トレンド 悩み

2022/6/30

熱中症対策必須!首にかける扇風機はもう古い!暑さ対策グッズ首にかけよう暑すぎる対処法には【アイスリング】

どんどんと気温が上がる中、手にもつ扇風機や、首掛けタオルを使っていませんか?もはやそんな熱中症対策グッズはもう古い!

ReadMore

アニメ・ゲーム

2022/6/14

【1億人がプレイ】人気ゲーム「APEX」APEXモバイルやapexキャラの人間関係。apexランク・apexアプデ情報!

全世界累計ダウンロード数1億人を達成した大人気FPSゲーム【APEX】のキャラクターの生い立ちをご紹介!実は中には兄弟も!?

ReadMore

アニメ・ゲーム トレンド

2022/6/13

【クオリティが超スゴい超かわいい!】apexグッズは知っている!?apexグッズ公式が熱い!apex販売店が日本進出!

大人気FPSゲーム【APEX】その超ハイセンスで超かわいい公式グッズがあるのを知っていますか?その大人気グッズをご紹介!買わなきゃ損!

ReadMore

伊能図

トレンド 歴史

2022/5/21

【日本地図作った人こそ最強の日本人!】伊能忠敬どんなひと?日本地図都道府県をすべて実測で測量!伊能忠敬映画も紹介。

目次1 最強の日本人【伊能忠敬】2 伊能忠敬どんなひと?3 日本地図作った伊能忠敬 最強の日本人【伊能忠敬】 この日本地図は誰がどのように作ったのか。 江戸時代まで書かれることはなく誰がどういった流れで書き。なぜ江戸時代まで書かれなかったのか。 日本国中を歩いて測量し、日本で初めて「実測で」日本地図を完成させた男が【伊能忠敬】です。 ⇩ 「実測」とは ⇩実際に人が歩いて測ること。 [voice icon="https://ryoblog2020.com/wp-content/uploads/2020/04 ...

ReadMore

どうする家康

トレンド 歴史

2022/6/14

【2023年大河は超豪華!】『どうする家康』キャスト&あらすじ紹介!どうする家康脚本は相棒シリーズで活躍「古沢良太」

【2023年大河は徳川家康】主演は嵐の松本潤さん!キャストには岡田准一やムロツヨシ、阿部寛など超豪華俳優陣が出演!どうする松潤!

ReadMore

ギリシア神話

歴史

超面白い超わかるギリシャ神話のあらすじをわかりやすく解説最終章【英雄アキレスとトロイア戦争】

ギリシア神話とは【最終章】

ギリシア神話


りょうぶろぐではギリシャ神話を
3章に渡り解説しています。その最終章


⇩ 第1話 ⇩

ギリシア神話
超面白い超わかるギリシャ神話のあらすじをわかりやすく解説【ゼウスやオリンポス12神】

この地球上すべてのものはどこから始まったのか。そのすべてが分かる超面白い記事!あの神様たちが豪華出演!

続きを見る



⇩ 第2話 ⇩

ギリシア神話
超面白い超わかるギリシャ神話のあらすじをわかりやすく解説2【ゼウスやオリンポス12神】

大好評記事第2弾!女好きのゼウスにその子「ヘラクレス」!耳にしたことがある神が次々登場します!1話目は読みましたか?

続きを見る

 

ギリシャ神話のあらすじ【神ゼウス】


ゼウスの娘「ヘレネ」という絶世の美女。
彼女はヘラクレスに超憧れた男テセウス
さらわれましたが・・・なんとか
ギリシアの男たちに助けてもいました

そうでしたね❗美女だから、助けたギリシャ人から求婚されまくってたの覚えています。

生徒



「俺と結婚してくれ❗」「いや俺と❗」
「俺じゃダメ?」「お前じゃない❗俺だ❗」



この「ヘレネが原因で
人類初の戦争が起きた

先生

【戦争】というのは1人の女性をめぐる戦いから生まれたのです。

す・・・すごいわかりやすい。

生徒

人類初の戦争「トロイア戦争」

戦争


この戦争の原因は「とある結婚式」。


あるところにあのゼウスに惚れられた
海の女神「テティス」がいました。
彼女はゼウスではなく、
他の男と結婚することになった。


その結婚式は実に盛大で
神々も多く参加しました




あのゼウスの正妻「ヘラ」や戦いの神で、
ゼウスの娘アテナ」も参列

すごい❗いままで学んできた神様ばかりですね❗神オールスターだ❗

生徒


盛大に始まった結婚式でしたが
テティスある女神を結婚式に呼ばなかった

争いの女神「エリス」は不参加

彼女はトラブルメーカーなので
テティスエリスを結婚式に呼ばなかった


あとから結婚式の話を聞いたエリス。
「なんなの・・・あの女❗
 いいわ・・・そっちがそうなら・・・」
エリス内緒で結婚式を見に行きました


エリスは式場いたテティスの足元に
1個の「リンゴ」を投げた。


やばそう・・・やばそう・・・❗

生徒
リンゴ

「コロン・・・ん??」テティス
それを拾うと・・・リンゴに
「文字」が書かれているのに気付いた


その文字をよんでみると・・・
世界で一番美しい女神へ送ります。
と書いてありました。

怖っ!!!めちゃくちゃ怖い。女は怖い・・・。

生徒



その言葉を他の女神たちも目にすると
「世界で一番美しい女神」は一体誰なのか
神々が気になり始め・・・
一番美しい女神は私だと言い争い・・・。



そこで、ある女神が
「一番美しいのは私に間違いないわ。
ね・・・みなさん?」
発言したのはゼウスの正妻ヘラでした。

さすが全能の神の正妻・・・。【ドンっ❗】って感じですね・・・。

生徒


「ちょっと❗私だって負けてないわ。」
そういったのはゼウスの娘であった
【戦の女神
】アテナ

【戦い】と言われたらアテナは引き下がれないのですね❗お・・・また誰かが発言しそうですよ?

生徒



「もういい加減にして❗美の神は私。
私が1番美しい。」
そういったのは美の神アフロディテ




ヘラアテナアフロディテ
この3人の女神の「美の戦い」になった。



結婚式はもはや崩壊。
「あんた❗全能の神なら
誰が一番美しいか決めなさいよ❗」
とヘラが言うも・・・



ゼウスは言いました。
「俺そんなの無理❗
下界の人間に決めてもらおうよ❗」


選ばれたのがギリシアの
トロイアにいた王子「パリス
ゼウスは言います。




「おい!パリスよ・・・
この3女神で一番美しいのは誰だと思う?
まずはヘラがパリスに言いました。




「私は最高神ゼウスの正妻よ。
もし、私を選んだらあなたに
「権力」を与えましょう。


ほうほう。【権力】・・・。

生徒


次にアテナが言います。
私は戦の神、もし私を選んだら
「永遠の勝利」を与えましょう。




最後にアフロディテは言います。
私を選んでくれたら
「最高の美女」をあたえるわ。

先生

さぁ、パリスはどの女神を選んだのか・・・

パリスは「美女」を選んだ。

アフロディテは言います。
「私を選んでくれてありがとう。
あなたに最高の美女をあげる。
私には「キューピッド」っていう
部下がいるの

さて、どの美女にしようかしら・・・。」


そこで選ばれたのが
ゼウスの娘「ヘレネ」でした。


あれ?「ヘレネ」ってこの記事にも出てきた・・・あの?

生徒
先生

そうです❗ギリシアでめちゃくちゃモテてたあの「ヘレネ」。



ギリシアの男たちは皆ヘレネに
結婚を求めていたが・・・
全員である約束をした


「このままだと俺たち、ヘレネを争って
喧嘩になるな。ギリシアを良くしたいのに。
だからヘレネの幸せが一番じゃないか
ヘレネに選ばれた男を皆で守ろう
それが一番のヘレネの幸せだ❗」




ヘレネは1人の男性を選び
結婚をし、争いは解決していた

あ・・・それやばい。争いが解決したところに神がヘレネを奪いに来ちゃう。

生徒


「ヒュー〜〜〜ン、グサッ❗」
アフロディテに命令されたキューピッドの
「恋の矢」がヘレネにささった


あ〜❗やばい❗❗❗これはまずいですよ❗❗❗

生徒


そこにすべてを知るパリスが登場し
「おいで・・・愛するヘレネ。」
ヘレネは王女として嫁いでしまった


ヘレネの旦那は激怒。
「兄ちゃん❗俺のヘレネが誘拐された❗」
兄貴の名前は「アガメムノン

アガメムノンは言います。
パリスの野郎〜❗ギリシアの男ども❗
愛するヘレネパリスから奪い返すぞ❗」

ギリシアとトロイアの大戦争がついに始まる

リーダーはアガメムノン

先生

ギリシアが海を渡り、トロイアに向かいます。ギリシアの男たちは「アウェー」で戦う❗



ギリシアは遠征しようとしたとき
「エース」が不在だった・・・


アガメムノンは言います。
「アイツは100人力のギリシアのエース。
なぜこないんだ?」

エースの男は超過保護に育った。

母親はあの最悪の結婚式の花嫁だった
テティス

あの結婚式はボロボロ・・・
それからというものの心配性になり
自らの息子も超過保護に育てた


過保護だったからか
かなりひ弱な男の子に育ってしまった。

先生

小さい頃はです・・・。小さいころは・・・



そこでテティスは息子に強くなってほしい
ギリシアにある”伝説の川”に行きます


その伝説の川に入れば
「強靭な肉体と力」が手に入る。しかし、
流れは早く、上がれた人は1人もいな


息子は言いました
「ママ・・・僕は強くなりたい・・・
 ママを守りたいんだ❗」



テティスは悩みます。
伝説の川に愛する息子を入れて
本当に大丈夫なのか・・・

先生

そこでテティスはとてもいいアイデアを思いつきます。

ん?なんだろう。気になる。

生徒


「あなたには死んでほしくないから
この縄を足に巻いて飛び込みなさい
なんとかママが引き上げるから❗」
そういって頑丈な縄を息子に結び
川に投げこみました



激流に飲み込まれそうになる息子を
なんとか引き上げることができた
・・・すると?

先生

息子が強靭な肉体と力を手に入れていたのです❗



「ママ!ありがとう❗
これでギリシアの為に戦える❗」


息子はエースとして戦に連戦連勝❗
ギリシアでは誰もが知る英雄になった


対するトロイア軍はパリス
その兄ヘクトル

ギリシアとトロイアのヘレネを奪う戦いは
10年にも及んだ

先生

そしてついに、決着がつく瞬間がやってきた。



テティスの息子VSヘクトルの一騎打ち。
この一騎打ちにテティスの息子が勝利

さすが❗強靭な体のおかげですね❗これでギリシアの勝利ですか!?

生徒


ヘクトルを失ったパリス
超絶美女のヘレネは手に入れたが
最愛の兄を失った



なんとか一矢報いたい・・・
でも相手の体は強靭でたくましい・・・
悔しい・・・でも兄ほど強くない・・・


パリスは悔しさをぶつけるため
残っていた1本の矢を放った・・・・



すると・・・


その矢がテティスの息子の
かかと」にささった

でも結局勝てはしなかったのですね・・・体はムッキムキですもんね❗

生徒
先生

そうなんですが・、ここでびっくりすることが・・・



パリスは崩れ落ちた。
「だめだ❗かかとにあたっても
意味がない・・・クソぉ〜❗❗❗」
すると・・・


「・・・!?何だ・・・この痛み・・・
ぐぁ・・・ぐぁぁぁぁぁぁぁっ❗❗❗」
テティスの息子が倒れ込んだ。

びっくりしたパリス

え?どうして?体は強靭なのでは!?なぜ痛みが!!?

生徒
先生

さて、なぜテティスの息子は崩れ落ちたのか・・・知っている人はもうわかりますね?



この息子、強靭な体を手に入れた際
母テティスに足を縄で結びつけられ
川に入った
。そして・・・・・
引き上げたときに強靭な体を手に入れた。
つまり・・・




頑丈に結ばれた縄の部分には
伝説の川の水がついていなかった




そこが「かかと」だった

❗なるほど〜〜〜❗そういうことかぁ❗おもしろすぎる❗

生徒


このテティスの息子の名前は・・・
アキレウス」。



「アキレス腱」の由来となった男です

アキレス腱ってここから来たんですね❗すごい・・・すごいです❗

生徒


ギリシア軍はテティスの息子アキレウス
失いトロイア軍はパリスの兄のヘクトル
失い、再び膠着状態へ・・・


ギリシアがある行動に出ました・・・。
それが「一斉退却」です。


たった一夜でトロイアにいたギリシア兵
全てを退却させた。

先生

そのときにこれを置いていきました。


現在は世界遺産にもなっている
トロイ(トロイア)の木馬



そこにトロイア軍が来ました。
「退却?ということは我々の勝利だ❗
 このでかい木馬は貢ぎ物か・・・?」


逃げ遅れた1人のギリシア兵がいたので
捕まえて話を聞くとこう言いました。


「10年の戦に疲弊し、我々は
退却しました・・・。この木馬は
故郷に皆が無事に帰ることができるよう
祈りを捧げる木馬です・・・

どうか、これだけは残してください。」


トロイア軍はこの話を聞き
「ではこの木馬を奪えばギリシア兵は
無事には帰れないというわけか❗
よし!城にこの木馬を入れろー❗」
木馬がトロイア軍の城内に
運ばれることになりました



ギリシア兵は
「そう・・・無事には・・・
帰れません(不敵な笑み)」

不気味に笑ってますよ・・・ギリシア兵。

生徒


その夜・・・ついに10年間の
トロイア戦争に勝利したトロイア軍は
国を上げた盛大な宴を城で開催しました

10年の勝利を飲みまくって祝杯

夜も深まり・・・
勝利をつまみに飲み明かしたトロイア兵は
トロイの木馬を囲み、城の至るところで
ぐっすり寝てしまった・・・



(「ガタ・・ガタガタ・・・・
ギリシア兵よ・・・今がチャンスだ❗」)





トロイの木馬の腹がひらき
ギリシア精鋭部隊が木馬から出現
酔っ払ているトロイア兵を倒し
城の上に登り火で合図を出した


すると・・・
逃げたふりをし、隠れていた
他のギリシア兵もトロイアの城を囲み

全軍での総攻撃



お〜❗すごい❗これを狙っていたんですね❗

生徒


こうして、一夜にして
トロイア戦争はギリシアへの大勝利で
幕を閉じた

ギリシャ神話をわかりやすく解説


いかがでしたでしょうか?


空を見れば星座が輝く。
数々の星が宇宙に輝く・・・


どこかで女好きのゼウス
我々をみているかもしれませんね。


⇩  日本神話『古事記』も大好評  ⇩

日本神話古事記
日本史勉強法ゼロから学ぶ【日本神話:古事記】日本はどうやってできた?どこよりも日本史わかりやすく解説!日本史流れが肝心!

日本の歴史を知りたい人、苦手だけど楽しく勉強したい人など読むだけで流れがわかる日本史記事です。一緒に楽しみましょう!

続きを見る

-歴史