小学生でも超わかる日本の歴史 2話【古事記】

日本の歴史 歴史

今日は古事記の第2話です🎵

   ⇩   第1話はこちらから   ⇩

日本の歴史

小学生でも超わかる日本の歴史【古事記】

日本の歴史「イザナギとイザナミ」

彼らは神から

国造り

を命じられました。 

そして

イザナギイザナミ



子孫繁栄に励みます。

イザナミは言いました。

「素敵な方ね・・・
これからよろしくね❤」


イザナギは言います。

「こちらこそ頼むよ・・・(照)」

と子作りに励むが・・・

子供が生まれませんでした

2人はとても不安になり



5柱に相談に行きました。

Ryo先生
「5柱」は「5組の男女の神」のことでしたね。その最後の1組から「イザナギとイザナミ」は生まれました。

柱は言いました。

イザナミよ・・・お前から誘ってはいかん。
お前から全て誘っているではないか。

イザナギよ・・・こういうのは
男がリードしなければいけないのだ。」

こうして古事記は始まる

生徒
へぇ〜!そうなんですね!そういう説明があればすんなり入ってきます🎵

そして・・・

二人が無事に子作りに励み

生まれたのが・・・

手前の橋は「瀬戸大橋」

淡路島。笑

生徒
ん!!!!!?島!?
Ryo先生
はい。島です。『古事記』は日本神話ですから。神話。笑

イザナミは「淡路島」を生んだ。

そして2番目にイザナミが生んだ島が・・・

四国でした。

生徒
・・・・・神話ですね。神話・・・笑 でも面白いです🎵

本州を含め



イザナミは8つの島を生んだ。

これが「大八島国(おおやしまのくに)」

Ryo先生
まだ北海道と沖縄は含まれていません🎵

こうして島を生んだイザナミ

その後も次々に神を生みます。

水の神、風の神などの神を生みだし・・・

その最後に「火の神」を生みました。

これが難産だった・・・。 

火の神をうんだイザナミ

そのまま死んでしまったのです。

これに怒ったイザナギ


生まれた火の神を
持っていた剣で殺します。


イザナミは死んでしまい・・・

黄泉(よみ)の国へ・・・。



イザナギは悲しみ・・・。



「会いたい・・・
イザナミに会いたい・・・」

と黄泉の国にいるイザナミに会いに行きます。

Ryo先生
神なので・・・どこにでもいけます。笑

「・・・・あなた。」

イザナミの声が聞こえました。

イザナギは言います。



「現世に戻れないのか?
お願いだ・・・帰ろう!」

イザナミが言います。


「あなた・・・ありがとう・・・
でも醜い体になってしまったわ・・・
こんな姿をみても・・・
もう私を好きにならないわ」

イザナギは言います。


「お前がどんな姿に変わろうとも
お前と帰る!」

真っ暗な黄泉の国で火をともし
イザナミを見つけると・・・

・・・イザナミ
そんな姿に・・・うわぁ〜!」

醜い姿に変わったイザナミ・・・


彼女をみたイザナギ


黄泉の国から逃げたのです。

生徒
え〜!!!最っっっっっ低❗❗❗

怒ったイザナミ


黄泉の国から出すまいと
イザナギに追手を出します。



なんとか逃げたイザナギ・・・



黄泉の国の悪いものを取り除くため

「お風呂」に入ります。

 

すると?

 

体を洗った水が光り輝き



3つの神が生まれた❗


「ごボボボ・・・・!ぷはぁ!!」


「私は太陽の女神アマテラスよ。」

「私は月の神、ツクヨミです。」

「俺は荒神のスサノオだぜ。」


三貴子とよばれるこの神々が生まれた。

Ryo先生
アマテラスは三重の”伊勢神宮”に祀られていますね🎵



イザナギは子どもたちに
仕事を任せました。

アマテラス。お前は天界をまとめ
ツクヨミは夜の世界を任せよう。
スサノオは大海をまとめよ。」

最初は良かったのですが

三男のスサノオ


仕事をしなくなり



海が荒れてしまいました。

イザナギスサノオに会いに行き・・・

スサノオ!仕事しろ!海が荒れてるぞ!!!
どうした息子よ。悩みでもあるのか?」



スサノオが言います。


「親父・・・俺、母ちゃんにあいてぇよ・・・
黄泉の国にいきてぇ・・・。」


と悩みを打ち明けました。


姿形が変わってしまい、母はもう
容姿は化け物だと言うも

スサノオは全く聞く耳を持たないので

二人はずっと喧嘩をし続けてしまった。

そしてついに



スサノオは大海の神の仕事を
クビにされました。

スサノオは言います。


「あ〜ぁ・・・ニートだよ。どうしよ・・・
とりあえず姉ちゃんのところいって
相談するか・・・
姉ちゃ〜〜〜ん!」

アマテラス嫌がりながら言います。



「うわ〜きた。迷惑な弟・・・
あんたクビになったんでしょ?なにしてるのよ!
・・・え?ここにいさせてほしい!?
こっちも大変なのに・・・」

スサノオは姉である


アマテラスの元に


居候させてほしいとお願いに来ました。

スサノオは言います。



「何もしないから!
一応荒れ繰れものって言われてるけど、
何もしない!信じてよ!」


続けてアマテラスが言います。



「そこまで言うなら条件がある。
誓約の儀式を行うわ。いい?」

儀式はこういうものだった。
「スサノオの持つ剣をアマテラスが噛み砕き、女神を生み出す。スサノオはアマテラスの持つ勾玉(まがたま)の首飾りを噛み砕いて男神を生みだす。それぞれ無事に生み出すことができたのならば、神がスサノオを認めたということだった。


誓約を交わし
お互いにそれぞれの武器を噛み砕いた。

すると

お互いの吹き出した息吹から
それぞれ神が生まれた。

儀式は無事に終わり


アマテラスは弟であるスサノオ
居候させることになった。


ところが・・・


居候を始めたスサノオ
さらに生活がだらけ

アマテラスの部下にちょっかいを掛けまくり
みんなが迷惑がっていた。

誓約を交わしたアマテラス
弟に何もできなかった・・・。


その責任を感じ
元気をなくしてしまった・・・。



「全て、私の責任ね・・・
私なんていなきゃよかったのよ・・・」

と洞窟に引きこもってしまった。

Ryo先生
こうして一時、世界に太陽、つまり光が無くなったのです。



アマテラスの部下たちは



どうにかアマテラス



洞窟の外に出したかった。

そこで部下たちは
「宴会」を開くことにしました。


そして、皆は口を揃え言います。

「いや〜!アマテラスさんに変わる神様は
こんなに面白い人なのか!
いやー!顔芸もできるの!?すごいなー!
アマテラスさんもひと目見たら良いのにー!」


アマテラスの興味を引き、
隠れていた洞窟から出すことに成功した!

Ryo先生
これが有名な「天の岩戸隠れ」


アマテラスが外に出たことで
再び光が訪れた天界。

アマテラスは考えます・・・。


「やはりスサノオ
処分しなければならない・・・」

そしてアマテラスはついにスサノオ
天界から追放します。

追放され、下界におりた荒神スサノオ・・・

このあと一体どういう行動に出るのか・・・



⇩ 古事記 第3話へ続く ⇩

日本の歴史

小学生でも超わかる日本の歴史 3話【古事記】