古代中国王朝「東周」〜歴史秘話読んで楽しい世界史〜

湖 歴史
RYO
今日もめちゃくちゃ楽しく勉強しましょう!
まずはじめに【自己紹介】!
私は2020年1月からブログを始め、4ヶ月でTwitterフォロー【1000】アフィリエイト収益4桁収入を継続しているRYOといいます🎵「楽しく継続、楽しく収益」をモットーに楽しくブログ運営しています!
https://twitter.com/ryoblog2020/status/1264149108832399361
デビルン
今日もあんちゃんたのむで〜〜〜!

古代中国王朝「東周」

さて、今から約2.800年前・・・

中国には「東周」の前に

「周」という王朝が存在しました。

中国は広いので統治がむずい・・・

そこで【封建制度】という

血縁関係で国を統治する
画期的なシステムを始めたのが

この「周」です。

Ryo先生
兄弟が周辺を統治してくれれば、赤の他人よりは信用できますね🎵

さて・・・

この周ですが、あることをきっかけ

「東周」に王朝名が変わってしまった。

R先生
ちなみに日本には「年号」というものがありますね?「年号」はどのようにして変わるかはご存知ですね?

そう。「天皇の崩御(死去)

したがって・・・

今年「令和」に変わったのは
異例なこと
なのです。

だって元天皇陛下(現在は上皇となられている)は

お亡くなりになっていませんよね?

従来通りの年号変換とは違った方法で

「令和」となった。

話を戻しましょう

「東周」に変わった物語をお話します。

それはある「夫婦」の物語・・・

生徒
ついに始まる・・・RYO先生のおもしろ授業🎵

周の時代に「幽王」という王がいました。
(皇帝という言葉は「始皇帝」から始まるので、
まだ王です。)

「歴史秘話:始皇帝」はこちらの記事

始皇帝

歴史秘話ヒストリア「始皇帝」【読んで楽しい歴史】

「幽王」には愛する妻がいて

王としての仕事よりも
妻といる時間のほうを何より大切にしたかった。

政治よりも妻。国民よりも妻。妻。妻。

生徒
凄くラブラブな夫婦だったんですね🎵
男女

妻にぞっこんの幽王ですが

愛する妻に対し

1つだけ「直してほしいところ」があった。

妻はきれいだし
スタイルもいいし
他の男にも興味がない。

「でも、ここがちょっとなぁ・・・」
という不満がたった1つだけあった

Ryo先生
みなさん想像しましょう。なんだと思いますか?

旦那が唯一妻に直してほしいこと・・・。

デビルン
なんやねん!スタイルええし、べっぴんさんやし、優しいとかパーフェクトレディーやん!!引っ張らんで教えてや!臭いとかか!!?

それは・・・

妻が全く笑わない

これです。

凄くきれいで
スタイルもいい。

でも「全く笑うことがない」

嬉しいことがあっても無表情。

幽王は、彼女の笑顔を見たくてたまらないが

結婚生活の中で1回も笑わなかった・・・。

これに幽王は

とても不満だった・・・

そんなとき!!!

周を巨大地震が襲います!

大地が揺れ
草木が倒れ

幽王はこの地震を

外敵の侵入」だと判断し

狼煙(のろし)を上げました❗

狼煙とは・・・
煙をたくさんあげて、周辺の仲間に「敵襲を知らせる行為」のこと!

当時は先程も説明した通り

封建制度」が確立した時代。

周辺地域は「幽王の血縁者たち」が
統治しています。

その狼煙を見た
周辺国家のリーダーたちは・・・

幽王様がやばいぞ!!!

とすぐに幽王のもへに駆けつけました。

そして、敵襲に備え武具を装備し

その襲来を待ち続けた・・・

「・・・・まだか・・・まだなのか・・・・」

「・・・・・」

「・・・」

「・・・まだ?・・・・ん?・・・こないの?」

もちろん大地震なので、敵襲ではありません。

幽王も

「あれ?こないね・・・ごめん・・・
間違えっちゃった・・・ごめんね!」

となり・・・

駆けつけてきたリーダーたちも

「ちょっと幽王!遠くからきたのに!
もぉ〜勘弁してくださいよ〜!笑」

と屈強な男たちがわちゃわちゃした。

その様子を見た妻が・・・

美女の笑顔

「クスッ・・・・w」

笑ったのです!!!

幽王は・・・

「つ・・・妻が・・・わ・・・

笑った!!!!!!!!!???」

と大騒ぎ!!!

しかし、妻からは再び笑顔が消えた・・・。

それにしても

その笑顔がめちゃくちゃきれいだったんです。

また恥ずかしそうにして
口に手をやる仕草が、可愛いのなんの。

もっと好きになっちゃうんです。

デビルン
めっちゃわかるわ〜!!!笑顔って素敵やねんな・・・ほれるわなぁ〜・・・いま好きなんは・・・やっぱり新木優子のヨダレのたれそうな笑顔やなぁ〜・・・
生徒
デビルン、新木優子すきなんだ・・・・

そして幽王はこう思います。

また妻の笑顔が見たい・・・

ん〜〜〜忘れられない・・・

どうしよ・・・。」

また妻の笑顔が見たくなるんです。

どうしよう・・・

またあの笑顔が見たい・・・

どうしよう・・・・

・・・・・・・。

・・・だめだよな・・・

そんな事したら・・・

だめなんだけど・・・

・・・

だめだけど・・・・!

R先生
さぁ、幽王はこの後どんな行動に出ると思いますか?
生徒
ま・・・・・・まさか・・・・!?

やってしまうんですね・・・

何も起きていないのに

狼煙(のろし)を上げてしまいます

統治するリーダーたちは

「また敵襲か!?

・・・あれ?別に今回ゆれてないけど・・・

でも王が危険なら行くしかない!

いくぞっ!!!」

となります。

そして、再び集まり、
敵襲の準備をとった。

しかしまたきません。

幽王は言います・・・

「ごめん・・・今回は間違えてしまった・・・

すまんすまん!」と・・・

しかし気にかけているのは妻のことだけ!

そぉーっと妻を見ていると

・・・・・・

「クスッ・・・・・w」

幽王は・・・
「きたぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

かわゆぅ〜〜〜〜〜!」

となります。

幽王は・・・
「妻の笑顔が見たい」ただそれだけのために何もないのに狼煙を上げ続けてしまった。

もう皆さんなら予想がつきますね?

話を続けて、答え合わせしましょう!

そんなある日・・・

大高原の様子

地震の揺れではなく

明らかに何万頭の馬の足音の
地響きが聞こえました!!!

なんと本当に異民族(【犬戒】)が

侵入を開始してきた!

幽王は慌てて狼煙をあげます

「みんな!やばいよ!!早くきて!!!
殺されるー!!!!!」

しかし・・・・・

狼煙が上がるのを見た
周辺国家のリーダーたちは・・・

「なんだよ・・・まったく呆れた王だ・・・

また奥さんの笑顔が見たいのか・・・。

行くわけ無いだろ。全く・・・。」

誰もくることはなかった・・・

そして、簡単に周は滅亡し

東へ遷都することになってしまった

周が東へ遷都。

「東周」の誕生!

その後、異民族は
次々と中国内陸に侵入を図ります。

しかし途中で退散していきました。

え?なんでかって?

生活環境が違いすぎたから

ほら・・・

モンゴルは農耕文化も米文化もない

自分たちの生活環境に合わず

自分たちの領土に返っていった。

そして中国は

バラバラになった領土を
一つにしようと動き出し・・・

それを達成させたのが

「始皇帝」ということになります❗

今日の話、どこかで聞いたことが?

『オオカミ少年』や『羊飼いと狼』
という物語です。

『イソップ物語』の中の1つですね!

羊飼いの男の子が
「狼がきたぞー!」と嘘を言って
村の人々を困らせていた。

そして、本当に狼がきたときに
少年の言うことを誰も聞いてくれず

村人全員食べられてしまった

というお話。

これは・・・日頃から嘘をついていると

いざ本当のことを言ったときに信用されなくなる。

人は常に正直に生きることで
信頼を得ることができる

という教訓を話した物語です。

もうひとつ・・・

世界一有名だ!
といっても過言ではないアニメ「ONE PIECE」

ウソップのお話は
これを題材にしていますね♬

ウソップの名前もココからきています。

ウソップの父は海賊で家を空けることが多かった。

そんな中母が病気になり、
父とあわせたかったウソップは母に

「父ちゃんが返ってきたぞ、
母ちゃんこれで大丈夫だ!」

と元気づけていた。

しかし、ウソップの母は帰らぬ人となってしまった。

その寂しさを紛らわすため

毎朝「海賊がきたぞ〜!」と
村の人に叫び困らせていた。

そんな中、本当に海賊が上陸し、
村を襲おうと計画した。

これをルフィ率いる麦わら海賊団が返り討ちにし
村人は海賊に襲われずにすんだというお話。

印象的なのが・・・

海賊を撃退した後のコマで村人が

「ウソップはこないのか?」
「あいつが来ないと朝がきた気がしないぞ!」
「なんかちゃと寂しいな・・・」

と言っている。

心が凄く温まります。

嘘をいていると
信用はされないかもしれませんが

なにか気になる存在には
なれるのかもしれませんね🎵

東京都府中市から世界へ発信。