江戸時代食事ほか、幕末志士や新選組に徳川家康から徳川慶喜、明治時代まで【流れで覚える勉強法日本の歴史(日本史)】

日本の歴史 歴史




⇩ 江戸になる前までのお話 ⇩

江戸時代

【簡単に流れがわかる日本の歴史(日本史)】江戸時代の生活〜江戸をわかりやすく時代区分・年表・勉強法は記事を読むだけ!〜





今から400年前・・・
日本人は一体どのような国作りをしたのか


生徒
縄文時代からもうここまで来たんですね❗
Ryo先生
「流れがわかる日本史」そろそろ終りが見えてきましたね❗戦の時代はもう終わりです❗
生徒
徳川家康から始まる、「争いのない江戸幕府の支配方法」気になります❗



仕事でも、遊びでも、
「何かを・誰かを」まとめる事になったとき






徳川幕府の支配体制は実に参考になる。








また、辛い時、挫けそうなとき・・・
不安な時、もうどうしようもない時。






この時代の人々の暮らしを思い浮かべてみましょう。
今よりももっと不便で、物もない時代。
今の自分が少し幸せであると感じるでしょう


幕末志士や新選組に徳川家康から徳川慶喜まで【前編】


関ヶ原の戦いがおわって間もないので
とにかく厳しい政治」(武断政治)を行う。





徳川幕府に文句を言おうものなら処罰❗
ルールに従わぬなら処罰❗

生徒
確かに世は「戦乱」でしたからね・・・徳川家をよく思わない人達は多いですよね・・・。
Ryo先生
そうなんです。反乱の可能性が十分にあるので、力を抑える必要があった。



日本全国にいる武士達の力を
削ぐために行ったのが・・・





  • 親藩(しんぱん)
  • 譜代大名(ふだいだいみょう)
  • 外様大名(とざまだいみょう)





このように各地の武士たちのリーダー達を
「3つ」に分類したのです。

生徒
これは勉強しました❗えっと・・・・【親藩】はなんだっけ?





【親藩】・・・徳川の親族であるリーダー
【譜代】・・・関ケ原の戦い以前から
       徳川家に力を貸してくれた
大名
【外様】・・・関ケ原前後に新しく徳川に味方した大名




Ryo先生
簡単に言えば、徳川にとって「家族くらいの仲」か、「親友」なのか、「最近仲良くなったやつ」なのか・・・
生徒
たしかに親藩は信頼度はハンパじゃない。譜代もそうですね。付き合いが長いわけで・・・。



江戸幕府は江戸にある。(現:東京)








徳川家と仲良しで信頼できる大名ほど
江戸のそばにいてほしい一方で・・・
外様さんはちょっと遠くにいてもらう








これで武士たちを監視する。

生徒
なるほど・・・あ、でも・・・「遠方で反乱が起きる可能性」もありますよ?




遠くにもしっかり幕府の直轄地を設置し
反乱が起きないよう徹底して監視を続けた







これを幕藩体制と言うんです。








さらに・・・

Ryo先生
そして、反乱を起こすには「資金」、お金が必要ですね?



譜代や、外様大名がお金を沢山持ってしまうと
反乱を起こされてしまう可能性が高くなる



Ryo先生
どのようにすれば、地方の大名にお金を使わせることができるのか・・・。



この対策に動いたのが
徳川幕府3代将軍【徳川家光】




彼が実施したのがあの「参勤交代

生徒
聞いたことあります❗映画化されたのも面白いですよね❗参勤交代は遠方の弱体化を狙ったものなんですね❗



各地方から遠く江戸までやってくる






その途中はしっかり自分たちの住む
藩の強さをアピールしながら江戸まで歩いた。




こうして各地の資金を使わせ弱体化させていた

生徒
大変ですね・・・。長州藩は今の山口県。薩摩藩は鹿児島・・・土佐藩は高知県❗歩いてどれだけかかるのか・・・。




さらに江戸幕府の圧力は止まらない。






まだまだ残る武力に対しては
一国一城令」を発令し
各藩の城は1つまでなら建設可能となった。







そして、3代将軍家光のときに・・・
「鎖国」を実施し、キリスト教も禁止となった。







こうして・・・





外部との国交をほとんど断絶し、
武力を減らし、財力も減らし、
地方を弱くさせ・・・江戸強化を図った






これを「ほどよく」「反乱が起きない程度
に実施する。






すると自然と武士たちは
江戸幕府に逆らうほどの元気もお金も
無くなっていく・・・




生徒
先生。武士はわかりましたが、一般農民の方にはなにか圧力はあったのですか?



農民に対しても誰かが力を持たないよう
土地の売買に加え、分割相続も禁止にした。

生徒
土地の売買?なぜここで?



生活苦になったら自分の土地を売り
その売った相手とともに暮らす。






それが続くと・・・
大土地所有者が誕生してしまう



Ryo先生
発言力ある人が出てくると面倒で・・・お金持ちは特に気に入った大名に資金援助なんてされたら・・・。


分割相続も説明すると・・・例えば
あなたが親で、3人の子が生まれたとする。




その子どもたちに土地を分け
農地を相続させることを禁止した

生徒
え?だめなんですか!?先生、なぜですか?
Ryo先生
単純に「1」ある土地が「3」になる。つまり、納税の対象が「3」になると幕府の納税額にリスクが出るんです。
生徒
???難しい・・・。




今までは1人で納税してたので
一定額の税金が幕府に入る。




でもその人が死んで、息子3人に分けたとする。
体調不良など、単純にリスクが3倍に増えてしまう。

生徒
そうか❗3万円を1人に貸せば、その人に催促すればいいけど、3万円を3人に貸せば、その3人それぞれに「早く返せ」って言わなきゃいけない。手間はすごくかかりますね。
Ryo先生
そういうことです❗みんなしっかりと考えることが出来てますね🎵素晴らしい❗




さらに【五人組】も実施。






農家5件を1グループとし、納税などを
お互いが監視し合い、未納者がいた場合
全員が連帯責任を追うシステムです。


生徒
ん?なぜこれを作る必要が???



例えば・・・ある村人が、
不作で税金を収められなかったとする。







そうすると同じ組にいる4つの村が
その村の税金をカバーするシステム





江戸幕府は、こうした政策を多数実施し
武士と農民の支配を完璧に、かつ
反抗心を確実に削っていった

生徒
先生?でもこれって、反抗する人はもちろんいましたよね?それこそ反乱起こしたり・・・。
Ryo先生
もちろんいました。反抗する人。反乱を起こす人・・・。


そんな事が少しでも分かれば・・・
お取り潰し」となってしまう。



Ryo先生
「取り潰し」は城も、家も家来も全て徳川家に奪われてしまうことです。復興は不可能❗




お取り潰しを受け、何もかも
奪われた武士たちを「浪人(ろうにん)」
と言います。


生徒
るろうに剣心だ!るろうに剣心!!!笑


幕府にとってお金は必要不可欠なので
納税は超厳しい姿勢で実行した。






そんな中・・・




「江戸幕府は厳しすぎるぜ。
由比正雪(ゆいしょうせつ)さんどうします?」
と由比正雪の乱がおきた。





なんとか鎮圧した江戸幕府は
少々武断政治をやりすぎたのかもしれない
と反省し・・・






4代目からはちょっぴり支配力を緩めた
文治政治へと動き出す

Ryo先生
厳しさではなく、今度は「知識・能力」で国を運営しようと動き出す❗

流れで覚える勉強法【江戸幕府4〜7代目】

徳川

武断政治を最初に行ったので・・・
ある程度の基盤はできた江戸幕府。




よってこの4代目からの時代は・・・
少し厳しさを緩めて「文治政治



知恵を絞っていこう❗という時代です。

生徒
大きい反乱もなく、地方は弱体化。しかし【文治主義】の「デメリット」が・・・


もはや戦もない。






地方には強制的に金を使わせ
弱体化を実施している・・・






更に文治政治により、
有能な人物を採用するのにカお金がかかるし
運悪く【災害や飢饉】も発生・・・







江戸幕府は「財政難」に陥った・・・

流れで覚える勉強法【日本の歴史江戸幕府(8〜10代目)】



文治政治を実施することで気の緩みが・・・
もう一度厳しく行きます。

生徒
スパルタ政治からまったり政治へと変わったから仕方ないですよね(笑)
Ryo先生
財政難に困っていた江戸幕府にヒーローが登場します❗



江戸幕府8代将軍
徳川吉宗

そうです❗あの【暴れん坊将軍】の
モデルとなった徳川吉宗です。




「享保の改革」を実行します






彼は交易にも力を入れますが
なかなかうまく行きませんでした。




いろいろな人が財政再建のため
頑張りまくるのですが・・・




天災もあり飢饉もあり・・・
まさに山あり谷あり・・・モハメド・アリ・・・。

生徒
・・・・・・・・・・。




このあとの江戸時代は
常に財政難に悩まされていきます


流れで覚える勉強法【日本の歴史江戸幕府(11〜13代目)】

神社


8代将軍吉宗から
厳しい政治に戻っていたので・・・
ここで再び、「気の緩み時代





ここまで財政難に陥ると「もういいか❗」
もはや幕府には倹約の姿勢などなく









時の将軍徳川家斉の時代はまさに
パリピ時代








俺はお金持ってるから自由に遊ぶぜ❗
幕府の資金を将軍が使いまくってしまう


生徒
うわ・・・最低。みんなが必死に頑張っているのに・・・。




こうして苦しんでいる日本に
さらなるピンチが訪れる・・・

幕末志士や新選組【江戸幕府(14〜15代目)】


江戸幕府が「ときに厳しく」「ときにゆるく」
政治をしていた約250年間・・・







世界では激動の歴史が繰り広げられていた







ヨーロッパやフランスなど、世界の列強国が
沢山の歴史を作りながら興亡を続け・・・





江戸幕府が始まり
ちょうど250年後の1853年。







4隻の黒船が・・・
神奈川県横須賀市浦賀にやってきた






その外来船は自国の産業革命により
大量の「鯨油」が不足していた。







その捕鯨地として中国をターゲットにおき
中国まで船を安全に送るための「経由地
として日本に目をつけた。






そこでその国は、貿易港を長崎など限定している
鎖国中の日本に、開国交渉をしにきた。
その男こそ・・・









マシュー・ペリー









ペリーの黒船来航です。

Ryo先生
この【アメリカ船来航】が「日本を大きく変えるきっかけ」に。



日本に西洋文化が大量輸入するきっかけで
列強校の文化の凄さを、差を知ることに・・・。





逆に日本の良さを日本人が感じるきっかけ
ともなった。









しかし・・・・・
世界との技術革新で250年出遅れた日本は焦る






日本国民は近代ヨーロッパの文化を取り入れた
ニュージャパンになるのか


それとも・・・
日本古来の「刀を持つ武士の日本」か







江戸に変わる新しい時代・・・

明治時代

日本は大きく舵を切り始めようとしていた・・・。


Ryo先生
ついに時代は近現代へ❗最終章まで残り2話❗