「川の間」を意味するメソポタミア文明、世界最古の文明とは【世界史の流れをわかりやすく解説】

世界の歴史 歴史



⇩ 人類の誕生はこちらから ⇩

世界の歴史

世界の歴史(世界史)を流れにそってわかりやすく解説、ヒトはサルなのか【人類の誕生】


文明に行く前に【人類誕生】を知りましょう❗

世界最古の文明【メソポタミア文明とは】



「ティグリス川」「ユーフラテス川」の間に
世界初の文明が誕生した

Ryo先生
メソポタミアという言葉は【2つの川の間】という意味を持ちます。




このメソポタミアに最初に登場するのが


シュメール人


目がくりっくりで、お髭がボーボーで
羊をメーメー飼っていた・・・。




シュメール人は各地で小さな国家を作り上げ

その小さな国家(=都市国家)は
「ウル」や「ウルク」や「ラガシュ」と呼んだ。


各都市の中心には「神殿」が建設され、
占いなどで神の声を聞き、人々に伝える
神権政治」を行っていた。


その後シュメール人都市国家を統一し
メソポタミア初の全土統一を実現したのが


アッカド人


地図を再度見ると・・・メソポタミアという場所は
とっても開放的な土地で東西南北の
どこからでも侵入ができる
わけです。

Ryo先生
確かに山や海に囲まれているわけではないのか・・・・・




だから異民族たちが争う争う❗

アッカド人は
「力」でシュメール人をねじ伏せた
これではシュメール人もブチギレます❗


「厳しすぎるよ〜(ぴえん)」ということで
国内はまとまらず・・・また違う民族に侵入をうけてしまった




その民族が「アムル人


ここですんげ〜王様が登場します。
その名は「ハンムラビ王

Ryo先生
名前は聞いたことありますか❓この人がすごかった❗


今までいろいろ大変だった。
また力でねじ伏せるのも違うし・・・。



ハンムラビが何をしたのかというと・・・


ルールを作ろう
ルールがないと皆自由にやっちゃうからね❗」




こうして作り上げたのが
ハンムラビ法典

Ryo先生
この法典のポイントは「半沢直樹」つまり・・・「やられたらやりかえす・・・・倍返しだ!!!!!」っていう内容です。


倍返しは嘘ですが
やられたらやりかえす」これです。


誰かに殴られて骨折したら
そいつを骨折し返す。


誰かに目を失明させられたら、
失明し返す。



これです。



捻挫しただけなのに腹いせで骨折させ、
目を潰し、お金奪ったらそりゃルール違反❗




こうした必要以上の復讐を禁止した




当時は階級もあったことは
「文明」の記事でお話しましたね?

⇩ 文明誕生とは ⇩

文明誕生

文明誕生とはなにか、どのようにして文明が誕生したのか【できるだけ簡単にわかりやすく解説】


実は・・・このルール・・・
階級が高い人が階級の低い人を骨折させた場合
お金を払えば許してもらえます



逆に、階級の低い人が高い人を骨折させたら
腕切り落とされる

生徒
ぎょえ〜〜〜〜❗階級によって違うのかぁ・・・。恐ろしい・・・。

これがハンムラビ法典の「もう一つのルール」



階級法



階級が高いということは
それなりに頑張ってきた証拠。


こうして新たなルールが出来上がり
統一国家が誕生した・・・が!!!


北方(現在のトルコ)からやってきた
ヒッタイト人」(上記地図)に全て奪われた。


生徒
え??あっけなくないですか?ここまで頑張ったアムル人がなぜ!!?





その敗戦理由は「武器」

アムル人が使用していた武器は
「青銅」でした。


新たに侵入した民族「ヒッタイト」は
北方の鉄鋼山で「製鉄」した「鉄器」を使用していた


さらにヒッタイト人は
「馬」を戦争の道具として使っていた


Ryo先生
アムル人からすれば「なにその速さ〜!馬すげーし、武器硬っ!!!」ってなるわけです。


こうして武力に富んだヒッタイトによって
アムル人は南北分裂に追い込まれてしまった・・・

メソポタミアの文化




一方・・・メソポタミア近隣の



エジプトでは・・・

⇩   日本史はこちらから  ⇩

小学生でもわかる日本の歴史

【流れで覚える勉強法】日本の歴史(日本史)をわかりやすく説明〜時代区分や年表や教科書はいらない〜【縄文〜弥生時代】