【日本史年表】日本史勉強法ゼロから学ぶ【日本神話:古事記その3】日本はどうやってできた?日本史時代区分は流れでおさえろ!

神話 歴史





⇩   前回のお話はこちら   ⇩

日本の歴史

日本史勉強法ゼロから学ぶ『古事記』その2!日本はどうやってできた?どこよりも日本史わかりやすく解説!日本史流れが肝心!



さて・・・姉と喧嘩し
天界から「下界」へ降りた神
スサノオのその後をみてみよう❗


【日本史年表】日本神話:古事記


下界に降りたと言っても
スサノオが日本の「どこに降りた」か




その場所が島根県の出雲】です。


「あぁ・・・天界追放かよ・・・。」
スサノオが出雲を歩いていると・・・
1組の老夫婦を見つけました。




老夫婦はスサノオに近づき
「そこの体の大きい男よ・・・
ここは危ねぇ。8本の蛇の頭を持つ
【ヤマタノオロチ】が次々と町娘を
誘拐するのじゃ。娘もあと1人に
なってしもうた・・・。」




スサノオは言います。
「じゃぁ、助けてやろう。その代わり
ヤマタノオロチを倒したら娘を俺によこせ。」

Ryo先生
スサノオは祈りを捧げた8つの鳥居を用意し、それぞれ酒を置き、頭がばらばらに酒を飲み、酔っ払ったところを”ザクッ”とやろう作戦を計画。


ヤマタノオロチはその作戦にひっかかり
スサノオに首を切られてしまった
最後の1本を切ろうと剣を振りかざすと❗



「ガキーーーーーーーーーーーン❗」



ヤマタノオロチの首の中に
鋭く立派な「剣」が入っていた
のです
この剣こそが日本にある「三種の神器」
の1つ「草薙剣(くさなぎのつるぎ)

生徒
なんか聞いたことあります❗



こうしてスサノオは剣を手に入れ
老夫婦の娘であった「クシナダヒメ」
結婚しました。




英雄になったスサノオは他の女とも
恋に落ち80」の子供をもちました

生徒
8・・・・・80!!!!!?
Ryo先生
しかも、この80人は「神」と「人間」のハーフなわけです。


この80の神を八十神(やそがみ)。



そしてこの80の神達は全て男。
さらに出雲にいた「ヤガミヒメ
という女性を皆が好きになります。

Ryo先生
まさに「バチェラー」。1人の女性に80人が恋を❗なんとまぁ・・・


八十神の中で1番の末っ子だった
オオクニヌシという神と人間のハーフ
の子がいて、彼は兄たちにいじめられていた。




そんな中、次々とオオクニヌシの兄たちが
ヤガミヒメに告白。オオクニヌシ
その後ろについていきました・・・。





次々とフラれる兄貴達・・・





実はヤガミヒメ・・・いじめに必死に
堪えていたかっこいいオオクニヌシのことが
とても大好きだったのです。



そして二人は恋に落ちた❤

生徒
やはり純粋さが大切ですね🎵ロマンチックー❗


これをよく思わないのがオオクニヌシ
兄たちで・・・今まで以上に
オオクニヌシをいじめまくったのです。



ヒドイいじめに耐えられず
オオクニヌシは「黄泉の国」に逃げた。



そこにいたのが父のスサノオ
その娘スセリヒメでした。(異母兄弟)

Ryo先生
スサノオは母イザナミに会いに来てました。スセリヒメはそんなパパがあまり好きじゃなく、謙虚なオオクニヌシに恋をした。


スサノオは娘のその恋が気に食わず
オオクニヌシに多くの嫌がらせをした。



スセリヒメはその都度言います。
「パパ❗いい加減にして❗彼がかわいそうよ❗」





オオクニヌシはその嫌がらせを難なく回避。
スセリヒメはその様子を見続け、
完全にオオクニヌシに恋をしたのです。




そして、オオクニヌシスセリヒメ
黄泉の国脱走計画」を実行します。

生徒
おぉ〜【駆け落ち】❗なんかドラマ化できそうですね❗


スサノオが疲れて眠っている間に
大切な「弓・剣・琴」 を持って逃げましたが
スサノオは途中で目を覚ましてしまった❗





そして逃げた2人にスサノオは叫びます。
オオクニヌシ〜❗どこだぁコラァ❗」





そして続けて言いました。
「今まで悪かったぁ❗娘を頼んだぞぉ〜❗
そうだ❗1つ頼みがある❗最近行ってない
「出雲」がまだ心配だ〜❗お前が治めてくれ〜❗」




こうしてオオクニヌシスセリヒメ
「出雲」での新生活をスタートさせた。

生徒
パパからの許しも出たし、同棲スタートですね❗


オオクニヌシは必死に頑張り
出雲はどんどん栄え、国造りは大成功❗
かにみえたが・・・





天界で、ある神が動きます。
「スサノオの子のオオクニヌシですって?
まずい・・・いずれまた事件を起こすわ。
彼に出雲は治めさせてたまりますか❗」



そう・・・スサノオの姉
アマテラスがついに動いたのです・・・


⇩ ついに天界の神が動き出す❗ ⇩

日本神話

【出雲大社の謎】出雲大社観光の前に・・・出雲大社歴史と出雲大社参拝方法について。出雲大社相模分祠についても。