全てわかる世界の宗教〜そもそも宗教とは〜【全ての始まり”ユダヤ教とは”】

アイキャッチ画像 歴史
Ryo先生
日本人は「宗教」に関しての知識がなさすぎるんですね。それはなぜかというと「日本には宗教がない」と思っている人が多いから。この記事ではそんな「宗教についての知識をたっぷりと理解してほしい!」

そもそも宗教とは

神や神聖なものに対し
信仰をする社会集団

を指します。

RYO
やはりなんか文字だけじゃわかりませんよね💦

世界の宗教【三大宗教】

世界には三大宗教の他

ユダヤ教
ヒンドゥー教を含めた

五大宗教

というものがあり・・・

世界人口の約80%が
この5つのどれかを信仰

生徒
世界の80!?ほとんどじゃないですか!!!

そもそも【宗教の始まり】とは

「なぜ宗教が生まれたのか。」

「宗教は怖い」
「難しい」
「よくわからない」

それを払拭しましょう

まっさらな状態で
この記事を読み進めれば・・・

終わった頃には

「あれ?宗教めちゃんこ面白くない?」

と感じますよ🎵

生徒
先生のマジックですね🎵今回も期待していますよ❗

宗教の始まりは「中東」

イギリスは「世界の中心」と呼ばれる。経度”0”はイギリスのケンブリッジ天文台に。

”世界の中心である
イギリスよりも”=中東

Ryo先生
ちなみに日本はイギリスより極端に東なので「極東」と呼ばれます❗これは覚えておくといいかもね🎵

キリスト教はヨーロッパのイメージがありますよね?

実は仏教以外の

「イスラム教」
「キリスト教」



そして「キリスト教」よりも
更に昔から存在した

ユダヤ教

この3つの宗教が
この「中東」で誕生した。

さらに・・・

宗教の名称が違うのに

「なぜ神が一緒なのか」
「一緒なのに、別々・・・」

なぜそんなことになったのか・・・

小学生でもわかりやすい🎵大人はもっとわかる!

世界宗教最古は「ユダヤ教」

実はこのユダヤ教の教えは

私達の「身近」に今もなお残っています。

そのユダヤ教の教えは

聖書』にまとめられています。

Ryo先生
いいですか?『聖書』です。『旧約聖書』ではなく『聖書』。これは後に伏線で繋がります。

その『聖書』の第一章が

【創世記】

「地球の全てが誕生するまでの物語」

一番最初の文章には・・・

「神は天地を創造された」
と書かれている。

そうです。「天地創造のお話

神は「光あれ」と光を作り
闇と分け「昼夜」を作り
さらに
人間を創造し
」と「」をわけ
生物を誕生させた。

ちなみにこの神が創造した最初の人間とされるのが

アダム

神はアダムイヴに1個の果実(知恵の実)

を与え

「その実は絶対に食べないように。」

と注意しました。

しかし
2人はその実を食べてしまった。

その実ははとても甘く
二人の腹を満たした・・・
しかし・・・
約束を破った罰として神は


男(アダム)には【労働】
女(イヴ)には【出産】

という苦しみを与えた。

そして神はその後
6日間で世界を作り
疲れ果て・・・
次の日に休息した。

これが「1週間=7日」の始まりである。

このアダムイヴの子孫たちが

ユダヤ教を作った
と言われる。

Ryo先生
全ての始まりがユダヤ教であると言うことです!ちなみにこの果実を最初に食べたのがアダム・・・みんなが知っている「apple社のロゴ」どうなってますか?・・・「はっ!!!」ってしました?「全ての始まり」という意味なのです。

この歌を知っていますか?

アダムイヴの子孫たちは
少しずつ知恵をつけた結果
”生活が堕落”していきます。

知恵を使い、楽をしようと考えます。

そこで神は制裁を与えるため

規則正しい生活をしていた

とある男”に言いました。

「数日後に洪水を起こす。
船を作りお前は逃げなさい。」

そして数日後、全てを飲み干す
大洪水が発生。

は言われてすぐに船を作り
動物も一緒に船に乗せ、生き残ることができた。

その生き残った男

ノア

そうです。
神話に伝えられる
ノアの箱舟」の主人公です。

彼はアダムイヴの子孫なのですね。

そのノアの子孫が「アブラハム」です。

アっブラハムに〜は〜7人の子♫」
っていう歌があります。

しかし、この歌、実はこっちが原曲。

右手⇨左手⇨右足⇨左足 と子どもたちが歌っていますね🎵

アブラハムには7人の子供が居たんです。

その子孫たちが
世界に散らばり
人口増加に貢献、
人類を発展させた。

とされる。

つまりこの歌は
現代人は皆アブラハムの子孫ですよ。」

ということを意味した歌なのです。

さて・・・
そのアブラハムが住みつき
ユダヤ教を
さらに発展をさせようとした場所が

世界宗教の「聖地」となった。

世界宗教の聖地【パレスチナ】

しかし・・・

彼らには知恵はあるが「力がない」

アブラハムの子孫たちは
他国との勢力争いで
パレスチナを失い
エジプトまで追いやられ
そこで「労働力」として
いきていくこととなった。

この状況を見た神は彼らを救おうと
モーゼ」という男を指導者に任命し
神の言葉を与えられた「預言者」として
エジプトから脱出させようとした。

「聖地へ帰還せよ」と・・・。

これが『聖書』の「出エジプト記

RYO
キリスト教を知っている人は「あれ?出エジプト記って”聖書”じゃなく”旧約聖書では?”と思うかも・・・でも大丈夫!それで良いんですよ🎵読みすすめると解決します🎵」

もう一度パレスチナを統治するよう神は
「10の掟」(=十戒)モーゼに与え
エジプトを脱出するよう示した。

かつての子孫たちのように堕落したからこうなった!
ちゃんと厳しいルールを守りなさい!by神

この10の戒律を心に刻む集団信仰を
ユダヤ教」と呼んだ。

よってこのユダヤ教の教えを受けた

モーゼ」の他
アブラハム
ノア
アダム
イヴ

は全てユダヤ人ということ。

もちろんこのあとの子孫たちもです。

初めて神から生まれたのがユダヤ人・・・

その後見事パレスチナの統一王となった「ダヴィデ

左手に持つのは「石」。

パレスチナに戻り
戒律のもと国家経営をし続け
無事にユダヤ人がパレスチナを統一。

その統一したときの偉大なる王が

ダヴィデ
(画像の銅像・・・見たことありますか?)

ユダヤ教のシンボルマークの六芒星は
別名「ダヴィデの星」とも言われています♫

その偉大な王を継いだのが・・・

息子「ソロモン

その人柄と知恵は多くのユダヤ人を救った。
⇩記事参照

ソロモンの裁判

【おもしろい歴史】ソロモンの裁判〜 【歴史秘話読んで楽しい歴史】

しかし、ココにやってきてしまったのが

巨大帝国「ローマ」

多勢に無勢・・・
この戦いに破れたユダヤ人達は

西暦132年
世界へ散り散りになってしまった・・・。

世界宗教はここから始まる!!!

さて・・・
そのローマ帝国に支配されたパレスチナに
1人の女性」がいました。

彼女の名を「マリア

突然彼女の前に神が現れ、彼女に言った。

「子を授けよう」

後に本当にお腹に子が授かった。

そのお腹の中の子が
のちに世界を大きく変える人物となる。

そのお腹の子は・・・
後にこう呼ばれた。

イエス・キリスト

次へ続く。

記事はこちらから⇩

アイキャッチ画像

全てわかる世界の宗教〜そもそも宗教とは〜【ユダヤ教から誕生”キリスト教とは”】

こちらも逸本!池上彰さんの解説本