【戦国時代年表:応仁の乱】戦国時代勢力図をわかりやすく、簡単に解説!人気戦国武将を楽しく覚えるなら戦国無双。

戦国時代 歴史




ついに記事も「戦国時代」へ❗
戦国時代突入までの流れは
下の記事で復習してください。



⇩ 各時代について ⇩

日本神話古事記

日本史勉強法ゼロから学ぶ【日本神話:古事記】日本はどうやってできた?どこよりも日本史わかりやすく解説!日本史流れが肝心!


小学生でもわかる日本の歴史

【超わかりやすい年表!日本史年表】流れで学ぶ日本史年表!日本の歴史年表と日本の歴史漫画も紹介。【縄文〜弥生時代】


日本の歴史

【超わかりやすい年表!日本史年表】流れで学ぶ日本史年表!日本の歴史年表と日本の歴史漫画も紹介。【古墳〜飛鳥時代】


日本の歴史飛鳥時代

【鎌倉殿の13人を見る前に・・・日本史年表解説】日本史勉強法ゼロからの日本史!日本史一問一答の前に学ぶ【飛鳥・奈良時代】


日本の歴史平安時代

【鎌倉殿の13人を見る前に・・・日本史年表解説】日本史勉強法ゼロからの日本史!日本史一問一答の前に学ぶ【平安時代】


日本の歴史

【鎌倉殿の13人の前に】鎌倉幕府将軍と鎌倉幕府滅亡をわかりやすく解説!鎌倉パスタでも、鎌倉の天気でも、鎌倉観光でもない!


【戦国時代年表】応仁の乱へ突入❗


応仁の乱は、前回の記事で登場した
足利義満の孫である「足利義政」
大きく関係があります。


生徒
あの金閣寺を造った「足利義満」ですね❗


1464年・・・
室町幕府8代将軍「足利義政」は
子供に恵まれず・・・仕方なく
弟の足利義視(よしみ)に
後継者をお願いした

Ryo先生
ところがです・・・・。


足利義政の妻「日野富子」は
男の子を産みます。





名前を足利義尚(よしひさ)

生徒
ぎょえ〜❗それはやばい❗後継者決まっちゃったのに❗
Ryo先生
そう。やはり足利義政にとって弟(義視:よしみ)より、自分の子(義尚:よしひさ)を後継者にしたい。


どうしても自分の子を次の将軍にしたい
と日野富子は・・・・強力な武将の
「山名家」に義視(よしみ)討伐要請





「旦那の弟をぶっとばすのよ❗」

生徒
そうなっちゃいますよね・・・。そうなっちゃう。


対する足利義視も
有力者「細川家」に協力要請



「兄貴と嫁を・・・ぶっ倒す❗」


こうして「義尚&山名 VS 義視&細川
というバチバチの関係が成立。




さらに・・・



当時「猛将」といわれた最強武将
「畠山家」も相続争いで喧嘩中でした。
その畠山家もそれぞれが東西に別れた。

Ryo先生
もう、最悪ですよね・・・。勢力図はこうです。



各地の有力武将である
「武田家」や「一色家」も参戦し
その戦は7年にも及んだ

生徒
ひえ〜❗これどうやって終わるんですか?
Ryo先生
応仁の乱発生当初の「言い出しっぺたち」が時とともに「寿命」を迎えます。


山名家・細川家それぞれの総大将が
病気により死去・・・。




それぞれの後継者は和平交渉へ
誰も得をしないまま京都は荒れ、
応仁の乱は終結を迎えた・・・。





室町幕府の権力も落ち、
応仁の乱に参加した有力者たちは
「地元」に帰った






京都周辺の権力がボロボロに。
戦場ともなり、弱体化してしまった。
一方で、「何も犠牲のなかった場所」
がある・・・





つまり・・・応仁の乱の最中に
国力を蓄えることができた
「地方」が下剋上を起こす



次なる国のリーダーは一体誰なのか。
この「椅子取りゲーム」が始まるのです❗
これが戦国の世への突入への流れです❗

Ryo先生
「猛将:畠山家」は河内国(かわうちこく⇨現:大阪)に帰り、力で土地を支配した。


足利義視は美濃国(みのこく⇨現:岐阜南部)
武田は甲斐国(かいこく⇨現:山梨県)

生徒
あの山梨県の【甲斐の虎】の武田信玄の武田ですね❗


こうして戦国時代が進むにつれ
織田信長や豊臣秀吉、徳川家康の
戦国の三英傑」であったり・・・




独眼竜「伊達政宗」
日本一の兵(つわもの)「真田幸村」
甲斐の虎「武田信玄」
越後の龍「上杉謙信」
海道一の弓取り「今川義元」




など、多くの戦国武将が登場するのです❗

生徒
お〜❗知っている人たちばかりです❗詳しくは話さないんですか?
Ryo先生
いつかお話します❗ここでは「戦国の風雲児」こと織田信長の話で流れをつなぎます。


織田信長を知らない人はいないでしょう❗
織田信長の戦で有名なのが・・・
長篠の戦い(愛知県)




相手は先程あげた
「甲斐の虎」武田信玄。




武田軍の騎馬隊は天下一と言われていた
馬に対して普通なら馬で戦います。



織田信長は 奇才の風雲児
信長は「」で戦ったのです。

生徒
音!?どういうことですか!?


彼は当時あまり流通していなかった
鉄砲」を使い武田軍を圧倒します。

生徒
あ❗【長篠の戦い】・・・学校で勉強しました❗馬が銃声にびっくりしたとか・・・
Ryo先生
さらに織田信長の凄いところは・・・


今までの軍制を一新し
戦専門の傭兵」を創設した。

生徒
戦(いくさ)専門?どういうことですか???


当時の武田軍も他の武将もそうですが
戦に出る兵士は農家の仕事もしている





自分たちの領地に危険が迫ると
領地を守るため畑を耕すのをストップ
兵士として戦う。そして・・・
戦が終わったら自分の領地に帰る。



ところが信長は・・・
農地で働く人を兵士として採用せず
お金で兵士を雇った。





つまり・・・
1年中戦が出来る「戦専門軍隊」を
誕生させた。



さらに・・・
この軍隊を使って前代未聞の
【 ある行動 】に出ます

生徒
なんだろう・・・全く想像できません。次に何を狙うんだろう・・・。


日本人が切っても切り離すことが出来ない
仏を信仰する集団」を攻撃すること。




仏教徒の抹殺です。




神にすがる仏教徒は
ある意味で織田信長には邪魔であった。

生徒
【比叡山の焼き討ち】ですね!?ゲームでやったことがあります❗
Ryo先生
その通り❗比叡山は女性に一番人気のあの「浅井長政」をかくまったことでも信長と対立していた。


信長の敵をかくまったのが
「比叡山」にあるお寺でした。


⇩ 寺と神社はどう違う? ⇩

神社と寺の違い

神社とお寺の違いをわかりやすく解説【神社とお寺の違いとは〜二礼二拍手一礼の謎や参拝方法の違い〜】


この時代は強固な「仏教文化」です。
この比叡山は仏教寺院の中でも
「仏教聖地」と言われた場所だった。




「信長が来るわけがない。
攻められるはずがない・・・。」
と思っていた比叡山の僧侶たち・・・

Ryo先生
仏教僧を攻撃するということは、神を、仏を敵にすることですからね。



お賽銭や、奉納など
当時の日本で一番のお金が
この「比叡山延暦寺」に存在した



戦に勝ちたい❗神のご加護がほしい❗
比叡山延暦寺で祈祷をしてもらうのです。

生徒
なるほど・・・今も神社に神頼み・・・ってありますもんね❗


また織田信長は
「成果」を求めた人事をした




古くからの付き合いでも
仲良しグループでもなく・・・
成果を上げ、有言実行する
部下を重宝しまくった



逆に言うと成果が出なければクビ。
ノルマを課すことで部下を促した

Ryo先生
逆に言えば、成果を出せば、誰でも出世ができるというわけです。みんなにチャンスがある。


織田信長がなぜここまで
色々出来たのか・・・


越後(新潟)の上杉謙信
甲斐(山梨)の武田信玄
仙台(宮城)の伊達政宗
加賀(金沢)の前田利家
尾張(名古屋)の徳川家康
など・・・


彼らには出来ず、なぜ織田信長が!?

戦国時代勢力図【なぜ織田信長が・・・】


その一番の理由は・・・
信長が京都に一番近かったから

Ryo先生
先程の「延暦寺」も滋賀県にあります❗


先程名前をあげた各地の戦国武将が
天下を狙おうと京都に出兵すると・・・





彼らの地元はどうなりますか?

例えば伊達政宗・・・

仙台


独眼竜の名のもとに、
京都を目指し、天下を取ろうと
計画をしていたかもしれない。



しかし伊達政宗にとって
京都は「遠い」。


京都に行く間、伊達政宗がいない間
新潟の上杉に領地を奪われる可能性がある。

生徒
なるほど・・・戦国武将たちは地元を動けなかったのか・・・。あ、でも畠山は大阪にいるのでは?
Ryo先生
畠山のいる大阪は「応仁の乱」で絶賛荒廃中。領地修復が最優先です。


各場所ごとにリスクがあり、
簡単には動くことができない
近隣とのにらみ合いで精一杯。


織田信長はそういう意味で
地理的な運も持っていた。そして、
行動力、先見性のある武将であった。





ところが・・・





成果重視、怖い存在であったその人柄が
自分自身の首をしめることになってしまう

人気戦国武将:織田信長自害❗【本能寺の変】

火


1582年の出来事・・・
実行者は「明智光秀」です。



信長にとっては古参の武将ではなく
「新参者」であり、結果を次々と残す
「エリート武将」の1人でした。




敵は本能寺にあり!



と本能寺に滞在していた織田信長の
就寝中に夜襲!焼ける本能寺の中で
織田信長は自害した・・・。





人間五十年
化天の内をくらぶれば
夢幻のごとくなり



と舞い、死んでいったそうな・・・。




「人の世の50年は、
天の時間と比較すれば、
夢か幻のように儚いものだ。」
といった意味で、さらに噛み砕くと


「時の流れとはあっとうまに
過ぎ去ってしまうもの」
という意味になります・・・。

生徒
なんかいろいろと明智光秀も大変だったみたいですね・・・。
Ryo先生
さぁ❗日本は一大事です❗国をまとめるリーダーがいなくなったわけですから。


これを見て
すぐに動き出した男がいた




信長に「サル」と言われ、
信長の草履(ぞうり)を温めていた
その男・・・

生徒
で〜〜〜〜〜た〜〜〜〜〜〜サルっ!!!!!!!!

人気戦国武将:太閤殿下【豊臣秀吉


信長の訃報を聞き
悲しみにふける部下達を横に・・・




「あれ?これ・・・光秀倒したら
天下取れるチャンスじゃね?」

Ryo先生
好機を伝えたのが、「黒田官兵衛」だと言われています。彼は秀吉に「ご武運が開けました。」と言ったそうな・・・
生徒
「道がひらけた」・・・官兵衛も先見の明がすごいですね。恐ろしいくらい。


こうして秀吉は
誰よりも早く行動に移した


当時の秀吉は信長の命令により
現在の山口県にいた「毛利家」と交戦中。

生徒
あ❗あの「三本の矢」の毛利家ですか!?
Ryo先生
そうです❗1本の矢だとすぐ折れるが、3本なら折れない。3人の息子よ。おまえたちも一人ひとりがばらばらになることなく、団結せよ❗ってやつ。


豊臣秀吉は毛利家との戦いの最中
殿である「織田信長の死」をきいた。




普通なら信長様のために、毛利を倒し
「冥土の土産」とするはずですが・・・


すぐ毛利家と和睦(仲直り)し、休戦
その際「織田信長の死」は伝えません




そして中国地方から本能寺に向け
猛ダッシュで引き返します

生徒
毛利としてもラッキーですね❗突然の和睦で領土安泰ですもんね。


秀吉は道中に松明(たいまつ)を掲げ
休むことなく、夜も走り続け・・・
誰よりも早く「明智光秀の討伐」つまり
織田信長の敵討(かたきう)ちに向かった❗



これが有名な「中国大返し」です。



山崎の戦いで明智光秀に打ち勝ち
見事「織田信長の敵討(かたきう)ち」に
成功した




でも実は、豊臣秀吉は織田信長にとって
一番信頼できる部下ではなかった

Ryo先生
柴田勝家や丹羽長秀や滝川一益らの重鎮たちこそ【信長の右腕】でした。[/box]


豊臣秀吉はそんな重鎮になど
頭が上がるわけがない

生徒
その右腕たちも明智光秀を倒しには行かなかったんですか?
Ryo先生
情報はもちろん聞きましたが「それどころではなかった。」一番の右腕「柴田勝家」は新潟の上杉と激戦中。


いち早く敵討ちに成功したことで
一気に頭角を現した豊臣秀吉




そしてその後、信長の側近たちによる
次のリーダーを誰にするか会議
が開催されることになった。





その会議が・・・

信長の後継者を決める「清須会議」

清須城

三谷幸喜監督で大人気映画にもなりました❗



信長には3人の後継者候補がいた




信長の長男は亡くなっていたので・・・
会議では信長の次男と三男
どちらかにしようという話になった。


重鎮:柴田勝家が言いました。
「見るからに信長様の次男坊は
後継者にふさわしくない。三男で決まりだ。」





しかし、秀吉はこう言いました。
「みなさん?お忘れではありませんか?
次の後継者は信長様の次男でも
三男でもありませんよ
・・・。」

生徒
どちらでもない!!!?


亡くなった長男には男の子がいた
その子供は信長の孫になる




続けて秀吉はいいます。
「後継者はお孫さんでしょ。

Ryo先生
こうくるわけです❗


もちろん誰も文句は言えず・・・
後継者は満場一致でその孫(名を三法師)
に決定

生徒
サル・・・とんでもない・・・。


清須会議には更に凄いオチが・・・。




後継者が三法師に決定し
就任式を清須会議の最後にやることに
「後継者❗三法師様の〜〜〜〜
おな〜〜〜〜〜〜り〜〜〜〜〜〜❗」


その三法師を抱きかかえ連れてきたのが
「豊臣秀吉」だった




柴田勝家、丹羽長秀ら重鎮は
三法師を前に頭を下げるが・・・
その三法師を抱いているのは豊臣秀吉。
・・・つまりっ❗




亡き織田信長の右腕であった有力武将らが皆
豊臣秀吉に頭を下げた」ということ。

生徒
おぉぉぉぉ❗秀吉凄い❗してやったりですね❗❗❗


柴田勝家は最初に
秀吉に頭を下げることをためらった



その様子を見て秀吉は「ニヤリ」と
不敵な笑みを浮かべこう言います。

「柴田勝家殿❗
三法師様に頭を下げぬとは・・・
裏切り者と判断してよいのかね?」




柴田勝家はこうして頭を下げた。
まさにその景色は信長の部下全員が


「秀吉に頭を下げた」景色であった・・・

生徒
秀吉、狙い通りなんですね・・・すごすぎます・・・次のがみたいです❗
Ryo先生
次はついに秀吉から家康へ❗江戸時代へ進みます❗



⇩ 時代は江戸時代へ❗ ⇩

江戸時代

【江戸時代平均寿命は30代!?】江戸時代文化や江戸時代の生活や歴史の流れを解説。江戸川競艇や江戸川区の昔とは?