【ミャンマークーデターわかりやすく解説】なぜ今ミャンマーでクーデターが?

ミャンマークーデター トレンド

ミャンマークーデター

ミャンマー与党トップの

アウン・サン・スー・チーとその補佐官が
2月1日早朝、奇襲をうけ拘束された

そもそもなぜこのタイミングで
ミャンマーでこの事件が起きたのか・・・

Ryo先生
その原因と今回の事件の真相をわかりやすく解説していきます。

ミャンマーという国

かつてイギリスの植民地だったミャンマーは

1948年に独立。

その独立を導いたのが

アウン・サン将軍

Ryo先生
何を隠そう渦中にいる「アウン・サン・スー・チー」の父親です。

彼は「民主制」を掲げ、国造りをしましたが・・・


これに反発した軍が
我慢できずに政権を奪った。



怒った学生を始め、多くの若者が
民主化運動を開始し、その先頭に立ったのが

アウン・サン・スー・チー

生徒
なるほど❗なんかもうわかってきました・・・。笑 さすが先生❗

かつての民主政権を知っている人々は

1990年の選挙で
アウン・サン・スー・チーに投票し

彼女は選挙に「圧勝」した。



しかし・・・


軍はこの政権譲渡に「No」を出し
スー・チーら民主化運動関係者を弾圧。


スー・チーを15年間
自宅軟禁」にした。

生徒
これはなんとなく知っています。こうした理由があったのですね・・・。

これを助けてくれたのが欧米列強だった。

アメリカなど欧米国は軍に対し
「経済制裁」を実施


ミャンマー軍は2010年に20年ぶり
総選挙」を実施したのだった。


しかし・・・

この選挙は民主化陣営を排除した選挙となり
軍が圧勝してしまった・・・

生徒
そんなのおかしいじゃないですか❗不正選挙です❗
Ryo先生
たしかに・・・でもね・・・ここで奇跡が起こったのです。

なんと選挙に勝ち就任した

「テイン・セイン」率いる軍政権は・・・



民主化改革を進めたのです❗

生徒
ん?????????????

つまり、軍の出身にもかかわらずに

民主化政策を実施しまくった

軍政権で閉ざされてきた国を開放し
欧米とも協力し、関係改善に努め


行政改革で軍の汚職を徹底的に排除した。


諦めず、粘り強く、時間をかけて
国を変えたのです。

生徒
良いやつじゃないですか❗テイン・セインさすが❗
Ryo先生
さすがのヒト・・・だったら今回のクーデターは起きてないんです。解説を続けます。

テイン・セインは軍のヒト・・・

彼はミャンマー国会の4分の1の議席を
軍に割り当て・・・



ミャンマーの副大統領
国防大臣
内務大臣

この3大臣は「軍が決定権を持つ
というルールを変えることはしなかったのです。

Ryo先生
外国との関係は良好になり、軍の汚職行為も取り締まっていたため、国民は気が付かなかった。


こうして国は民主化し
アウン・サン・スー・チーは自宅軟禁解除



2015年に実施された総選挙では
アウン・サン・スー・チーが・・・

リーダー兼外相として
ミャンマーのトップに君臨した。

ミャンマークーデターにつながる

こうして就任したスー・チーは


この4分の1の議席を
どうしても減らしたかった。


そこで2020年11月の総選挙で・・・
大勝利を勝ち取り、単独政権を勝ち取ることができたのです。

Ryo先生
ミャンマーでの憲法改正は4分の3以上の賛成が必要。つまり軍の4分の1が憲法改正の邪魔をしていた。

これが崩れた。

これで憲法も改正可能
ミャンマーが完全なる



民主化



を実現できる所まで来た・・・。



そこで・・・軍が選挙の不正を訴えた。

生徒
いやいや・・・なんだよそれ・・・。おかしいじゃないか〜❗そんなのおかしいよ❗


対立が激化・・・・


そして、2月1日早朝
事件が起きたのです・・・。

Ryo先生
なんと、2月1日は「新政権閣僚の議会集合」の当日だったのです・・・。


今後のミャンマーは

この知識を理解して

ニュースをみましょう❗ 




⇩ 日本の歴史も【超わかりやすく解説】 ⇩

小学生でもわかる日本の歴史

日本の歴史(日本史)をわかりやすく説明【縄文・弥生・古墳時代】

⇩ 世界宗教も楽しく勉強 ⇩

世界の宗教

小学生でも超わかる世界の宗教【ユダヤ教誕生】