【流れで覚える勉強法】日本の歴史(日本史)をわかりやすく説明〜時代区分や年表はいらない!【鎌倉・室町時代はいつから】

歴史 歴史




⇩   前回の物語   ⇩

日本の歴史

鎌倉パスタでも、鎌倉の天気でも、鎌倉観光でもない。鎌倉幕府【流れで覚える勉強法】日本の歴史(日本史)をわかりやすく解説!

日本の歴史「北条家:鎌倉時代」


鎌倉幕府(北条政権)
モンゴルからの攻撃をなんとか
凌いでくれた九州の武士に・・・






ご褒美をあげることが出来なかった





これにより
武士と北条政権との信頼関係が崩壊
鎌倉幕府滅亡へと進む。

Ryo先生
さぁ・・・お話していきますね❗鎌倉幕府が滅亡します❗そのきっかけとなる男をご紹介。




その男「幕府に所属していない武士」で
その実力は天下一品。




幕府は彼を仲間に入れようと
「ヘッドハンティング」するも話を断り
幕府から「悪党」と呼ばれていた人たちの
筆頭格であった男・・・。

楠木正成(くすのきまさしげ)


彼はその強さから
高額な懸賞金をかけられていた




彼は大阪の「千早城」に居城を持ち
次から次へとやってくる武士を倒していった。


生徒
むちゃんこ強いじゃないですか❗


一方京都では・・・


北条家に仕えていた有力一族がいました。




足利家」です。




この一族は北条家の右腕として
各地で連戦連勝の実績を上げてきた。
もちろんモンゴルとの戦にも参戦。
大活躍をした





彼らは「恩賞が今まで増えなかったこと」に加え
モンゴルとの戦いでも「恩賞がもらえなかった





こうした不満が
限界に達していた・・・。

そこに天皇家が近づく・・・・・


天皇家の男が、「天皇権力再興」を狙い
恩賞に悩む足利家に近づき





「恩恵と地位は必ず与える。協力してくれ!」





こうして天皇家と足利家が
超強力タッグを組んだ

生徒
お〜〜〜!!!すごいっ❗天皇家はお金はありますもんね❗




その天皇家の男こそ「後醍醐天皇

その足利家の男が「足利尊氏」であった。


生徒
わーーー❗二人とも聞いたことがあります🎵ここで出てくるわけですね❗





かつて朝廷(=天皇家)は
鎌倉幕府を倒そうと反乱を起こした



それが1221年の「承久の乱

Ryo先生
前回の記事にも登場していますが大切なので少し復習。


源頼朝の妻「北条政子」
VS
実権を握られていた後鳥羽上皇




この戦いが「承久の乱




天皇による政権を再び取り戻そうと
後鳥羽上皇が政子に喧嘩を売った戦い




実はこの戦いで鎌倉幕府の北条家は
二度と天皇一族が反乱を起こさないよう
天皇一族を監視する施設を建設した。




それが京都の・・・

六波羅探題


後醍醐天皇と足利尊氏は
この「六波羅探題」に狙いを定めます




そして見事「六波羅探題」をぶっ壊した❗

生徒
なるほど・・・六波羅探題には天皇の仲間がたくさんいるわけだ❗


そのとおり❗


六波羅探題含む近畿地方では
北条家に不満を持つ武士たちが
次々と天皇家・足利家グループに加わり




一大勢力となり鎌倉に進んだ






鎌倉幕府(北条家)はこれに驚愕❗

「やばい❗どうしよう・・・鎌倉を守らねば❗」


鎌倉幕府は「ある男」に救援を求めた。


その男は先程にも登場した
「千早城の戦い」にも参加していた
鎌倉幕府の中で優秀な武士の一人でした。





彼は鎌倉幕府の為戦っていました。
しかし、千早城の楠木正成の力に驚愕




敵であった楠木正成も
彼の力が目に止まり
同じ仲間として戦えないかと説得

楠木正成は言います。
「こちらには天皇家がついている。あの「後醍醐天皇」である。そなたよ・・・その力は素晴らしい。共に戦い、今の腐敗した北条政権、腐った鎌倉幕府を一緒に倒そうではないか!!!」


話を聞いたあと楠木に何も言わず
その男は関東に戻った・・・。






その男・・・地元に戻ってみると・・・
鎌倉幕府は戦争への備えのため






納税の取り立てを強化

その男は思った。


「幕府は命をかけ戦った私の命より
税である米のほうが大事なのか・・・。
本当に腐っている。
私は天皇家復興のために戦いたい・・・
今こそ・・・反旗を翻す時❗❗❗」


Ryo先生
ついに彼は北条家を裏切り、鎌倉幕府を滅ぼそうと鎌倉に攻め入る❗
生徒
お〜❗ついに寝返った❗誰なんですかその男❗❗❗


その男「新田義貞


「あの新田義貞が寝返ったのか!!?」
鎌倉幕府は大混乱






今までの北条政権に納得行かなかった
内部の人間も次々と倒幕派へ寝返った❗




新田義貞の勢いはどんどんと加速
鎌倉を包囲し、勝敗は決まった。




そしてついに鎌倉にいた北条家が
倒幕軍に囲まれ800人がその場で自害




鎌倉幕府はこうして終わりを迎えるのだった・・・

生徒
800人が集団自害・・・恐ろしい・・・。


天皇の復興を狙った「後醍醐天皇
北条家に長く仕えるも手荒く扱われた「足利家
幕府に所属していない武士「楠木正成
北条家にとってはただの家臣だった「新田義貞







彼らの思いによって鎌倉幕府は
幕を下ろした・・・。

鎌倉幕府滅亡後の話・・・

日本史

源頼朝が作った鎌倉幕府は
武士中心の政権」でした。






新しい時代は後醍醐天皇を中心とする
公家中心の政権」になります。

生徒
確かにいろいろ難しい・・・。ご褒美もあげるのかなぁ・・・。



後醍醐天皇が新たに行ったのが

建武の新政


今さら「天皇が絶対だ❗❗」
なんて出来ない・・・。

生徒
たしかに・・・反乱が起きて天皇政治がまた消えちゃうだけですね。



後醍醐天皇の気持ちはわかるが
天皇中心は不可能であった。




では一体どうするのか・・・。




武士は足利尊氏のもとに集まった
そして言いました。





「また天皇家中心の世の中になるんですか?
天皇に使われて終わりなんて嫌です❗
あなたがリーダーになれませんか?
後醍醐天皇なんて嫌ですよ❗」






そして日本はどうなったか・・・

Ryo先生
戦争にはなりませんよ。新しい時代がきます❗それが・・・・・


南北朝時代


北は足利尊氏
南は後醍醐天皇






と南北に分かれて政権を運営する
南北朝時代へ

Ryo先生
この南北分裂が「60年」も続くのです。



でも、60年も経ってしまうと




南北分裂のきっかけとなった
「後醍醐天皇」が崩御(死亡)
足利尊氏も死んでしまった・・・




その分断状況を解決し
南北合体を成功させたのが







足利義満

生徒
60年もの分裂をどうやって終わらせたんですか?


実は、公家政権と言いつつも
実権は北部の足利家が持っていた。





しかし・・・  



北の実権継承権を南に譲
実質、南側が国のリーダーとなった






そして・・・




その南の継承者が死んだら
次の継承者が北にいく。





継承者を交互にすることで和解

生徒
な〜るほど❗順番であれば文句はないですね❗



こうして・・・
60年にも及ぶ南北分裂は落ち着き
鎌倉から場所を改め・・・






天皇家ゆかりの「京都」の室町
幕府を新設した。

室町幕府のはじまり


武家の鎌倉から、公家の京都。
その中心人物は「武士」

京都の「高貴な文化」と武士の「勇ましさ」の融合。


それに加えて足利義満が行った
日明貿易」により
中国の【明王朝文化】がスパイスとして入る





その超融合文化により誕生した
象徴的な建造物

「金閣寺」


こうして優美で勇ましく
繊細で華麗な室町時代が100年つづく。






ところが・・・・







その華やかな時代も
いつか枯れてしまう時が来る





その枯れるきっかけとなる反乱
その後の大乱世へのきっかけとなる反乱
戦国時代のきっかけとなる反乱。





それが・・・

応仁の乱

戦国時代

刻一刻とこの戦が始まろうとしていた・・・


生徒
こわい・・・でも凄く面白くなってきました・・・教えて下さい!!!
Ryo先生
ちょっと長くなってしまいましたので、次の物語でお話しましょう🎵無理せずゆっくり話します🎵戦国時代幕開け、応仁の乱までの物語❗