地球誕生の物語~地球温暖化・誕生の奇跡~

地球誕生 歴史

地球誕生物語

地球は今から45億年前・・・

多くの隕石の衝突・接触によって誕生した。

実際に丸く美しく見えているが
近くに寄ると表面はでこぼこしているんですね。

たくさんの隕石の衝突によって

発生する現象が


「摩擦熱」です。


青々とした今の地球とは違い
かつての地球は真っ赤に燃えていた。

生徒
青い地球ではなく、「赤い地球」ですか・・・。

そこに再び隕石が降り続けた。

何年も何十年も何万年も・・・


その降り注ぐ隕石の中に入っていた

ある物質」があった。

「水分」だ

熱い地球に隕石が降り続けると・・・


地球が新たな表情を見せた。



熱い地球に
水分を含んだ隕石が降る・・・



「水蒸気」が発生した。



デビルン
なるほど・・・熱い鉄板に、水を垂らすのと一緒やな❗
Ryo先生
あっつい鉄板に水を垂らすとどうなりますか?「ジュ~~~~~~」(ハンバーグ師匠の真似してます。)

この水蒸気が長い年月をかけて発生し続け・・・

「厚い雲」となった。

どんどん厚くなる雲は
また新たな地球の表情を見せることになる。

「雨」です。

雨が長く降り
暑い地球を徐々に冷ましていった。

熱いマグマは固まり

「陸」となった。

さらに長く降り続ける雨が

「海」

を作り出した。

ずっとずっと降り続けた。

「海」「雲」「陸」が誕生した地球は
まだ100度近い気温のため
生命体は存在しなかった。

しかし、地球に一種の生命体が生まれた。

その名も「ストロマトライト」

別名「光合成をする石」

小学校でやりましたか?

人は酸素を吸い、二酸化炭素を出します。
植物はどうでしたか?

二酸化炭素を吸って、酸素を出しますね?

ストロマトライトは

海の中で光を浴び、光合成をしたのです。

海に酸素が増え続けた。

赤く煮えたぎった地球を雨が冷まし、

石が呼吸することで海は青く

地球を青く染めた。

酸素が増え続け、

空気中にも酸素が満たされ、

地球を覆う酸素の層を作り出すまでも酸素は増え続けた。

これが「オゾン層」

今はこのオゾン層が薄くなり

太陽からの熱が直接当たりやすくなっているため

紫外線や地球温暖化が問題になっているのですね。

オゾン層は地球の気温をみるみる下げ

海の中で誕生していた生命体を

海の外に出すきっかけを与えてくれた。

地球は爽やかな青色になり、

豊富な酸素を感じ、

外に出た生命体は

それぞれで環境に応じた進化をし続けた。

しかし・・・

雨や陸、オゾン層により
地球の内部で抑えられていた熱が

我慢出来ずに、地上に顔を出した。

これが「大噴火」である。

再びマグマが顔を出し、
みるみる地球を苦しめていった。

進化を遂げた生物の95%は死滅
残りの5%が熱に耐えるため
厚さに適応した進化を遂げた。

体はより大きく、肉厚は頑丈で、
熱にも耐える皮膚に進化した。

これが「恐竜」

恐竜の時代が長く続く・・・

しかし

再び地球に巨大隕石が衝突したと言われる。

早さは秒速20㎞、
大きさは直径10㎞の巨大隕石が
地球に衝突した。

この影響で
再び巨大な厚みを帯びた水蒸気が大量発生。

分厚い雲を発生させた。

そして、

雨が降り続け、地球を再び冷ましていった。

暑さには強い恐竜だったが、
寒さには弱く、恐竜は絶滅した。

暑さに耐え、
寒さにも耐えることが出来た生物はごくわずか・・・

生命体はこのように
多くの困難を乗り越え、進化を遂げた。

そして、いまから5000万年前・・・

暑さ、寒さの環境に耐えることの出来る

「人類」が誕生した。

まさに人類の誕生は「奇跡そのもの」なのです。

こんなお話もあります。

皆さん腕時計はしてますか?

腕時計は何十個もの部品を
丁寧に組み合わせて時を刻むモノです。

その腕時計をバラバラにします。

部品1つ1つです。

そのバラバラにした時計の部品を
25メートルプールに持って行きます。

そして、全ての部品をプールに投げ込みます。

子供たちを呼び、

「流れるプール」をしてもらいます。

昔やりましたか?

流れるプールをした後に

全ての部品がうまく組み合わさり、

元々あった時計に元通りになる位の確率なんですよ。人類の誕生って・・・。

不可能に近いですよね!!

でも可能性は0ではない。

それくらいの奇跡なんです!

今生きていることができている奇跡

こうして平和に生きることの出来る「今」は
本当に奇跡であるといえる。

そして多くの犠牲のもと
命がある事を知らなければならない。

今ある生活は当たり前ではないのです。

人は1人では生きていけません。

そして人生は早かろうが遅かろうが
「1回しかない」。

皆平等に人生は1回なのです。

だったら後悔したくありませんよね?

本当にその人生で良いんですか?

何かに挑戦したらその分世界は広がります。

失敗を恐れていたらなにもできない。

失敗しても助けてくれる人はいるんじゃないですか?

だったら行動しましょう!

少しずつでもいい・・・

だって1回しかないんですよ?

60歳70歳になったとき、
今の人生を心から良かったと、
満足できたと言えますか?

たった1つの行動が
大きくあなたの未来を変えるんです。