【世界史の窓】古代ローマ世界史・古代ローマ世界史の流れの覚え方〜世界史ローマ分割統治や古代ローマ人について〜

古代ローマ 歴史


⇩ 前回の内容は ⇩

世界史

【世界史の窓】世界史年表〜古代ローマの歴史や古代ローマの服装をわかりやすく解説〜世界史一問一答は合わない人へ〜

古代ローマ世界史


ローマの初戦はどこに進んだかというと
カルタゴへ攻撃を仕掛けます
(緑から赤矢印へ)




⇩ カルタゴの伏線は ⇩

地中海東岸の歴史

地中海東岸の諸民族の歴史〜地中海はどこ、オリエントとの関係〜【世界史の流れをわかりやすく解説】



まずは緑の矢印の先にある島
シチリア島」を手に入れました。


Ryo先生
シチリアの大部分を所有していたのは「カルタゴ」でした。


カルタゴは悔しがり、ローマに
リベンジ戦争を仕掛けてきました




2回戦目はカルタゴも負けられないと
名将軍ハンニバルを出してきた❗

ハンニバルは図の方向(青矢印)に進撃❗
アルプス山脈を越えローマの不意を突いた






ローマはなんとか立て直し
ローマの名将スキピオの大活躍もあり
なんとかハンニバル軍を撃破❗





このあとの第3戦目も勝利したローマは
急激な領土拡大に成功した


生徒
まぁ、領土が広いほどアケメネス朝と一緒で、統率は難しいですよね。




⇩ 他の歴史記事も復習❗ ⇩

アッシリアとアケメネス朝

古代オリエント世界の統一!地域初の統一国家アッシリアとアケメネス朝【世界史の流れをわかりやすく解説】




イタリア半島「以外」の征服地を
「属州」
と言います。




Ryo先生
ローマに敗れた人々は「戦争捕虜」として奴隷人生が始まります。



このようにローマは戦争捕虜も使い
次々と領土を拡大させた





しかし、ここで
ある問題が起きる・・・。


生徒
あ〜・・・ほらほらほら❗やばいよ❗


戦争を何度も起こしたローマ。
もちろん兵士の大多数は「ローマ市民





ローマ市民が自分のお金で武器を買い
「重装歩兵」として戦争に参加
します。





彼らには家族もいるし、
家もあるし、農地もある







そんな中で戦争が続くと?
1日や2日で戦地から帰ってこれますか?



生徒
そっか。簡単には家に帰れない。パパが家にまったくいないってことか・・・。
Ryo先生
とても心配ですよね。生きて帰れるかもわからないし・・・。
生徒
あ、でも奴隷を使えば、パパがいなくても農地は無事なのでは?
Ryo先生
有能な奴隷は安いですが、タダではないので大土地所有者である「金持ち」に買われてしまう。


こうした、奴隷を持つことのできない
「中小農民」たちにピンチが訪れる



 


武器は自腹。
戦争で無傷なんて、ほぼありえない
もし武器が壊れたら自腹で買い替える






戦争から帰れたとしても・・・
農地が荒れ、農作物が腐っている。
さらにお金もない・・・。






どうします?
戦争で命を懸けて戦って帰ってきたのに・・・



生徒
こりゃ大変すぎる・・・どうするんですか・・・!?
Ryo先生
生活できなくなった市民は、家や土地を売り捨て、「無産市民(=ホームレス)」になる。


その捨てられた土地を
富裕層が私物化する







そして、その土地で奴隷を酷使し
莫大な利益を得るという
大土地所有制(ラティフンディア)が誕生❗


生徒
命を懸けた人を見捨てるとは・・・ローマもひどくなってきましたね。
Ryo先生
その後、「金持ちVS一般平民」という内乱にまで発展していきます。

世界史の流れの覚え方【ローマ内乱の1世紀(100年)】

戦争


その一般市民を救おうとしたのが
グラックス兄弟





2人は金持ちたちの土地を奪い
「無産市民」に無料提供した








そうすれば、無産市民は農業ができ、
お金を稼ぎ、武器を買うことができる❗






しかし、貴族たち(金持ち)にとっては
まったくもって面白くない・・・。





結果、金持ちたちの圧力がかかり、
グラックス兄弟は殺されてしまった





次に登場したのが「マリウスさん」
彼はコンスル(執政官)にも選ばれていた有能者。





彼はこう言います。
普通の武器なら買ってあげる
一緒にローマのために戦おう?
農地も沢山は上げられないかもだけど
知り合いに頼んでみるよ❗」




生徒
めちゃんこいいひとじゃないですか❗
Ryo先生
そうなんです❗無産市民を【一般農民】にしようと努力した。





このマリウスさんの改革で
ローマは劇的に変わるんです




生徒
劇的に変わる???これだけでですか?
Ryo先生
今まで一般市民は、「ローマのために戦っていた。」ですよね?
生徒
そうですね。そうですよ?そうだと思います。
Ryo先生
しかし、マリウスさんの改革で、武器を手にした兵士は誰に感謝しますか?ローマですか?
生徒
いや・・・マリウスさんですね❗マリウスさんのために感謝して戦うんだ❗
Ryo先生
その通り❗国のためにじゃなく、誰かのために戦う。これが「軍隊の私有化」です。


そうすると・・・マリウスのように
自分専用の兵士を増やそうと金持ちが動く





そして、権力をどんどんと拡大させ
【金持ちローマ人同士】が大喧嘩を始める。





生徒
恐ろしいですね、お金持ち連中は。「金持ちバカヤロー❗」っていう人はいなかったんですか?
Ryo先生
この後起きる大きな反乱の一つ「スパルタクスさんの反乱」がそれです。


彼はコロシアムで戦う「奴隷剣士」
仲間を連れて反乱を起こしました。






こうした奴隷も反乱を起こすようになります。






奴隷も反乱、将軍同士も反乱
支配した地域でも・・・






これじゃまずい・・・。
そこで・・・




反乱が多発しているローマを救うべく
3人の有力者(3頭)が
力を合わせることになりました


世界史の流れ【第一回三頭政治】


この覇権争いに勝ったカエサルは言います
「反乱が多発している中
みんなで話し合ってる場合じゃない❗
俺が全て決める❗任せとけ❗」




と独裁政治を実行しました。





ローマの伝統は「みんなで話す政治」です。
そう共和政。






その伝統を崩した反動が大きく
カエサルは反対派に殺されてしまった

Ryo先生
弟子のブルートゥスも反対派に寝返っていた。そのときに言った「ブルートゥス・・・お前もか・・・。」は歴史的名言ですね❗


やはりローマは「話し合いが大切である
ということがよくわかりました。






しかし・・・まだまだ反乱が多発してる。







そこでもう一度3人の有力者が集まり
今後のローマをどうするかの話し合い行われた。





これが第二回三頭政治

レピドゥスは序盤から失脚。
アントニウスとオクタウィアヌスの一騎打ち❗






どちらがリーダーになるのか
アクティウムの海戦が始まりました。






アントニウスはある女性との連合軍を結成






その女性が世界三大美女ともうたわれる
クレオパトラ」です。

生徒
クレオパトラ連合軍!?あのエジプトの???



⇩ 当時のエジプトについて ⇩

エジプト文明

古代エジプト文明ツタンカーメンにクレオパトラにピラミッドその謎に迫る!【世界史の流れをわかりやすく解説】


クレオパトラは王である弟と結婚。
二人でエジプトの王位を継いでいた





一応弟がメインだが、彼女はどうしても
この弟を失脚させたかった

Ryo先生
わかりやすく言うと兄弟げんか・・・。仲悪いんです・・・。


実はクレオパトラは第一回三頭政治の
カエサルとも出会っています。







でも、独裁政治を取り、殺されたので
次の強いお相手を探していた。





そこで、オクタウィアヌスに近寄るも
あっさりフラれ、仕方なくアントニウスと・・・。

Ryo先生
アントニウスはクレオパトラにぞっこんでした。(笑)


このアクティウムの海戦で
オクタウィアヌスが圧勝



アントニウス・クレオパトラは
その後自殺しました・・・。

生徒
クレオパトラは自分の胸を毒蛇にかませて死んだんですよね?
Ryo先生
そう❗詳しいですね❗そんな史料もあります❗


こうして・・・
ローマの実権を、カエサルの養子である
オクタウィアヌスが握ることになった




彼はしっかりと勉強します。
「なぜ親父が殺されたのか」そして
「今のローマをどうするべきなのか」






元老院も悩みます。
「我々もどうしたらいいじゃろうか・・・」




1人の独裁ではまたローマは崩れる




オクタウィアヌスは
どのような政治を行ったのか・・・。






結論から言いましょう。








彼はローマ最高の皇帝として
70歳までローマのリーダーに君臨





あれほど反乱が起きていたのに
彼の就任後はなんと・・・・・
200年間もの平和な時代がやってきます❗


生徒
200年も!!!!!!!?




オクタウィアヌスは
いったいどんな行動をとったのでしょ


⇩ 日本史も楽しいよw ⇩

小学生でもわかる日本の歴史

【流れで覚える勉強法】日本の歴史(日本史)をわかりやすく説明〜時代区分や年表や教科書はいらない〜【縄文〜弥生時代】