神社とお寺の違いをわかりやすく解説【神社とお寺の違いとは〜二礼二拍手一礼の謎や参拝方法の違い〜】

神社と寺の違い 歴史

神社とお寺の違いとは

  1. 「神社」と「お寺」の違い


  2. 「神社」の始まり


  3. 戦国時代の「神社」と「寺」


  4. 戦国時代後「神社」と「お寺」


  5. 明治時代の「神社」と「寺」


皆さんは新年に初詣に行きますか


神社?それともお寺?


ご利益が多いのはどちらなのでしょう・・・

生徒
気にしたことなかったです・・・「神社」「お寺」どっちなんだろう。



⇩ 日本誕生のお話はこちらで確認 ⇩

日本の歴史

小学生でも超わかる日本の歴史【古事記】


さて・・・この「神社」と「お寺」

一体どういう関係なのか
楽しく理解しましょう🎵


お寺は「お坊さん
神社は「巫女さん


上記の記事『日本神話』でもお話した




伊勢神宮

出雲大社


こちらは「神社」で・・・



「東大寺」「清水寺」・・・「吉祥寺」


こちらは「寺」

お葬式はお坊さんに
「お経を読んでもらう」

初詣は「神社」?「お寺」?

神社は神からの言葉。
寺は仏様からのお言葉・・・

どっちを信じるの?


Ryo先生
普段期にしていないことでも、質問されたらどうですか?きになりませんか?



そんな疑問を解決します❗

神社とお寺の違い

神社の成立は

神「アマテラス」がきっかけで
作られました。

生徒
成立過程は先程の「日本神話」記事でより詳しく書いてあります。(まだの人は下から。)
日本の歴史

小学生でも超わかる日本の歴史【古事記】

日本には「神社」の存在しかなかった。


そこに「お寺」がどのように
入ってきたのか・・・。

「神」を信仰していた日本。
神社しか存在していなかった日本に・・・


中国から仏教が伝来した


「仏教伝来」が
お寺を誕生させます。


当時の日本は
2つの強力な権力者一族が対立中。

物部(もののべ)と蘇我(そが)の対立


物部一族は
「仏!?そんなもの日本には必要ない!」

蘇我一族は。
「仏の教えこそ日本を救う思想だ❗」

Ryo先生
この争いを制したのが「仏教信仰派」の蘇我でした。


そして仏教を保護しながら時は流れ


奈良時代になると聖武天皇が「仏教」を
国教に❗

日本を仏教で治めようと
奈良県に東大寺を建て、
巨大な大仏を造り、人々は祈りを捧げた。

しかし・・・今まで日本は
神を信仰する「神道」だった。

Ryo先生
日本国民は皆、神様に祈りを捧げていたから、いきなり「仏」に祈りなさいと言われてびっくり・・・。

そこで政府がとった行動が


神仏習合



Ryo先生
「神様も仏様も一緒です❗」と言い出した。そして「神社」と「お寺」を一緒にしたのです。
生徒
一緒?一緒とはどういうことですか?そんなの不可能では???


伊勢神宮や明治神宮など
「神道施設」の敷地内



仏教施設の「寺」
を建てた



これが・・・

「神宮寺」

神宮は「天皇」



つまり「アマテラス一族直属の神社」

⇩ アマテラスって何!?の人は ⇩

日本の歴史

小学生でも超わかる日本の歴史 2話【古事記】


記事を見るとわかるように


天皇となるアマテラス一族に
負けてしまったオオクニヌシ

そこに「イズモノオオヤシロ」



つまり「出雲大社」を
建ててもらいました。



なので・・・
「出雲大社」は
「神宮」よりも格下なのです



天皇直属の神社以外は
「神宮」という言葉は使えません



Ryo先生
例えば「明治神宮」。天皇直属の神社なのです。


こうして神社とお寺は
同時に権力を拡大していったのです・・・。

そして、大きく動くのが

戦国時代の神社とお寺

六文銭

人々は神に祈り、仏に祈り、
神社・寺に献金をし


心の拠り所にする。

Ryo先生
戦国時代に強大な権力を持ったのは上杉や武田、織田や徳川、伊達や真田ではなく・・・神社やお寺であった。武将たちも戦勝祈願で心の拠り所とします。

だから神社やお寺の僧はこういます・・・。




「我々を攻撃してみなさい・・・

必ず天罰が下りますぞ・・・」


そんな事言われたら
武将たちは攻撃なんて絶対できません。


こうした神社やお寺に対し・・・


「天罰!?知るかボケー❗
偉そうにしてっからぶっ殺す❗」

と行動に出たのが・・・

織田信長

僧兵をシメます。笑

これが比叡山延暦寺の焼き討ち

織田信長は仏教弾圧をしました。

戦国時代後の神社とお寺

徳川

関ヶ原の戦いが終わり、天下は
徳川家康の江戸時代になります。

生徒
徳川家康の江戸幕府は「神社」「寺」をどうしたのでしょうか?


神道?仏教?

江戸幕府は儒教を採用❗

⇩ 「儒教について」はこちら ⇩

アイキャッチ画像

諸子百家とは【覚え方と総まとめ〜思想・儒家・法家〜】


織田信長から「仏教」は衰えた。

この江戸幕府は中国の儒教を採用❗
「心の優しさ」と「徳」が必要だと。

Ryo先生
戦国時代はとんでもない時代でしたからね・・・心をしっかりと落ち着かせないと。



日本に存在した「神道」に加え、
中国から「仏教」が・・・
そして江戸幕府は中国の「儒教」を採用。

⇩ 仏教について ⇩

仏教わかりやすく

仏教についてわかりやすく解説〜ブッダ・釈迦・その教え〜【小学生でもわかる宗教】

江戸幕府の思想は中国の「パクリ


だからこそ幕末は
日本独自の思想」を作ろう❗

海外勢力もきているし、対抗しなければいけない❗
日本の鎖国はもう終わりだ❗


この考え方が「国学」です。

Ryo先生
これを提唱したのが「本居宣長(もとおりのりなが)」です。


彼は言います。

「かつての神道を復活させよう❗」

「日本が世界に負けない戦いをしよう❗」




こうした想いが
明治維新を動かす維新志士たちの心に超響く❗


「俺たちも国を変えたい!」ってね🎵


日本を強くせねばいかんぜよ!
そう、坂本龍馬です。

そして、
この熱き思いを持った志士たちが
江戸に変わる新たな時代を作る!

明治新政府の神社とお寺

明治新政府は

海外の情勢を取り込み
更に日本人としての誇りを胸に
政府経営をしていく。

Ryo先生
明治新政府は「国家神道」をかかげ、神仏分離を進めた。


奈良時代から続いた「神仏習合」を

明治政府は「分離」させたのです❗


中国から来た「仏教」も「儒教」も
必要ない❗


神道こそが日本独自の思想だ❗


でも・・・1000年以上も続いた神仏習合。



いきなりやめる事は不可能です。

しかし、明治新政府は
「神道」での国家経営を進めた。

日本は「神の国」であり
神社は「神の施設」だと・・・。

この思想が日本を苦しめる!

日本は神の国、天皇は神の子。


その神道思想の結果、
日本は天皇を主権とする国家が生まれ

かつての戦争では神風特攻隊など
神道思想が多くの被害を生んだ・・・。


神の力を身にまとえばかならず勝つ。
なぜなら日本は、日本人は



神の子」だから・・・

生徒
すべてが「繋がった」気がします・・・。


そして日本は敗戦。

GHQの指導で日本は民主化へ

「神道はやめなさい」
というアメリカからの指令があった。

「神道・仏教とまた平等にしなさい。」

Ryo先生
こうして日本は神社とお寺が数多く残り、個人個人での信教は自由になっているのです。

古事記で登場する
アマテラスの末裔が建立した建物

「神社」


中国仏教を日本が導入し建立した建物

「寺」

この2つの存在が

当たり前のように存在する日本は

とてもめずらしい国なんですね。