【世界史の窓】古代ローマ帝国・古代ローマ帝国滅亡理由!ローマ帝国皇帝の謎〜世界史の流れの覚え方〜

ローマ帝国 歴史



⇩ 前回のお話は・・・ ⇩

古代ローマ

【世界史の窓】古代ローマ世界史・古代ローマ世界史の流れの覚え方〜世界史ローマ分割統治や古代ローマ人について〜

古代ローマ帝国【世界史の窓】

アレクサンドロス大王


オクタウィアヌスはいったいどうしたのか。





結論から言いましょう。
彼はローマ最高の皇帝として
70歳までローマのリーダーになるのです






あれほど反乱が起きていたのに・・・
彼の就任後なんと200年間もの平和な時代が❗

Ryo先生
200年もですか!!!!!!!?気になります・・・
生徒
オクタウィアヌスはどんな行動をとったのか・・・


その200年間の安定時代を
ローマの平和(=パクス・ロマーナ)」と言って
その先駆者がオクタウィアヌス❗





彼は「アウグストゥス(=尊厳者)」
という称号をもらい、政治を行います。



Ryo先生
尊厳者は「とても立派な人」という意味。「あだ名」って感じです❗
生徒
なるほど❗野球の松井秀喜さんを「ゴジラ」という感じですね❗あれ・・・でもこれって独裁政治では?



そうなんですよ・・・。
独裁政治はローマでは反対されていた







そこでオクタウィアヌス(=アウグストゥス)
は言います。





俺、全然偉くないから❗俺も
1人の市民だから、みんなで政治やってこ
❗」




このように言われたら好感を持てますね❗
政治がうまくいきます。






が・・・・・





ローマはこれから
大きな問題を抱えることになります・・・。

生徒
え?さっそく問題が・・・?(汗)




200年の中で、そこが解決できれば
歴史は変わったかもしれない





それが・・・







【 跡継ぎ問題 】です。

生徒
あっちゃ〜・・・跡継ぎ問題は日本史でもしょっちゅう出てきますもんね❗
Ryo先生
3番目の奥さんの連れ子を養子にして、2代目皇帝に就任させました。



その後、少々困ったことも起きますが
5人続けて立派な皇帝が君臨する
「五賢帝時代」がやってきます


1番最初のネルヴァさん
後継者を早めに選ぼうと、とにかく優秀で
人望の厚い人を後継者に任命し
後継者問題を解決❗








その超優秀な人物が・・・
2人目のトラヤヌスさん
彼の時にローマ帝国の領土が最大になるという
繁栄をとげる。








さぁ❗領土をまとめるが大変な・・・
3人目のハドリアヌスさん
領土が広くなったので、各地を巡回し
顔を見せ・・・反乱を抑え、領土の安定を実現❗






4人目のアントニウス=ピウスさんは・・・
もう安定しすぎて、何もない。(笑)





生徒
これみんな実の子供ですか???
Ryo先生
いや・・・み~~~んな男の子いないので【養子】です。血はつながっていません。さぁ、5人目。


マルクス=アウレリウス=アントニヌスさん
5人の中でも勉強熱心で【自省録(じしょうろく)】
という本を出版。






哲学に興味があった皇帝です。

⇩ 哲学をわかりやすく ⇩ 

ソクラテス

【超わかりやすい哲学とは?】ヘレニズム文化を例に解説。ソクラテスやプラトン。哲学とはどんな学問なのか。


実は彼には子供がいた
もちろん自分の子供に皇帝の座を渡します。





が・・・・・

古代ローマ帝国滅亡へ・・・

戦争



今までは子供に恵まれなかったので、
後継者は優秀な子を養子として迎えていましたね?





なので、仕事はめちゃくちゃできるんです






しかし、今回は皇帝の実の子供・・・
ローマ市民もついに皇帝の実の子供が皇帝になるね❗
と盛り上がったが・・・






実の子が・・・全く優秀ではなかった
ここからローマは後退していきます・・・。

生徒
いいような・・・悪いような・・・。ここがローマの最盛期ということなんですか・・・。
Ryo先生
そうなんです。あ、そうそう。イエスキリストの【キリスト教】もこのころ出来上がり、拡大していきます。


さぁ、ローマにピンチが訪れます❗






皇帝が優秀ではないことがわかると
市民の信頼は得られません。





そうなると各地で・・・
「俺の方が皇帝にふさわしい気がする❗」と
自らを次期皇帝と名乗る軍人たちが続出した






こうして五賢帝時代後に始まってしまったのが
50年間の「軍人皇帝時代








なんと50年で26名もの「自称:皇帝」が登場❗
国内は「内乱状態」へと一気に衰退へ・・・。




内乱になるとどうなるか・・・

生徒
いつものことですね❗外敵の侵入を受けてしまうと・・・。
Ryo先生
その通り❗国境は手薄になり、異民族からの侵入を受け、ローマは大混乱❗



のちのヨーロッパを作っていく「ゲルマン民族」や
かつての「アケメネス朝」から派生した王朝が・・・



⇩ あ、アケメネス朝はここで復習 ⇩

アッシリアとアケメネス朝

古代オリエント世界の統一!地域初の統一国家アッシリアとアケメネス朝【世界史の流れをわかりやすく解説】



ローマに次々に侵入し、
あちらこちらで戦争が発生した







このままじゃまずい❗❗❗
と立ち上がった皇帝が








ディオクレティアヌスさん







話し合ってる場合じゃないので、
皇帝に絶対的権力を集中させ、
共和政はいったんやめる






とにかく自らに「すべての権力を集める」という
専制君主制(=ドミナートゥス)】を取り入れた。






そして、1人で広い領土をまとめることは難しいので
帝国を4つに分け、絶対的権力を持つ皇帝を
4つの領土全てに配置するという「四分割統治」を実施❗





生徒
お~❗日本でいう都知事や県知事的な感じですね❗で、その統括で総理大臣がいると❗
Ryo先生
例えがうまいですね❗そういうことです❗


ディオクレティアヌスは中でも特別なので
自らを「神」とし、偉大であることを強調した






しかし・・・
これに従わなかった集団がいます

生徒
キリスト教徒ですね?
Ryo先生
その通り。彼らには彼らの神がいます。そのため、皇帝が神だということを断固拒否します。





⇩ 「キリスト教」をわかりやすく ⇩

キリスト教

わかりやすく解説世界三大宗教の物語【キリスト教はどのようにして誕生したのか】


ディオクレティアヌスはその後キリスト教を迫害





まだまだ混乱が続くローマ・・・。
国内のまとまりもない・・・







複数の皇帝がいる中で、
しっかり勝ち残ったエリートがいました





それが・・・コンスタンティヌスさん
ここでは2つ確認します。

ローマ帝国皇帝の謎「コンスタンティヌス」

彼はまず、キリスト教徒の存在を脅威ととらえ
ローマより北にあるミラノでいいました








「キリスト教の皆さん❗今までごめんね❗
キリスト教って素晴らしいから信仰を認めます❗」






ということで313年に
「ミラノ勅令」でキリスト教を公認した






Ryo先生
実はコレ、国内統一のためキリスト教徒を「利用しよう」と考えていたんです。


そして・・・ローマ帝国にとって厄介なのは
ローマ帝国の東側」からの外敵の侵入なので






首都を東側に近い場所である
コンスタンティノープルへ移動した







これで少しずつ国内は安定。
このコンスタンティヌスを引き継いだのが
テオドシウスさん・・・





彼はキリスト教しか認めません❗と
キリスト教国教化を実現した。





キリスト教以外信仰してはダメです!!!!!
って・・・。

生徒
いや~・・・強制はまずいんじゃないですか!!!?
Ryo先生
そうなんですよ・・・これがとんでもないことを起こします・・・。



さぁ、そんなときです。







テオドシウスは病に倒れ、
子供たちにローマ帝国を託すことになりました







どのように託したかというと・・・




こんな感じで分けた結果・・・・これが
大事件を巻き起こす引き金となってしまった・・・。





生徒
え?トラブルが起きそうには見えないんですが・・・。兄弟げんか?



兄弟はいたって普通です・・・








しかし・・・







人間には寿命がりますからね・・・。