【世界史をわかりやすく説明】古代ギリシア世界〜アケメネス朝ペルシアとの戦い〜「ペルシア戦争」

世界の歴史 歴史

ペルシア戦争勃発


約50年間続くペルシア戦争
まもなく始まろうとしていた❗




始まるきっかけとなったのが
アケメネス朝ペルシアの領土拡大。


小さなギリシア領土に攻めた結果
戦争になります。


生徒
ひどい・・・圧倒的にギリシアのほうが不利です❗領土の差・・・


初戦は「マラトンの戦い」


ダレイオス1世率いるペルシア軍は
何十万の軍勢でギリシアを攻撃した



一方のギリシアは3万ほどの軍勢で数では圧倒的不利❗

生徒
それは無謀すぎる❗あぁ〜やばいよぉ〜・・・・
Ryo先生
アケメネス朝はギリシアがどれくらいの強さなのか小手調べです。ペルシアにとっては「アウェー戦」」ですから。


これはアテネ初の対外試合。やる気が違います。
一致団結し、熟知する周辺海域に誘い見事初戦に勝利



巨大帝国アケメネス朝ペルシアを破ったことに
ギリシア全土が驚き・・・伝令の兵士が

「みんなにいち早く伝えなきゃ❗」
と本陣へ走ります・・・




伝えに走ったこの距離が
「40キロ前後」といわれていて




この「マラトン」が由来となり
「マラソン」となった

生徒
おぉ~~~~!!!これが由来なのですね❗
Ryo先生
でも、今のマラソンは「42.195キロメートル」


マラソンがなぜ42.195キロメートルなのか・・・
それも世界史なんですよ🎵

さて、見事初戦に勝利したギリシアですが
まだまだ安心はできません。

生徒
確かにアケメネス朝がここで終わるとは思わない・・・


ギリシア人は言います。
絶対仕返しに来るよね・・・」


マラトンの戦いから10年後・・・
アケメネス朝ペルシアが「本気」で攻めてきた


これが「サラミスの海戦」です。


海戦での戦いになると予測していたギリシアは
大量の「船」を作っていた。(三段櫂船)

Ryo先生
船の先端に鉄槍をつけ、敵船に突っ込む。まさに【特攻】です。
生徒
「三段櫂船」ってどんな船なんですか?
Ryo先生
「船内は低い3段構造で漕ぎ手が付く俊敏性抜群の船」


なんと漕ぎ手は180名(片側90名、1段30名で漕ぐ)
200隻作った場合・・・漕ぎ手は・・・





200×180=36.000人の漕ぎ手が必要

生徒
さ・・・3万6000人!!!!!?


陸上兵や、他の戦闘船にも兵隊は必要・・・
とんでもない人員が必要なのです。


では36.000人を
どのような人たちにお願いをすればいいのか



手軽に雇えて、仕事を求めている人・・・
働く意思がある人。
漕ぎ手だから武器は「必要ない」


もう彼らしかいません。
無産市民」です。

生徒
なるほど❗前回の記事の「無産市民」はここで登場するんですね❗


彼らはいわゆるニートで参政権もなければ
身分も低い。武器が買えない底辺階級



彼らは仕事が欲しい。しかもその仕事が
国の存亡がかかっている大仕事となれば



命を懸けて漕ぎますね❗勝てば「参政権」
負ければ「死」❗無産市民たちは指示に従い
命を懸け、船を漕ぎまくった・・・。



その船は素早くパワフル❗
200隻の船は次々とペルシア船を粉砕

Ryo先生
ニートたちの勢いは「半端じゃなかった」とにかくすごかった❗


陸でもアテネと最強部族スパルタの猛攻で
見事ペルシア軍に勝利



負けたペルシア軍のボスは負けたことに
イライラし「海にムチ打ちと焼き印」をしたそうな・・・。

生徒
え❗やばっ❗海にジュって?(笑)



圧倒的不利の中、状況を把握し
見事勝利を収めたギリシアのその後は

ギリシア民主政治の成立へ

ゼウス

勝利はしたものの、かなりのダメージを受けたギリシア

いまだ健在のアケメネス朝ペルシア・・・。

Ryo先生
一番怖いのは「復讐」。ペルシアが再び攻めてきて、そこで負けたら意味がない。


さらなる再戦に備え・・・




ギリシアの大都市であるアテネを筆頭に
【デロス同盟】という軍事同盟を組み

アテネがギリシア全土の指導的立場となった



「船も、兵隊も、軍資金もみんなで集めて
ペルシア再来に備えようねー❗」みたいな。



無産市民は言います。
「俺たちも国のために戦ったんだ❗政治に参加したい❗」
ギリシアでは「民会」という最高決定機関が作られました

Ryo先生
「民会」は日本でいう「国会」みたいなもの。みんなで話し合い何かを決める会です。参加資格は18歳以上の男子のみ❗

生徒
なんで女性参加はダメなんですか?

Ryo先生
単純な話です。「戦争に参加していないから」ダメです。


お金があり、武器を買い、戦争に参加した人と
お金はないけど、必死に船をこぎ
ギリシアの勝利に貢献した無産市民だけ。



このギリシアですが・・・ついに崩れます



Ryo先生
デロス同盟の盟主アテネが・・・ちょっと調子に乗り始めた。
生徒
どうせ、お金の管理がどうのこうのじゃないですか?笑


デロス同盟はギリシア全土から
アケメネス朝ペルシア再来への備えとして
軍資金が集められます


戦争がなければ、軍資金も増え続ける。
その軍資金をアテネは私物化してしまった

生徒
え❗日本でいうと国会議員が税金で高級ホテルに泊まったり、欲しいもの買ったりってことですか?
Ryo先生
その通り❗これが次第にバレ始めたのです。


そうなったらもう終わり・・・
最強部族スパルタはこれに激怒
デロス同盟から脱退。





自分たちの住む半島名から名前を取った
ペロポネソス同盟を作り、アテネに戦争を仕掛けた。



ペロポネソス戦争です。



こうしてギリシア全土は内乱状態へ・・・
ギリシア人同士が殺し合いをしてしまった

生徒
せっかくアケメネス朝に勝ったのに・・・。


こんなことしている場合ではない。
早く国内を安定させないと・・・。



「もぉ~俺が安定させてやる❗」と
ギリシア北部マケドニアにいたリーダー



「フィリッポス2世」



喧嘩で瀕死寸前のアテネ・スパルタを破り
見事国内統一❗ギリシアの安定化を図った。

生徒
お~❗まさに漁夫ですね!❗良い所取りだ❗
Ryo先生
でもこの後、彼は反対派に暗殺されてしまう。もうギリシアはボロボロです。


反対派はとても喜んだ。



「よっしゃ❗奴が死んだぞ❗
息子が継承するみたいだが、もうすぐ
20歳のガキだ❗ガキっ❗
俺たちがギリシアを支配してやるぜぇ〜❗」




世界史はここからが面白い






その20歳の息子が・・・
歴史に名を刻む超英雄になる男だった



彼の名を「アレクサンドロス大王」という。