【東南アジア歴史をわかりやすく解説】東南アジア諸国連合について、東南アジア世界史覚え方。東南アジア史覚え方を伝授!

東南アジア史 歴史






⇩ ロングセラーです❗ ⇩




【東南アジア史】って聞くだけで
結構嫌になっちゃいますよね・・・。










なぜ嫌になるかというと
高校世界史で多くの先生が飛ばすから
苦手意識を持ってしまう










なぜ東南アジアを飛ばすんでしょう?
入試にも出やすいのに・・・

生徒
実際、私たちも苦手です・・・。ぜひ先生に教えてもらいたいです❗
Ryo先生
任せてください❗超わかりやすく【東南アジア史】を説明します❗




視覚的に理解すると
めちゃくちゃ記憶に残るので
・・・







まずは場所から確認❗







東南アジアはこの地域をさし・・・
さらに拡大すると・・・






こんな感じ・・・








東南アジアはご覧の通り
大陸とつながる「山岳(さんがく)部
と・・・




島々からなる「島嶼(とうしょ)部
からなります。

Ryo先生
上の「島嶼部」をひっくるめて「インドネシア」ともいいますねw
生徒
お〜なるほど❗もう面白い・・・・・。



さて、ここで問題・・・
敵の侵入を受けやすいのはどっち?



生徒
山岳地域ですよね?海は攻めにくいし・・・陸続きなら・・・
Ryo先生
その通り❗さすがです❗



なので・・・異文化交流など
歴史が動きやすいのが現在のタイや
ミャンマーやベトナムなどの「山岳部」




⇩ ミャンマーも大変・・・ ⇩

ミャンマークーデター

【ミャンマークーデターわかりやすく超簡単に解説】なぜ今ミャンマーでクーデターが?最新情報も掲載




一方で・・・







異文化交流が少なく、
自分たち独自の歴史や文化を
作っていく
島嶼部」







もうこの地理的状況の違いで
東南アジアの中に特徴の「差」がでる







ということで、現在の国を
配置して確認してみると・・・

こんな感じ❗
なんとなくでも確認してね❗








現在のタイやベトナム・・・
津波のあったスマトラ島。







こうした場所に
国家形成をすることになります。







では早速見ていきましょう❗
まずは山岳地域からです❗

東南アジア歴史をわかりやすく解説【ミャンマー】

理解したい王朝は3つ❗






世界地図で見るとミャンマーは
インドのすぐ隣」で・・・






1世紀(0~100年)ごろから
なんと約1000年もの間、この地域には
「ピュー人」という民族集団がいました。






王国をつくり、ゆったりと暮らし
インドとの交流もあり、文明は栄えた

生徒
でも・・・なぜ1000年もなにもされなかったのですか?
Ryo先生
ほら、インドは勉強してきた通り、注目したのは「西」。つまり、地図の左側の地域。東南アジア側は特に気にしてなかった。
生徒
たしかにアレクサンドロスは西から来ましたね❗・・・では中国は?


1000年までの中国は
内部抗争多発で自分たちのことで精いっぱい









1000年ごろからの中国は
北方領土からの侵入を受け、超大変だった







そこで、中国は中国南部、
つまり。この「東南アジアを仲間にしよう❗」
と動き出し、東南アジアの歴史は動き始める


生徒
こうやって学校でも教えてくれれば・・・・・
Ryo先生
さてさて、まだまだいきますよ❗



近隣諸国で争いが激しくなると、
ピュー人は新興勢力であった
「ビルマ人」(ミャンマー人)に

攻撃を受け、消滅








このビルマ人(ミャンマー人)が
この地域に初の統一王朝を建国する
それが・・・・







「パガン朝」(1044~1299年)

生徒
たしか、現在のミャンマーって1989年まで国名は「ビルマ」でしたよね?何が違うんですか?
Ryo先生
良く知っていますね❗ん〜〜・・・「日本」で例えてみましょう❗


昔の日本は・・・
「倭(わ)の国」とか「倭」
って言われてましたね?





それが大宝律令(701年)により
正式に「日本国」となりました。







それと一緒で・・・
昔は「ビルマ」今は「ミャンマー」
1989年に国際表記がかわった❗


生徒
今は世界各国ミャンマーって使ってるんですか?
Ryo先生
いや、「ビルマ」を使っている国もまだまだあります❗日本は完全にミャンマーですね❗



話を戻しましょう。




このパガン朝はインドで生まれた
「仏教(上座部仏教)」を取り入れ
国家運営をした。

生徒
えっと・・・先生・・・「上座部仏教」って???
Ryo先生
簡単に言うと、「自分に厳しくしっかり修行すれば、仏(ほとけ)に救われるよ❗」っていう仏教の宗派の1つ。


しかし❗このパガン朝は
あのモンゴル帝国の侵入を受け、滅亡・・・





その後や〜〜〜〜〜っと
ミャンマー人の統一王朝ができた。
それが・・・







「トゥングー朝」(1531~1752年)





内部抗争を乗り越え、
2度目のミャンマー人統一王朝が誕生

生徒
内部抗争のすえ・・・なんか不安定な感じしますが・・・(笑)
Ryo先生
さすがです❗そのとおり❗



時代が進むにつれ、
再び内部の民族反乱が多発







この民族反乱をまとめた
ビルマ(ミャンマー)人が
ビルマ人最後の統一王朝を建国








「コンバウン朝」(1752~1885年)
をたてた。








しかし・・・アジア進出をしてきた
大国イギリスのインド支配に組み込まれ
コンバウン朝は滅亡
・・・。

生徒
イギリスか・・・ついにヨーロッパとがっつり軍事交流が❗
Ryo先生
そうです❗あのアヘン戦争も1840年ですからね❗

東南アジア諸国連合【タイ】

大学の親友がタイで仕事をしてて
遊びに行ったときにビックリ❗







朝の8時と夕方6時になると
国歌街中に流れ、空港や駅構内など全員が
国家放送の間、直立不動となる・・・










そんなタイです・・・笑

生徒
へぇ~❗❗❗すごい文化ですね❗どんな歴史か知りたいです❗



タイにはもともと
「モン人」が定住していました







ところが・・・








モンゴルに追われた中国南部や
沿岸部にいた「タイ人」が南下。
彼らが初の統一王朝を作ることになる

それが・・・・・






「スコータイ朝」(13世紀~15世紀あたり)

Ryo先生
なので、タイは東南アジアの中で最も中国文化を引き継いだ王朝なんです❗


14世紀くらいからのタイは
ヨーロッパやアジアと積極的に交易だ❗」
という「アユタヤ朝」(1351~1767)が成立。





アユタヤ朝が発展し「スコータイ朝」
にかわり、さらなる繁栄をします。






そして、現在は
ラタナコーシン朝(1782~今も続く❗)

生徒
え〜❗❗❗今も続いてるんですか❗すごっ❗❗❗
Ryo先生
別名「バンコク朝」とも言う。今も国王国家なんですよ❗(国王の女性関係で反乱起きてましたが・・・笑

東南アジア世界史覚え方【カンボジア】


カンボジアは
クメール人がメコン川下流域に
統一王朝を成立させます
❗それが








「扶南(ふなん)」(1~7世紀)









オケオ港という港から
「ローマ金貨」が出土し、西側諸国と
古くから交易をしていたことが判明。

生徒
なぜいきなり漢字なんですか!?
Ryo先生
クメール人の「山」を意味する「プナム」。これに中国が漢字をあてたんです❗
生徒
中国の文化も多く入っていたんですねwなるほど❗



その後・・・
扶南に従っていた真臘(真臘)が独立
ヒンドゥー教を採用し扶南を滅ぼした。





しかし、その混乱から真臘はすぐ分裂。
分裂した1つであったアンコール朝が
真臘を引き継いだ。

生徒
もしかして・・・国旗にもある世界遺産「アンコール・ワット」って・・・。
Ryo先生
そうです❗この王朝時につくられた寺院のことですよ❗



でもね・・・このアンコール朝も
左隣のタイに侵略を受け徐々に衰退






さらに右隣ベトナムを
フランスが支配すると・・・








カンボジアも残念ながら
フランス傘下に入ることになった・・・

生徒
さすがヨーロッパ列強国・・・イギリスにフランスに・・・強いですね。





この東南アジアは
列強国の植民地」となる運命に・・・







それもこれも・・・すべて
【戦争】がきっかけですね。







では、続きまして
【ベトナム】や【島嶼部インドネシア】
についてですw