日本の成り立ち【神話:古事記】

歴史
Ryo先生
我々の住む日本・・・この日本がどのようにして誕生したのか、気になったことはありませんか?

皆さんの住む「日本」


日本って不思議な形をしていますよね。

北海道は「エイ」みたいだし
愛媛は「チーター」
千葉は「ちーばくん」

デビルン
いやいやいや、「ちーばくん」って・・・ほないこか。
生徒
確かに気になりますね・・・どうやってできたのだろう・・・
RYO
今日は日本の誕生秘話を一緒に楽しく勉強していきましょう!
まずはじめに【自己紹介】!
私は2020年1月からブログを始め、4ヶ月でTwitterフォロー【1000】アフィリエイト収益4桁収入を継続しているRYOといいます🎵「楽しく継続、楽しく収益」をモットーに楽しくブログ運営しています!

日本の誕生を知り、今を知る!

その後の日本史のお話も
一気に読みやすくなります❗

日本史

わかりやすい日本の歴史 縄文〜飛鳥時代〜【流れがわかる日本史】

日本神話

日本列島はいつ、どのように
できたのでしょう・・・

かつての記事で

「ギリシア神話」をお勉強しました。

記事は⇩

ギリシア神話

超面白いギリシア神話【神・おすすめ本】 

神々がこの世界を作り、神々が争い

ゼウスは子作りし・・・笑

みたいな。

世界はこの神々が作ったとされます

日本もその中の小さな島に過ぎない。

しかし・・・

この日本にも

「神話」

という物語があり

日本人はその話をほとんど知らない

こんな言葉を聞いたことが有りませんか?
「ヤマタノオロチ」「ヤマトタケル」「スサノオ」「イザナミ」などなど・・・

私達の住む
日本列島を作り上げたのは・・・

人なのか、神なのか・・・

「日本神話」

今日はこのお話です。

おっと・・・

「日本神話」と言っていますが・・・

日本に語り継がれる
神々のお話が書かれているのは

「日本神話」ではなく

 

『古事記』

 

Ryo先生
聞いたことありますか?この『古事記』が今回のテーマになります。

なぜ日本人の100%に近い人達が

この『古事記』を読んでいないのか。

なぜ古事記は日本人とは
遠い存在なのか
・・・

『古事記』を知れば
日本人としての【今】を学べる

そして『古事記』に
メチャクチャ興味がわきますよ

では今日も「楽しく」学んでいきましょう!

更に楽しく学びたい人には・・・

『古事記』とは

天地創造からうまれた神々と
その子孫たちの物語

生徒
・・・?あれ?これ、『聖書』と全く一緒じゃないですか!!!
Ryo先生
その通り!よく覚えていましたね🎵忘れしまった人は下の記事でおさらいしましょう。そのあとこの記事を読めば理解は何倍にも膨らみますよ🎵
アイキャッチ画像

全てわかる世界の宗教〜そもそも宗教とは〜【全ての始まり”ユダヤ教とは”】

日本の成立過程が書かれている

『古事記』

日本と、そこに住んでいる
私達日本人のルーツとは・・・

古事記は先程も話したように

”天地創造”から物語が始まる

そして、どこで完結するかと言うと

第33代天皇「推古天皇」までの物語。

Ryo先生
どこかで聞いたことはありますか?「推古天皇」です。
生徒
推古天皇は、確か「女性初の天皇」でしたね!懐かしい!
Ryo先生
その通りです。”聖徳太子”や”大化の改新””中臣鎌足”の時代にいましたね🎵

ここで1つ確認します。

推古天皇の子孫をたどると
「初代天皇」にたどり着きますね?

その初代天皇は

神の子孫と言われる

つまり

日本の今の天皇家は
神様の子孫」なのです。

天皇家の祖先が
今回登場する人物たちと言われています。

つまり・・・

愛子さま悠仁さま・・・
彼らは神の末裔なのです・・・。

生徒
おぉぉぉ・・・・・・・・出だしでいきなり引き込まれますね・・・

神は「光あれ」と光を作った。
ユダヤ教はここから始まりました。

そして

人間(アダムイヴ)を創造し、
6日間で世界を作り
1日の休息をとった。

これが1週間のはじまりである。

と。

『古事記』は違います。

混沌とした世界から5つの神が生まれます。

これはギリシア神話と似ています。

ギリシア神話

超面白いギリシア神話【神・おすすめ本】 

この5つの神は「5柱」と呼ばれた
(なんか鬼滅みたいですね。)

この5柱は性別もなく

形もいびつであった。

この5柱のあと
更に5組のの神が現れた。

その5組の最後に誕生した

の神が

イザナギ」と「イザナミ

彼らは先輩である5柱に

仕事を与えられます。

 

それが「国造り」です。

 

国造りは大変だからと
イザナギは立派な剣をもらい、
イザナミとともに国造りに励みます。

そして

天界から下界に小さな島を作ります。

天界からおりたイザナギイザナミ・・・
子孫繁栄に励みます。

男女

イザナミは言いました。
「あなたは素敵な方・・・
これからもどうぞよろしくね❤」

イザナギは言います。
「こちらこそ頼むよ・・・(照)」

と子作りに励みます・・・

しかし・・・

子供が生まれませんでした

イザナミは言います。
「ちゃんと出会うところから始めましょう!」

儀式を大切にしたんですね。

そしてもう一度・・・
「あら・・・素敵な人🎵
これからもどうぞよよろしくね❤」

イザナギがこれにこたえ
子作りに励みます・・・

 

ところが・・・

 

またもや子供が生まれませんでした・・・

国造りを任せられている2人は不安になり、
5柱に聞きに行くことにしました。

イザナミは言います。
「5柱様・・・われわれに
子が生まれないのです・・・なぜでしょう・・・
もう何度も子作りに励んでいますが・・・」

柱は言いました。

イザナミよ・・・お前から誘ってはいかん。
お前から全て誘っているではないか。
イザナギよ・・・こういうのは
男がリードしなければいけないのだ。
わかったな?
お前が誘いなさい。そうすれば子は生まれる。」

こうして古事記は始まります

生徒
へぇ〜!そうなんですね!そういう説明があればすんなり入ってきます🎵

そして、この二人が無事に子作りに励み
生まれたのが・・・

手前の橋は「瀬戸大橋」

淡路島です。笑

生徒
ん!!!!!!!!!!!!!?島!?

いいですか?神話ですからね?笑

イザナミは「淡路島」を生んだ。

そして2番目にイザナミが生んだ島が・・・

四国でした。

デビルン
またもや・・・ん!!!!!?やけど、神話やな。目をつむろう。続きが気になる・・・

そして、九州、本州も
イザナミが生み・・・

本州を含め
8つの島をイザナミは生みました。

これが「大八島国(おおやしまのくに)」

Ryo先生
まだ北海道と沖縄は含まれていません🎵

つまり、淡路島が長男で、
次男は四国。

こうして島を生んだイザナミ
その後も次々に神を生みます。

水や、風などの自然事象の神を生みだし・・・
その最後に「火の神」を生みました。

これが難産だった・・・。 

火の神をうんだイザナミ
そのまま死んでしまった・・・

これに怒ったイザナギ
生まれた火の神を持っていた剣で殺します。

イザナミは死んでしまい・・・

黄泉(よみ)の国におくられました。

イザナギは毎日毎日悲しみます・・・。

「会いたい・・・
イザナミに会いたい・・・
そうだ!」

と黄泉の国にいるイザナミに会いに行きます。

「どこだ?イザナミ〜!!!
会いに来たぞ〜!どこだ〜!」

「・・・・はい。」

イザナミの声が聞こえます。

続けてイザナギは言います。
「もう帰ろう!現世に戻れないのか?
お願いだ・・・逢いたくてきてしまった・・・
戻れるなら帰ろう!お願いだ・・・一緒にいてくれ!」

イザナミが言います。
「あなた・・・ありがとう・・・
でももう戻れないのよ・・・こんな体になってしまった・・・
醜い体に・・・
こんな姿みてもあなたはもう私を好きにならない・・・
もう私を見捨てて!」

イザナギは言います。
「いや!そんなことない!
おれはお前と帰りたい!
お前がどんな姿に変わろうとも、お前と帰る!」

と真っ暗な黄泉の国で火をともし
イザナミを探した・・・
そしてイザナミを見つけると・・・

・・・イザナミ?・・・お前・・・
そんな姿に・・・うわぁ〜!」

イザナミは黄泉の国で腐り果て
醜い姿に変わってしまっていた。

彼女をみたイザナギ
イザナミをおいて黄泉の国から逃げようとします。

その行動に怒ったイザナミ
黄泉の国から出すまいとイザナギに追手を出します。

無事にこの追手から逃げることができたイザナギ・・・

現世に戻り、
黄泉の国の悪いものを取り除くため
「お風呂」に入ります。

 

すると?

 

体を洗った水が光り輝き、3つの神が生まれました・・・。

「ごボボボ・・・・!ぷはぁ!!」

「私は太陽の女神、アマテラスよ。
現代では三重県の伊勢神宮に祀られているわ。」

「私は月の神、ツクヨミです。」

「俺は荒神のスサノオだぜ・・・。」

三貴子とよばれるこの神々が生まれた。

イザナギは子どもたちに天界を任せ、
それぞれに仕事を任せます。

「よし、アマテラス。お前に天界をまとめてほしい。
ツクヨミよ・・・お前は夜の世界を任せる。
スサノオよ・・・お前は大海をまとめるといいだろう。」

最初は良かったのですが

三男のスサノオ
まったく仕事をしなくなり
海が荒れてしまいました。

イザナギスサノオのところに行きます。

スサノオ!仕事しろ!海が荒れてるぞ!!!
どうしたんだ・・・。悩みでもあるのか?言ってみろ!」

スサノオが言います。
「親父・・・俺、母ちゃんにあいててぇよ・・・
黄泉の国にいきてぇ・・・。」

と悩みを打ち明けました。

イザナギはすべてを打ち明けました。
姿形が変わってしまい、母はもう
容姿は化け物だと。

しかし、スサノオは全く聞く耳を持たないので

二人はずっと喧嘩をし続けてしまった。

そしてついに
スサノオは大海の神の仕事を
クビにされました。

スサノオは言います。
「あ〜ぁ・・・ニートだよ。どうしよ・・・
とりあえず姉ちゃんのところいって
相談するか・・・
姉ちゃ〜〜〜ん・・・お〜い!」

アマテラスはちょっと嫌がりながら言います。
「うわ〜きた。迷惑な弟・・・
あんたクビになったんでしょ?なにしてるのよ!
・・・え?ここにいさせてほしい!?
も〜〜〜こっちも大変なのに・・・」

スサノオは姉であるアマテラスの元に
居候させてほしいとお願いに来ました。

スサノオは言います。
「何もしないから!
一応荒れ繰れものって言われてるけど、
何もしない!信じてよ!」

続けてアマテラスが言います。
「そこまで言うなら条件がある。
誓約の儀式を行うわ。いい?」

儀式はこういうものだった。
「スサノオの持つ剣をアマテラスが噛み砕き、女神を生み出す。スサノオはアマテラスの持つ勾玉(まがたま)の首飾りを噛み砕いて男神を生みだす。それぞれ無事に生み出すことができたのならば、神がスサノオを認めたということ

誓約を交わし
お互いにそれぞれの武器を噛み砕いた。

すると?

お互いの吹き出した息吹から
それぞれ神が生まれた。

儀式は無事に終わり
アマテラスは弟であるスサノオ
居候させることになった。

ところが・・・

居候を始めたスサノオ
さらに生活がだらけ

アマテラスの部下にちょっかいを掛けまくり
みんなが迷惑がっていた。

誓約を交わしたアマテラス
弟に何もできなかった・・・。

その責任を感じ
元気をなくしてしまった・・・。

「全て、私の責任ね・・・
私なんていなきゃよかったのよ・・・」

と洞窟に引きこもってしまった。

Ryo先生
こうして一時、世界に太陽、つまり光が無くなったのです。

アマテラスの部下たちは
どうにかアマテラス
洞窟の外に出したかった。

そこで部下たちは
「宴会」を開くことにしました。

そして、皆は口を揃え言います。

「いや〜!アマテラスさんに変わる神様は
こんなに面白い人なのか!
いやー!顔芸もできるの!?すごいなー!
アマテラスさんもひと目見たら良いのにー!」

アマテラスの興味を引き、
隠れていた洞窟から出すことに成功した!

これが有名な「天の岩戸隠れ」です。

アマテラスが外に出たことで
再び光が訪れた天界。

アマテラスは考えます・・・。
「やはりスサノオは処分しなければならない・・・」

そしてアマテラスはついにスサノオ
天界から追放します。

追放され、下界におりた荒神スサノオ・・・

このあと一体どういう行動に出るのか・・・

古事記第2話へ続く!

神話

日本の成り立ち 2【神話:古事記】

東京都府中市から世界へ発信