中国の諸子百家とは【諸子百家をわかりやすく解説!覚え方と総まとめ〜思想・儒家・法家〜】

諸子百家 歴史


「人生を生きること」
「仕事をすること」






毎日同じことの繰り返しで
「つまらないな〜」と思ったことはありませんか?






こうした苦しみは
今始まったことではないんです






沢山の人が苦しんで、悩んでいた。
だからこそそれを解決しようと動いた人たちがいた。







「人生焦らず、頑張りすぎないようにいこうよ🎵」
ってね・・・。

諸子百家とは


孔子(こうし)って聞いたことありますか?




中国の始皇帝より少し前の時代
人々の心を救おうとした思想家達を






「諸子百家」といいます。




「人はこうあるべきだよね」とか
「国はこうあるべきだよね」とか。






国の問題を考え・・・自らの知性を使い
その問題を解決しようとする人たち






彼らを「思想家」と呼ぶ。

Ryo先生
例えば、明石家さんまさんが「お笑いの問題は◯◯や!せやからお笑いとは◯◯であるべきや!」といって毎日その問題解決のために生きていたら「思想家」です。


この記事を読むだけで
普段の考え方がいい方向に変わるかも




人生の見方・考え方が変わるかも

諸子百家をわかりやすく解説

夕方の山


時代は春秋時代から戦国時代。




その前の時代の「周」は
ちょっと事件がありまして
「東周」に移動しました。




移動したその理由は

⇩「1組のご夫婦のお話」⇩

世界史の窓

【世界史の窓】東周の面白い話!流れがわかる日本史bノートが超わかる!中国の歴史人物の物語。中国史年表「中国史の覚え方」


中国は異民族の侵入や
皇族の失墜で弱体化していた・・・。





夢も希望もなくなっていた中国に
一体何が必要なのか






その問題点を研究し考え
自らの知性を使い






バラバラな中国に自ら就職活動をし
雇ってもらっていたのが





諸子百家

Ryo先生
まだ統一王朝ではなかったので、それぞれの国に「あなたの国は、○○が必要です❗それがあれば、国は、人は救われる❗」と諸子百家は自分をアピールしていったのです。



漢字でみると・・・


諸(多くの)
子(先生)
百(約100)
家(家柄)





ということで・・・
めちゃくちゃいた。笑

生徒
「100」もいたんですか!!!?考え方もたくさんありそうですね❗



その中に・・・
こんな考え方の人がいました。





「昔のような平和な時代に戻しましょう❗
実は・・・戻せるんですよ!
【礼儀と愛】つまり”道徳”があればね。」







この考えを発信したのが
孔子(こうし)」です。

Ryo先生
ちなみに「子」は先生という意味。なので「孔先生」ということになります。


彼の考え方は徐々に中国に広まり





その思想を先生のもとで勉強したい





という弟子たちも現れ始めた。
その弟子が・・・
孟子(もうし)」と「荀子(じゅんし)


Ryo先生
「性善説」と「性悪説」を聞いたことがありますか?



孟子が「性善説」
荀子が「性悪説」
を説きました。





人間はもとはいい人だけど
悪に染まっちゃう人もいるんだよね・・・





とか





人間はもとは悪い人なんだけど、
しっかり我慢しているんだよね・・・





「性善説」と「性悪説」は
この認識だとちょっと間違い

生徒
え?違うんですか?学校の先生はそうやって教えてくれましたが、ニュアンスが違うんですね❗


孟子は言った。
「徳が大事でね。権力者がしっかり徳を持って国を治め
それを子供に伝えないと飢饉や洪水など”天罰”が下る。
だから国のリーダーが重要なんだよ。





一方で・・・







荀子は言った。
「徳が大事でね。もちろん権力者が徳を持つことが必要。
でも国民も徳を持たないとダメだからしっかり勉強しよう。
飢饉や洪水は仕方のないこと。だってそれは”自然災害”だから。

Ryo先生
なんとなく二人の性格わかりますか?荀子はすごく現実的で、孟子はなんだか投げやりな・・・


彼らに共通する「徳で国を治める思想」
これが「儒学」





彼らの”教え”を「儒教」といい
彼ら3人の考え方を持つグループが







儒家








徳を持って、礼儀を持って、
愛を持って国を良くしよう
!」これです❗

生徒
よぉ〜くわかりました❗優しさですね🎵いい人たちに見えます❗
Ryo先生
素敵な考え方ですよね🎵では・・・今の日本に置き換えて考えてみましょうか❗



総理大臣と国民が
徳をもって、礼儀を持って、愛を持てば・・・
日本はいい国になりますか?





なりません

Ryo先生
徳で、礼儀で、愛で・・・国は豊かになるのでしょうか?犯罪は減るのでしょうか?人々は幸せに暮らせるのでしょうか?



そこで新たな思想家が・・・
名を「韓非子」(荀子の弟子)




彼は言います。

「荀子さんの言うとおり
国民に”徳”を行き渡らせられれば国は良くなる
それにはどうしたらいいだろうか・・・
徳を守れない人もいるだろう・・・
そうか❗”徳を守るためのルール”が必要だ❗」



これが「法律」です。


法律(ルール)の始まり。





ルールがあるからこそ人は悪いことをしない。
犯罪も、盗みも全て法律があるから


生徒
確かに・・・・そうですね・・・そのとおりだ・・・。今もあります。


これを採用すれば
絶対に国はうまくいく❗




この考えに共感したのが
後の「始皇帝」(当時は”政”という名前)




⇩ 始皇帝の面白話はこちら ⇩

始皇帝

【世界史の窓】超わかる!中国歴史人物「始皇帝」中国歴史ドラマや中国歴史書でもおなじみ〜わかりやすい年表〜


始皇帝は言います。
「韓非子に会いたい❗俺と国を治めてほしい❗
こいつを採用したい❗」





その時、始皇帝の側近として働いていたのが
「李斯」という男・・・







実はこの男も
荀子の弟子だったのです。





つまり、李斯は韓非子と同期





李斯はこのままだと同期に負ける・・・







そこで韓非子の飲み物に毒を盛り
なんと”毒殺”した。

生徒
え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜❗ひどい・・・ライバルを毒殺・・・



彼の考えを全て自分のものにした・・・
こうして韓非子は死んでしまった。





韓非子に会うことはできなかったが
その考え方を受け継いだ始皇帝・・・

Ryo先生
さて、質問です。ココまでの話で「始皇帝」にとって儒教は”邪魔”ですか”必要”ですか?



「徳と愛があれば国を収めることができます❗」
という儒教の考えは?





始皇帝にとっては邪魔です





だから始皇帝は
儒教を徹底的に弾圧しましたね?

「焚書坑儒」


儒学者を殺し
彼らの書いた書物を焼き払った。




こうして
バッチバチの法律国家を作った始皇帝。






この厳しい法律を採用した結果、
中国史上初の統一王朝を作り上げた

この王朝が「


秦の始皇帝」で有名ですね。





しかし、この王朝はやりすぎた






儒教もだめ。あれもだめ。
これもだめ。それもだめ。
いう事聞かなかったら処罰。





こりゃきつい・・・






厳しい国家制度に国民が追けず・・・
各地で反乱が発生。
わずか15年で滅亡してしまった。






始皇帝は徳を失い滅びていった

Ryo先生
だからこのあとの中国は、やっぱりリーダーはある程度は「徳」がないとだめだよね。となります。何事にも「バランス」だと。


こうして”秦”のあとに成立した”漢”では
弾圧されていた儒教が再び掘り起こされ




「徳」と「法律」





この2つを重んじた教えが
儒教の基礎として再び世に登場した







実際に日本も「徳と法律」で国を治めています。






この完璧と言われたシステムにも・・・
実は「穴」があった。これを見事に埋めたのが






道家(=道教)

徳でもなく、法律でもなく・・・「無為自然
言い換えると・・・「頑張りすぎなくても良いんだよ。みんな。






だって頑張れない人もいるじゃない?
ゆっくり生きていきたい人も・・・
こうした考えの人々を救った。





人物は「荘子(そうし)





彼は国からヘッドハンティングを受けるほどの逸材❗
しかし、彼は「断った」





彼は言います。

「金がすべて?勝つことがずべて?
有名になることがすべて?いやいやいや・・・
韓非子さんは知識才能があるからこそ身内に殺された。
私は幸せに暮らせればそれだけでいいんです。じゃ。


Ryo先生
いいですよね〜この考え方❗すごく共感できます。


彼の師匠が・・・「老子
彼の教えはこうです。



無理はしないように何もしなくても良いんだよ
お金がたくさんあっても使うことに悩んじゃうし
ものをたくさん持ったら扱いに困っちゃう。
自然のままに生きて自然のままに
死んでいくのが良いよ。山も太陽も何もしていない。
僕らもそうなんだよ。」




やっぱり共感しますね。

その他の「諸子百家」をご紹介


孫子(そんし)の兵法でお馴染み「兵家
勝つことの大事さを説く




でも間違えないように。




ただ勝つだけではなく
”勝つべくして勝つ”


情報をできる限り収集し、戦わなくていいなら戦わない
もし戦争することになったら全てを完璧に準備し
ギリギリまで手の内を明かさず
ココぞというときに短期集中。
国が疲弊することなく、勝って終わらせる




という考え方。







占いの「陰陽家
彼らの思想は「陰陽五行説」といわれていて・・・
世は「5つのもの」から成立している考え方。







それが「水・金・土・木・火」です








その占いをもとに
「右から攻める?左から攻める?」
「朝にする?夜にする?」
占いで神様に聞いてみよう❗





ということ。

諸子百家についていかがでしたか?

日本史



人生一度きりだから
なんとかやりたいことを見つけ
生きていきたいのか





いやーもうなるようになるんじゃん?
という生き方か・・・
これはまさに現代の考え方につながる





生き方は人それぞれです。
時代が変わっても何も変わっていない。
これがよくわかります。






かつての世界は
同じことで皆が悩んで模索していた。
答えなんてないんです。






答えは変わるし
皆さんの心が決めたことが正解です🎵