では・・・

  • 「モンゴルを日本は撃退」
  • 海で嵐に遭遇し、船は難破。
  • 日本に神風が吹き、勝利した

なんて言われていますが・・・



博多に約3万のモンゴル兵が上陸


モンゴルの攻撃を
なんとか数日間乗り切った日本・・・




しかし・・・長期戦は不可能




モンゴル兵が再び来てはもう持たない。
もはや九州はどうなってしまうのか・・・






諦めかけたある夜、奇跡が起きる

鎌倉幕府を救う「神風台風襲来」

地球


モンゴル兵は夕方になると船に帰り
朝になると戦が始まる






船に戻った夜・・・奇跡的に「台風が発生」
船が沈没、奇跡的にモンゴルに勝ったのです

生徒
すごいすごい❗・・・でもそれだけで終わるとは思えません・・・。


フビライはその結果にブチギレ


台風襲来から1年後・・・






軍を準備し、兵力を「15万人」に増やし
再び日本に攻めてきた❗




絶体絶命の日本でしたが・・・




「あれ?うそでしょ?
あれれ??まじかぁー!!!!!」





なんと昨年同様
2年連続でモンゴルが襲来した夜に
再び九州を「台風」が襲い

モンゴルの船は全滅❗





なんと奇跡の2連勝





神が味方する
不敗の国「日本」となった。





モンゴル帝国はその後
領土拡大のツケがまわり
各地で反乱が発生




日本に手が回らなくなり
侵略計画はついに止まった。

源頼朝から始まる「鎌倉幕府」

日本

源頼朝の妻、北条政子が彼を継ぎ
北条家の支配が続いていた鎌倉幕府。




国は安定するはずだったが・・・
鎌倉幕府の終わりがすでに始まっていた




そのきっかけがさきほどの「元寇」。

生徒
え?モンゴルには勝ちましたよ?むしろ鎌倉幕府は発展するのでは?
Ryo先生
時代背景を読み解けば、なぜ元寇が「終わりの始まり」なのかがわかる。





これまで紹介してきた鎌倉時代までの戦争と
今回の「元寇」は何かが大きく違います




生徒
なにかが?・・・なんだろう・・・。




今までの日本での戦争は
日本国内の日本人同士の争いでした。





生徒
うんうん。たしかに。あ、今回は「日本人」VS「外国人」❗


元寇は「日本人とモンゴル人との戦い



「日本人同士の戦い」であれば・・・
勝ったほうが負けた方の「土地」や「金」を
奪うことが出来る





命がけで戦った「ご褒美」です。





元寇では3万人、15万人という
モンゴル人を相手に・・・
命をかけて戦い奇跡的な台風にも
助けられ勝つことが出来ました






九州で死ぬ物狂いで戦い、モンゴルを
撃退した武士さんたちがいます





勝ちましたよ?あのモンゴルに勝った・・・
ならば・・・

ご褒美」はどうするのでしょう

リンゴ

敵であったモンゴルの領土を
奪いにいきますか?それか・・・
北条政権から武士たちに
莫大な報酬をあげますか?






そんな余裕は「まったくない」







鎌倉幕府、つまり北条政権は
頑張ってくれた武士たちに








ご褒美をあげることが出来なかった







これが「武士」と「北条政権」との
信頼関係を一気に崩壊へと導いた






この崩壊をチャンスと見て動き出した
2人の男がいました・・・





生徒
誰だろう・・・きになります。


1人は、武士から始まった鎌倉幕府を倒し
もう一度天皇家の力を復活させよう
考えていた。





もう1人は幕府に所属していない武士
その実力は天下一品。

その力を見込んで幕府は仲間に入れようと
ヘッドハンティングするも・・・その話を断り

幕府から「悪党」と呼ばれていた男・・・






鎌倉幕府に恨みを持ったこの2人が
打倒幕府に動き出す❗❗❗