グアム旅行の海ならここしかない!おすすめグアム観光リゾートスポット【ココス島】

グアム旅行 悩み

グアム旅行のすすめ観光スポット

“ミニハワイ”と言うべきこのグアム

最高の南国旅が
手軽にできる場所が【グアム】

ここ5年で10回以上は行っています。

今回は意外と知られていない

超おすすめ観光スポット【ココス島】を紹介❗


Ryo先生
家族連れ・カップル・学生同士でも大満足間違いなしです❗(現在は新型コロナウイルスの影響で臨時休園中)


グアム旅行・観光について

グアム国旗
  1. ココス島とは
    (アクセス情報)

  2. ココス島へ持っていくべき持ち物

  3. 島についてからやること

  4. 料金(旅行会社のココス島ツアーはぼったくり)

  5. おすすめの楽しみ方

ココス島とは

最南に位置する夢の島国♬

グアム島最南端に位置する島

観光客が多いタモンエリアから
車で約40分

ココス島まで船に乗ります。
船で10〜15分になるので・・・

タモンエリアから約1時間ほどで到着。
(ホテルもタモンエリアの人が多い)

グアムをドライブ
車はタモンエリアを抜けてしまえばとても走りやすいですよ♬(私が撮影)

白いビーチに自然が残るジャングル。
”ココスバード”というグアム特有の野鳥がいて

「THE GUAM」

を堪能できる場所です🎵

Ryo先生
ゆったり寝そべって、波の声、鳥の声を耳にしながら、冷えたビールを「プシュッ」・・・最高です❤

ココス島へ持っていくべき持ち物

食べ物飲み物

これは絶対に持っていきましょう❗




ココス島では
レストランや売店もありますが・・・


廃(すた)れています・・・。

さらに値段が高いので・・・



グアム島で食べたいものを買い
持っていくのがベスト

Ryo先生
値段も高いですし、おすすめしません。なので、グアム島で食べたいもの、飲みたいものを買っていきましょう ❗


もし借りられるのであれば
ホテルのバスタオル」もあるとバッチリ❗
(サマーベッドは有料で少し汚いので・・・)

日焼け止めとかサングラスは
もちろん必要ですね❗

ココス島についてからやること

綺麗な海の写真
これもココス島への船の中から撮りました♬

実はこのココス島


島内全ての支払いは「引換券」
でやり取りします。


例えばサマーベッドを借りたい❗
となれば・・・・・


受付でサマーベッド代金を支払い
引換券をもらいレンタル店へ行きます。




ココス島についてからは

一番最初に
帰りのシャトルボートの時間を確認すること


それから

ロッカーを借りましょう
(デポジットなのでお金は返ってきます🎵)

Ryo先生
腰くらいの高さまでの高校にあるような縦長の普通のロッカーです。


最初は全ての荷物を持ち、更衣室へ。

着替え ⇢ サンダルに履き替え
⇢ロッカーに荷物投入 ⇢ ビーチへ❗



更衣室の奥には温水シャワー有り
トイレに洗面台もあります。
(なかなかボロいですが・・・)


受付の場所(センターハウス)と
サマーベッドやお酒などを
販売している場所(マリンハウス)は

2分くらい歩きます

貴重品は持っていきましょう

あとは時間の許す限り
ぐ〜〜〜〜〜〜たらしましょう🎵

ココス島料金

ココス島
右に見える橋の先から船が出ます♬(これも私が撮影しました♬)

大人は30$ (船の代金も含め)

子供は15$ (船の代金も含め)

ツアーは絶対にやめたほうが良い


  1. 時間が余計にかかってしまう

  2. 時間が決まっていて自由がない

  3. 料金がかかってしまう。




ツアー客全員を乗せて向かう」ため
気を遣うし、時間も使う


ツアーだとココス島まで2時間です。
(自分たちで行く倍かかります)

帰りも各ホテルに向かうので同じ・・・


さらにツアー会社は
シャトルボートの時間も決まっているため


島にいる時間が短く余裕がない

Ryo先生
時間を気にして、ゆっくりはしていられませんし、お金がかかるし、悪い事だらけ・・・。


ボッタクリ甚だしい
公式のツアー会社のプランを見てみると・・・

「スーパーマリンリゾートココスプラン」

  • 拘束時間:9時間
  • 7:40 or 9:35 出発
    (ん〜・・・ちょうどいい時間がない。)
  • 大人89$ 子供(2-11歳)45$
  • 島での自由行動3時間(昼食付き)


自由行動という名の
ご飯時間・着替え・シャワー・片付け込み

絶対嫌。

「ココス&ジェットスキー&バナナボート(半日午前プラン)」

  • 拘束時間:6時間
  • 7:40出発
  • 大人95$ 子供(5歳以上)89$
  • 昼食飲み物なし

ツアーに入っていない場合・・・
バナナボートは「25$」
ジェットスキーは「40$」

Ryo先生
【ツアー】は95$で他人と同じバスに乗り、時間的拘束があり、朝7:40分発。【レンタカーすれば】105$で「何もかもが自由」車は最初は怖いかもしれませんが、そのルールも紹介しています❗



⇩ グアムでの車のルール ⇩

グアム標識

グアムレンタカーで注意すること【標識について〜これだけは知っておこう!〜】


ココスバードに要注意

これは襲ってくるとかではなく・・・

「糞」


サマーベッドをかり
直射日光を避け
日陰に行こうとすると・・・

頭上には木がありまして・・・

Ryo先生
運が悪いと「ウン」を引きつける・・・笑 日傘はレンタルも有り❗めっちゃ降ってくるわけではないので、そこは大丈夫です。


シャトルボートの時間(グアム島からココス島※帰りも掲載)

行 10:00 / 10:45 / 11:15 / 11:45 
帰 13:30 / 14:30 / 15:30 / 16:30 


ココス島への
「シャトルボート代」と「入島代」で40$

グアム旅行おすすめのココス島

ココス島での記念撮影
映えますねー!!!笑

やはりオススメは

自由な大人旅

ってことで・・・

好きな時間に
好きなものを食べ
好きに寝るのもよし
海に入るのもよし
日光浴もよし

何も考えず
自然に身を任せ
少し貴重品のことを
頭に入れながら

ゆーっくりとしたグアムの時間を
のんびり過ごすのがおすすめ🎵



そして❗



タモンに帰り
ガッツリ肉!!!
ガッツリ酒!!!



最高ですよ❤