【悩みを解決する方法・ビジネスマン必見!】何もかもうまくいかない時『孫子の兵法』から学ぶ悩み相談

孫子の兵法 悩み

『孫子の兵法』から学ぶ悩み相談

孔子


中国が長年に渡る
分裂時代を生きていた時代・・・








中国には「諸子百家」といわれる
思想家たちがいた。





⇩ 今に繋がる、諸子百家たち ⇩

諸子百家

中国の諸子百家とは【諸子百家をわかりやすく解説!覚え方と総まとめ〜思想・儒家・法家〜】


その思想家たちの中で








戦いに勝つための方法








を分析していたのがこの孫家。

Ryo先生
「孫」といえば、日本でもおなじみ実業家「孫正義」。ソフトバンクの社長です。彼の愛読書もこの
『孫子の兵法』
生徒
マイクロソフトの開発者「ビル・ゲイツ」も愛読書が『孫子の兵法』なんですよね❗
Ryo先生
よく知っていますね❗そうなんです❗なぜ彼らがずっと昔のこの本を読むのでしょうか・・・


仕事も戦いであり、人間関係も戦い








恋愛も勉強も商売も・・・
友人関係も趣味も・・・








そしてあなた自身の
すべての「戦いに勝つ」ために・・・・



⇩ 難易度順におすすめ本 ⇩

悩みを解決する方法・ビジネスマン必見!

本


著者は孫武。
彼が書いた兵法書が『孫子の兵法書』です。


Ryo先生
なんと書いたのは2700年前❗その時代のものが時を越えて現代人に大きな影響を与えている❗




現代人に
「すごい。すごすぎる・・・。」と言わせた本





その凄すぎた本が日本にやってきたのは
「遣唐使」の時代。





孫武が書いた時代から
およそ1000年の時を超えた時代



生徒
い・・・1000年っ❗



日本はその本の凄さをまだわからずにいた。






そして・・・・・孫武が書いた時代から
1500年以上の時を超え、やっと日本は戦国時代






この時代にやっと兵法書の【凄さ】に気づいた

Ryo先生
あの有名な武田信玄の「風林火山」という言葉は、『孫子の兵法書』に書いてあったことなんです。


さらにはその後、天下を治めた徳川家康は






安泰の世を収めるため
武将にこの兵法書の一部を配ったという・・・








めっちゃ本を読みたくなりません!?
内容も知りたくなりません!?笑


Ryo先生
ということで、すべての人が「負けない方法」をお話していきます❗

何もかもうまくいかない時『孫子の兵法』から学ぶ

男性


仕事も「戦い」人間関係も「戦い」
恋愛もある意味「戦い」です。





「仕事」に「勉強」に「商売」に・・・
「友人関係」に「趣味」に「恋愛」に・・・
そしてあなたの全ての「戦いに勝つ」ために・・・・


Ryo先生
「これいいな!!!」ってところはどんどん使いましょう❗


①「戦いは始まる前が大切
  始まってからではもう遅い。
  しっかり相手を理解、分析する。




②「お金の使い方が大事
  戦いは長引かせてはいけない。
  やることになったら短期集中❗





③「戦いよりも作戦が大事
  敵の情報をできる限り知り、自分のことを
  まずやる。そして、負けないための準備を
  でもむちゃくちゃ相手が強かったら
  挑むことはせず、戦わないこと




④「守りを固めて待つ
  自分の立場を保ち、相手の立場を 
  少しずつ不利にしていく

  その上で攻撃を仕掛けたほうがいい。
  「個人ではなく、チームで戦う
 



⑥「敵をあやつり、弱点をつけ
  正々堂々は大切だ。しかし、時には
  「かけひき」も必要。それにはしっかり
  相手を知らなければいけない。




 

⑦「それでも戦わなきゃいけない時は 
  素早く仕留めろ

  風のように速く、林のように静かに、
  侵略は火のように、動かない時は山のように。 
  相手を追い詰めた時は逆上する可能性があるから
  とどめは刺さない。敵は味方に入れて、利用する





⑧「決して感情では戦ってはいけない






これが1800年代まで伝わっていた。
しかし、あるとき・・・






その本の内容はもう古い
と唱えた男がいた。

Ryo先生
それが、あの有名なフランスの「ナポレオン・ボナパルト」です。



中国のように複数の地域がが1つになる状況は
ヨーロッパには当てはまらないと。







こうして「孫子の兵法」ではなく、
ヨーロッパ独自の兵法を考え
その『戦争論』が主流となった。





その「戦争論」はもちろん
『孫子の兵法』とは真逆





相手を潰し、追い打ちをかける。
もちろん戦争は長期化した。

さらに相手の状況が有利であっても、
国の団結力で戦った。

生徒
それが普通ではないんですか?
Ryo先生
普通ではあるんですが、その結果はとんでもなく悲惨なものに・・・。




感情や自国の利益のために戦ってきた。







その結果何がおきましたか







各国の利害関係で、感情的に動いた結果、
世界大戦が発生した







未曾有の戦争は参加国を疲弊させ
苦しめ、国力を弱まらせた。







そして、結果どうなったか・・・






世界大戦の中で、戦争には参加せず、他国を理解し、
疲弊する各国にとどめを刺さず、兵力を分析・・・
素早く台頭してきた国が?




生徒
あ❗アメリカとロシアだ❗・・・そういうことか❗
Ryo先生
そうです。それが「冷戦時代」です。





『孫子の兵法』の内容をそのまま活用した
アメリカとソ連が台頭してきたのです。



Ryo先生
日本はどうなっていましたっけ?


日本は第一次世界大戦で調子に乗り、
感情のまま他国に攻め込んだ







神風特攻隊など、孫子の兵法からすれば
絶対にあってはならないことを連発
し、疲弊した。






だから世界大戦以降、世界中が思った。







孫子の兵法はやはりただしかったのではないか。








その後、アメリカは中東や東南アジアに
戦争を仕掛けた結果、どうなりましたか?






ほら、現代につながるんです。
戦わずして、勝つことの大切さ」が。








コレを見たあなたも、ぜひ
「孫子の兵法」でよりよい良い戦いを
人生をてにいれましょう❗