古代オリエント世界の統一!地域初の統一国家アッシリアとアケメネス朝【世界史の流れをわかりやすく解説】

アッシリアとアケメネス朝 歴史

古代オリエント世界の統一

今まで学習してきた



「メソポタミア」「エジプト」「地中海東岸」
(この地域をオリエント地域と呼ぶ)

このすべての地域を支配する
初の統一国家が登場❗

Ryo先生
まだ3つの地域の歴史を知らない方は・・・読んでから進んでいきましょう❗



⇩ メソポタミア文明 ⇩

世界の歴史

「川の間」を意味するメソポタミア文明、世界最古の文明とは【世界史の流れをわかりやすく解説】

⇩ エジプト文明 ⇩

エジプト文明

古代エジプト文明ツタンカーメンにクレオパトラにピラミッドその謎に迫る!【世界史の流れをわかりやすく解説】

⇩ 地中海東岸の歴史 ⇩

地中海東岸の歴史

地中海東岸の諸民族の歴史〜地中海はどこ、オリエントとの関係〜【世界史の流れをわかりやすく解説】


その初の統一国家
その名も・・・「アッシリア


この国は広大な地域を「属州」にわけ

それぞれに【総督】をおいた。

Ryo先生
日本で例えるなら、日本は47都道府県なので・・・「属州=各都道府県」「総督=都道府県の知事」ですね🎵
生徒
なるほど❗47つの「属州」に分けて、それぞれ47人の「総督」を置いたということか・・・


うまくいきそうに思いきや・・・

アッシリアは支配した人々へ
超過酷な税金をかけるなど
厳しい国家運営をしてしまい・・・


たった60年で滅亡してしまった。

そして再びこの地域を支配したのが・・・

アケメネス朝ペルシア


上記の領土を支配したのが

ダレイオス1世




彼がとんでもなくすごかった・・・


アッシリアは厳しく過酷な経営を行った結果
60年で滅亡・・・




彼のテーマは【寛容】【尊重】でした。
厳しく過酷な経営はしなかった。


アッシリアの良いところはしっかり採用❗
各州に知事を配置するのに加え・・・


仕事をサボらないよう
知事の仕事を監視する監察官も配置

Ryo先生
これで各地の知事は「ちゃんと仕事をする。」見られてるからね・・・。



このアケメネス朝ペルシアは
現在の【イラン】にいたペルシア人がたてた。


この場所は【イラン高原】と呼ばれ
東西交易の要所だったんです。

生徒
イラン高原?東西の要所???

アケメネス朝のイラン高原


アケメネス朝ペルシア(=イラン人)がいた
イラン高原は【東西貿易の重要中継拠点

Ryo先生
めちゃくちゃ大事なところなんです❗たくさんの文化が入ってくるんですね🎵


でもお金は入ってくるけど
デメリットもあります。



常に大国に狙われてしまう・・・



これが困っちゃうところ・・・。

古代オリエント世界の統一

こうして古代オリエントと言われる地域は

イランから始まったアケメネス朝ペルシアが支配


その領土はとても大きいものになった。


Ryo先生
アケメネス朝は後に学ぶ「ローマ帝国」に滅ぼされてしまいますが、こうした歴史があったのです。



さて・・・・・



上記地図中の【地中海北】にある【?】


この海域を【エーゲ海
といいます。


ここでもメソポタミア文明やエジプト文明
のように【文明】が歴史を作っていた・・・

彼らはのち【ギリシア人】として
登場してくるのです・・・。