【おもしろい歴史】ソロモンの裁判〜 【歴史秘話読んで楽しい歴史】

ソロモンの裁判 歴史

面白い歴史:ソロモンの裁判

時は今から約3000年前

パレスチナにある
首都「イスラエル」
を全盛期に導いた
ソロモン王という男がいた。

その父はダヴィデ

ダヴィデ像
これはダヴィデ

首都エルサレムは

「平和と富の象徴」
ユダヤ教の聖地ともなった。

関連記事「すべてわかる世界の宗教」

アイキャッチ画像

全てわかる世界の宗教〜そもそも宗教とは〜【全ての始まり”ユダヤ教とは”】

ソロモンという言葉は

ヘブライ語で

”平和”

そして、【ソロモンの知恵
という言葉があるほどの

賢明さを持っていた偉大な王の物語・・・

ソロモンの裁判

イスラエルの象徴【ダヴィデの星】

ある時
二人の「遊女」がやってきました。

二人は仕事が同じで
生活も苦しく
持ち家はありませんので
同じ部屋でルームシェアをして
生活をしていました。

一人の女性(以後【A子さん】)
がある日、子供を出産しました。

かわいいかわいい女の子です。

それからわずか3日後・・・

もう一人の女性(以後【B美さん】)
もかわいいかわいい女の子を出産しました。

同じ部屋で4人の生活が始まった

しかし・・・事件発生!

B美は日頃の仕事の疲れで
その夜は深い眠りについた。

真夜中になにか違和感を感じ
目を開けてみると
体の下に赤ちゃんが潰され
呼吸ができず、息を引き取っていたのだった。

B美は娘を殺してしまった。

そこで、B美
夜中のうちに娘をA子の子供とすり替え
何事もなかったかのように眠りについた。

次の日の朝・・・

A子は起床し
娘にお乳をあげようとしたとき
娘が死んでいると気づきました。

しかし、同時に

自分の娘ではないことにも気づいた

A子B美に言います。

「あんた!
自分の子供と私の子をすり替えたわね!
そこにいるのが私の娘よ!返しなさいよ!」

B美は反論します。

「この子が私の子よ!
死んだのはあんたの娘よ!
変な言いがかりつけるんじゃないわよ!」

ソロモン王のところにやってきたA子
必死に必死にソロモン王に伝えます。

「王様・・・
この女をどうにかしてください。
お願いです。あれは私の子供なのです。
どうか・・・お願い・・・」

そこで、ソロモン王は部下にこう命じます。

鋭い刃を持ってきなさい。

そして・・・
光る鋭い剣を持って

もう一言だけ二人の遊女に伝えました。

生きている娘を半分に分け、
それぞれの遊女に分け与えようじゃないか。

B美は言いました。

「それは良い提案ね!
王様!早くその娘を半分にしてください!早く!」

A子は言葉を失い、涙をこぼし、
こう言いました・・・。

「王様・・・それだけはやめてください。
わかりました。この子は私の子供では・・・
私の子供では・・・
ありません・・・・
どうかお願いです・・・殺さないで・・・。」

二人の遊女の言葉を聞いたソロモン王・・・
優しい笑みをこぼし、二人に告げます。

娘をA子に与えなさい。

「自分の娘の命が一番大切」

その心がわかった瞬間

間違いなく娘は「A子の娘」
ソロモン王は判断しました。

裁判を聞いていた知識人たちは
この王の判決に驚愕し、褒め称えます。

知性と理性

そして何より母親の心情を完璧に理解した
素晴らしい判決だった。

こんな王様のもとで生きられた人は

と〜〜〜っても素敵な人達なんだろうな〜

Ryo先生
最後にもう一度、裁判の写真をみてみましょう🎵最初見たものと大きく違い、いろいろと”想像力”が働きますね🎵これが「学び」

これはヤバい🎵

楽しく学べる世界史🎵

東京都府中市から世界へ発信