【世界史の窓】歴史秘話世界史年表〜ディズニーランド・ディズニーシーでおなじみ。そうだったのかアラジンのお話。〜

アラジンと魔法のランプ 歴史

ディズニーと世界史の窓

北アフリカにアラビア半島全域を支配。



この地域を750年から500年間支配した








アッバース家







そのアッバース家に最盛期の時代をもたらした
第5代国王「ハールーン=アッラシード」のお話


生徒
今日も楽しみです♫勉強しまーす❗

そうだったのか「アラジンのお話」

王(ハールーン=アッラシード)の部下が
突然やってきて言いました。
「王様❗奥様が・・・浮気をしていました。」






王は言いました。
「バカを言うな❗そんなはずはない❗」





部下は王に実際にその現場を見せようと
ある計画」を王に伝えました。





王もその部下の計画に許可を出しました。

生徒
何が始まるんでしょう・・・。



王は言いました。
「妻よ・・・1週間遠征に出かけてくる
留守の間、王宮を頼むぞ。」





そういって王は部下を引き連れ
王宮をあとにした・・・・







しかし、それは全くの嘘






王宮を出る”フリ”をして
1週間、妻の行動を監視した。

生徒
なるほど❗ドキドキ・・・・・・・・・




すると・・・


男女


妻は毎晩、王宮に男を呼び・・・
夜を共にする生活を送っていた。





妻は・・・浮気をガッツリしていた


生徒
あっちゃ〜・・・部下の言うとおりだったのかぁ・・・。
Ryo先生
王はその場で妻を殺そうとするも、部下に止められてしまいました。




1週間後・・・・・
怒りが大爆発しそうな王は帰宅
怒りを抑えながら妻に言った。





「愛する妻よ・・・1週間寂しかったろう。
申し訳なかった・・・。」






すると妻も返事をします。







「1週間、あなたを忘れた日など
なかったわ。おかえりなさい。」






この言葉に激怒した王は妻を殺害
王は女性不信に陥ってしまった。

歴史秘話の誕生

中秋の名月


王はこの日をきっかけに豹変した。







女性に対して恨みは消えず・・・
毎日、王宮に街の女を呼び、一夜をともにし
翌日に殺害する




という悪魔のルーティーンが始まった。

生徒
それは王様やりすぎですよ・・・・・💦




街の女性が次々に消えていく・・・。
部下も王の行動を止めようとします。





「王様❗やめてください❗
奥様のことはもうお忘れください❗」





しかし、王は全く聞いてくれません





「黙れ、黙れ、黙れ❗まだ街に女がいる❗
女を早く呼んでこい❗殺してやる❗」





なんと呼ばれた女性は部下のお嫁さんでした。

生徒
いや❗絶対ダメですよ❗そんな❗



部下はもちろんこれを拒否
自分の妻を王に渡すわけにはいきません。








妻にそのことを相談したところ
部下の妻は言いました。





「そうなのね・・・
今の状況じゃあなたが殺されてしまうわ
私があなたを守る。」





そういって部下の妻は王に寝取られ
翌日殺されてしまった・・・。


生徒
妻ぁ〜〜〜〜〜〜〜〜(号泣)



部下は王様に泣きながら言いました。






「あなたはなんてことを❗❗❗
私の妻は・・・私の妻は・・・❗❗❗」





しかし、王は何も変わらなかった





そして、次の女性に招集がかかった・・・。

Ryo先生
ついに王宮の身内も殺されてしまった。次なるターゲットは誰だと思いますか?
生徒
ん〜・・・全然わかりません・・・一体誰が・・・・。




呼ばれたのは・・・・なんと・・・・




部下の「娘」だった・・・

「パパを今度は私が守るわ・・・。」
生徒
ダメダメダメ❗それはひどすぎる❗絶っ対だめ〜❗



部下は必死に娘を守ろうとしたが
パパやママを守ろうと娘は家を飛び出した。






王は部下の娘を見て、少しためらいました。
しかし・・・女は誰として許すことはできない
やがて決意し、刀に手をとった・・・

生徒
ヤバい❗ヤバい❗ヤバい❗



殺されるとそう感じた娘は、王様ににこう言いました。





「ちょっと待って!!!最後に聞いて!」






王の手が止まり、娘は話を続けた・・・。







「私はこの後あなたに殺される。
最後くらい、私の願いを聞いて。お願い。
ママはあなたに殺された。
話を聞いてもらうくらい良いでしょ・・・。」






王は娘を殺す前に、話を聞いた






娘は王様に向かって
母によく話をしてもらった物語を話し始めた。

Ryo先生
その話は少女の心を安らかにさせた。


話を進めていった娘でしたが
物語は終わってしまう・・・






そんな時・・・❗

Ryo先生
娘はその話をできるだけ長く、面白く作り変えながら話をし続けたのです・・・



その話はとても面白く、王様は話に引き込まれ
時間がたつのを忘れるくらいであった




Ryo先生
すると・・・夜が明けてきます・・・。



娘は続けます。
「もうすぐ夜があけるわ。話の続きは
また今晩話すわ。必ずあなたのもとに来る。
約束よ。」





王はこれを許可した





そして、約束通りその日の夜に
再び娘は王宮を訪れ物語の話を続けた。






また夜があけるまで・・・。




生徒
娘凄い❗すごすぎます❗




王は日に日に娘の物語の内容にのめり込み
もっと話の続きを聞きたい・・・」
と思うほどになっていきました。


生徒
その娘は命をかけて懸命に話し続けたんですね・・・・。




しかし、物語はついに終わりを迎える






マズイ・・・殺されてしまう・・・







なんとか次の新しい登場人物を考え
物語の続きを話さなければいけない・・・







そして、王様に
面白いと思わせなければならない





そこで娘は王様とゆかりのある人物を
登場させ、物語を話した






国王であるハールーン=アッラシードは
アッバース朝5代目の王



Ryo先生
初代は彼にとってはもちろん偉大で、尊敬する人物です。




その初代国王の名を
アブー・アル・アッバース






娘は物語の主人公にこの名前を使い
壮大な物語を話し始めた・・・






初代の名前を見て
気づいたでしょうか

ディズニーでおなじみ【アラジン】

魔法のランプ

アル」と呼ばれる主人公が
猿の相棒「アブー」と悪者を倒す物語。







アラジン】です。






この名前はアッバース朝初代国王
「アブー・アル・アッバース」から取った




これを聞いた王は驚きます。初代国王が
娘の物語に登場し、大活躍している❗

Ryo先生
さらにアラビア語で精霊を「ジンニー」といい、さらに仲の悪かった4代目の兄弟の「ジャファー」を登場させた。
生徒
おぉ〜❗娘ナイス❗うますぎる❗




娘の話に魅了される王様と・・・
自分の命を長引かせようと必死に話す娘。






娘の話を聞くうちに
王は自分のしてきたことを反省し、
娘の命を助け、莫大な褒美を与えたという。


生徒
よかったです・・・。ほんとに良かった・・・。



娘は本来なら【一夜】の命だったが
懸命に話を続けた結果・・・








その命は【一千の夜】を越えた
と言われる






実はこの娘が話した物語は1つじゃなく
アラジンの他に・・・






「魔法のじゅうたん」
「シンドバッドの冒険」
「アリババと40人の盗賊」






これらを話し、【千の夜を超えた
と言われる。








これが有名な【千夜一夜物語】







別名・・・アラビアン・ナイト






アラジンを含むこの物語は・・・


1人の女の子が「家族」を「国」を・・・
そして何より





「自分の命」を





必死に守るために作った物語だったのです。

生徒
めっちゃ楽し〜・・・勉強は楽しいです🎵


王はその後改心し
平和な国づくりをしたそうな・・・。





娘の気持ちになって物語を読んでみる







また違った世界がみえるかも・・・