【超わかりやすい哲学とは?】ヘレニズム文化を例に解説。ソクラテスやプラトン。哲学とはどんな学問なのか。

ソクラテス 歴史





⇩ 当時の歴史背景はこちら ⇩

世界史

世界史をわかりやすく!ヘレニズム時代とヘレニズム文化【思想や哲学、覚え方や特徴もわかりやすく解説】

ヘレニズム文化をわかりやすく解説


みなさんに質問です。





雨はなぜ降るのでしょう。



生徒
え?突然!?それは・・・・えっと・・・・・
Ryo先生
それは太陽の熱により、海や川が温められ、目には見えない水蒸気が発生・・・そして・・・



その水蒸気が空に舞い上がり・・・
風によって水蒸気同士がくっつき「雲」になる。





そして、大きな雲が重なり・・・
その中にある水分同士がくっつき・・・
重くなり、その重力で落ちる。





これが「雨が降る」原理です。


生徒
うんうん・・・そうですよね?
Ryo先生
雨が降ることがなぜわかるのか・・・それは・・・


いろいろな研究や発見、昔の人々が知恵を絞り
人生を捧げることで明らかにしてきた






ほらみなさん・・・目の前にあるもの
すべて「ルーツ」がありますよね?






そのスマホ・・・パソコン・・・
家、窓、洋服、時計・・・全部です。

Ryo先生
例えば・・・みなさんが持つ「携帯電話」のルーツは?




携帯電話のルーツはトランシーバー



生徒
先生、そのトランシーバーはどのような「ルーツ」が?
Ryo先生
「トランシーバー」は第二次世界大戦でアメリカが開発したんです。


戦場の仲間と情報交換ができるよう開発








しかしトランシーバーは同時通話は無理。
一方通行ですよね?・・・それを・・・
同時通話に研究開発したのが携帯電話






このように万物には「根源(ルーツ)」がある。






さぁ、お話ししましょう❗

ヘレニズム文化:哲学とはどんな学問なのか


「哲学」はどのようにして生まれたのか・・・






古代ギリシアは比較的裕福な生活で
畑仕事もありましたが、戦争で手に入れた奴隷がやる。






家事は女性がやり、男たちは広場に集まり
情報交換という名のおしゃべりをして過ごした







そんな時・・・・









「パラ・・・パラパラ・・・ザザーっ❗❗❗」
と雨が降りました。








そんなとき、ある人が言いました。
お~雨だ❗神がきっと泣いてるぞ❗ははは❗」
と・・・。




ある人が言い返しました。
いやいや、これはポセイドン様の訓練の汗だ❗
さぞ訓練で疲れているのだな❗ははは
❗」



⇩ そんな神については・・・ ⇩

ギリシア神話

超面白い超わかるギリシャ神話のあらすじをわかりやすく解説【ゼウスやオリンポス12神】


このように世界に起こる自然現象は
すべて「神」によるものだというのが常識だった

全てです。








しかし・・・本当に神の涙なのか・・・
神の仕業なのか真実はいったい何なのか・・・
頭の中でその追及が始まった。






男たちは悩みます・・・。








そんな中、ある男が登場
「神の涙?なわけ❗俺は思う。
万物の根源は・・・・・水やぞ。」

Ryo先生
こう話した男こそが「タレス」です。聞いたことはありますか?
生徒
根源は・・・水?どういうことですか?


タレスさんは続けて言いました。
「いいですか?植物だって種子に水分がある。
すべての食べ物に水分は必ず含まれている。
よって❗すべては【水に還る】のだ❗」



生徒
お〜・・・ドヤ顔・・・・笑



【ある出来事に関して】疑問を抱き
人々は知恵を出し合いはじめた。




この動きがヘレニズム時代に盛んになり






「世界はどうあるべきなのか」
「幸福とはいったい何なのか」
「死とは。」「苦しみとは・・・」






「あれはなに?これはなんで?」と
答えのない問いに対して考え、意見を述べた





これが「哲学」なのです。




生徒
「哲学」ってちょっと難しいイメージでしたけど、なんとなく入ってきました♫
Ryo先生
「なんで勉強しなきゃいけないの?」これもある意味哲学ですね❗笑


こうして古代ギリシアでは
「弁論(ディベート)」が流行した






「こうだ!」「違う!」「それも違う!」と
勝負をしたわけです。中でも超目立ったのが・・・







ソクラテス





生徒
聞いたことはあります。ソクラテスさんはどんな人なんですか?


彼は多くの真実を知りたくて
いろいろな人に質問をしながら生活をしていた






「勇気って、なに?」「強さって説明できる?」
「うそをつくことは悪いことですか?」



こうした問いを投げることで
ディベートしてる知識人たちに答えを求めた。







これを「問答法」という。





ソクラテスはある知識人に聞きました。
「私の親友がナイフで自殺しようとしていた。
私がナイフを隠したとしよう。友人はナイフを探す。
私はここにはナイフはなかったと答える。
これは悪であるか?」





知識人は悩んだ・・・。


Ryo先生
みなさんはどのように答えますか?


そして悩む知識人にソクラテスは言いました。
あなたは善と悪について何も知らないんですね。」と。






「何を考えようも私たちは何も知らないんだ。
私たち人間は【 無知 】である
このことを皆が知るべきだ。そうでしょ?」








これが彼の有名なフレーズ「無知の知

Ryo先生
「無知」であることを「知る」必要があるということ。
生徒
なるほど・・・「無知の知」ですか・・・。でもソクラテスちょっとムカつく。笑



そうなんです・・・これでは人々に嫌われます。







実際にソクラテスはやりすぎてしまい
裁判にかけられ・・・死刑宣告を受けてしまう






弟子たちは言いました。
「ソクラテスさん❗逃げましょう❗あなたは
悪くない❗殺されてしまいますよ❗」






ソクラテスは言います。
人生を嘘なく生きて、その結果
死刑判決が出たのならそれに従うまで。

最後は毒杯を飲み、自殺をした



Ryo先生
自分に嘘はつかない。さぁ、このソクラテスに憧れを抱いていたのが「プラトン」


彼は憧れであったソクラテスの思いを広めようと
アカデメイア(アカデミー)」という学校を作り
先生をしていた。



生徒
確か有名なのは「イデア」ですよね?よくわかりません。この「イデア」
Ryo先生
では簡単に・・・説明しましょうあなたにとってのイケメンとは?


背が高くて、笑顔がかっこいい。
お金持ちで、優しい。







こんな概念を持ってませんか






背が低くて、清潔感がない人は
イケメンではない。




その人間にある概念が「イデア」。
わかりますか?

Ryo先生
では・・・簡単なところで・・・「コップ」とは?
生徒
ん〜・・・取っ手がついていて、細かったり、ガラスだったり・・・。
Ryo先生
その「取っ手」など存在する概念が「イデア」です。じゃぁ・・・「愛」とは?
生徒
ずっと一緒にいたいと思うことですかね?
Ryo先生
素晴らしい❗それがイデアです。


そして、このアカデミーに通っていた秀才が







アリストテレス






彼は言いました。
「プラトン先生、概念ばかり考えてはいけない。
実物をどう感じるかじゃないですか?」
とイデアに反論。






そして、彼は
あのアレクサンドロス大王の家庭教師も務めた





さらに言います。
「いいですか?優しさは強すぎると「おせっかい」
弱すぎると「無関心」です。
強さもそう。強すぎると乱暴になり、
弱すぎると軟弱になる。世の調和を見定めるべきだ。」






ヘレニズム時代はこうした
世の中をもっと知りたい。」という人物が
登場し始めた時代だった。