【超わかりやすくトレンド徹底解説”香港民主活動家周庭”】〜中国と香港と台湾の歴史〜一国二制度と逃亡犯条例を学ぶ!〜

一国二制度 トレンド

香港民主活動家「周庭」

なぜ彼女は捕まり、禁固刑になったのか



香港と中国はどういう関係なのか・・・
なぜこんなにニュースに取り上げられるのか・・・



すべてが繋がる記事です
一緒に勉強しましょう❗

中国と香港の歴史【一国二制度がすべてを語る】

香港
  • 一国二制度」が全てを繋げる❗
  • 一国二制度と香港
  • 香港と台湾
  • 逃亡犯条例」とは
  • 逃亡犯条例改正案」とは
Ryo先生
どこよりもわかりやすく徹底解説❗質問や感想はホーム画面下部の「問い合わせ」から🎵

一国二制度とは【全てはここから始まる】

この制度は
「香港でのみ」施行されている制度




一体この制度はどのようにして成立したのか・・・
それ過去の中国の歴史を知るとすべてが繋がる。





今からおよそ200年前のこと・・・

Ryo先生
1840年の「アヘン戦争」で中国はイギリスに大敗北し、中国本土の大部分を欧米列強国に支配されてしまった。
生徒
イギリスやフランスにドイツ。日本も中国の領土であった「台湾」を一部占領していましたよね❗



そう。中国は「弱かった」




「香港」はイギリスによって支配されていました
しかし・・・約30年前の1997年にイギリスが香港返還を決めた。

生徒
なぜですか!?約150年もたって突然!?
Ryo先生
世界は一応「世界平和」の時代へ。イギリスの「香港支配」はあまり良いものではなかった。



この突然の返還がすべてを変えた


生徒
ついに動き始めるのですね・・・(ドキドキ)


返還の際、イギリスはこう言いました。


「返還って言っても・・・僕たちイギリス人が
急にいなくなるの良くないよね・・・。どうしよ。」




香港で働いていた人々も言います。

「確かに困ります。この150年・・・
正直イギリスさんのおかげで商売できていました
明日から中国のルールになるのは勘弁してほしい・・・。」

Ryo先生
150年間イギリスはしっかりと支配統治をし、法律や条例なども整備し国家運営をしていた。



でも・・君たち中国人でしょ?
イギリスよりは中国のほうがいいでしょ・・・
とういうことで・・・


「わかったよ。今すぐにとは言わないから
50年間は香港のことは香港の人が決めるように
中国政府に言っておくよ❗
イギリスは出ていくから、もし不安なことがあったら
もう中国政府に聞いてね❗じゃっ❗」


Ryo先生
中国は150年ぶりに領土が戻ってきたが、当時は北京周辺のことで精一杯。中国の首都【北京】から香港は遠いしね・・・



でも領土返還嬉しいし、中国人が多い台湾も
いずれ中国に入れたい



焦らずまずは、香港を中国化できるか
「お試し実験」をした。

生徒
なるほど、イギリスに支配されていた香港はある意味で「違う国」でしたからね❗
Ryo先生
香港と仲良くしたいから、急な中国化は「無理」。喧嘩になる。

そこで中国は香港に対し




ある程度の自治を認め、50年間試しに香港だけで
政治をやらせ
、中国政府が支配力を徐々に強め、
そのノウハウで「台湾」も中国支配下にしよう



と、ある程度香港に政治を任せた


Ryo先生
なので、香港には「独自の政府・法律」が存在しています。


中国領土の中に・・・まるで・・・
もう1つの国があるような制度
が・・・



一国二制度

生徒
お〜❗めっちゃわかりました❗笑 びっくりするぐらいわかります❗

一国二制度と香港

香港国旗

先程も説明したように香港は
中国から独立した「特別行政区」として


独自の政治独自の立法(法律)・独自の司法権(裁判)
を所持した。

生徒
中国でダメな事でも、香港では「自治が認められている」から関係ないんですね❗すごい❗
Ryo先生
その通り❗「一国二制度」があるから❗中国は中国。香港は香港。これが1997年から「50年間」。2047年までの「お試し期間」というわけ。
生徒
え!?今「お試し期間」真っ只中!!!!!!!!!!!?


そうなんです・・・・・真っ只中・・・




香港は、中国では決して認められない
中国政府(共産党)への批判」も・・・
香港では「可能」なんです❗

独自の通貨まであるくらい。

Ryo先生
香港は「1つの国」なんです。それが「一国二制度」。ちなみに独自通貨は「香港ドル」中国は「人民元」
生徒
かなり理解できました。今、香港が色々とニュースで話題になる理由、周庭さんについてもなんかわかった気が・・・
Ryo先生
わかってきましたか?「50年のお試し期間」も折り返し地点。経済力が世界トップクラスに成長した中国がついに圧力をかけ始めた。

香港と台湾について

台湾
台湾国旗

台湾は香港と中国の関係を注視しています。



香港の自由が万が一奪われることになれば
次の標的は「自分たち台湾」だから・・・

生徒
ヤバいですね・・・香港だけの問題じゃない。しっかり勉強しないと・・・。
Ryo先生
中国の圧力が明確となった出来事が「香港」と「台湾」でたてつづけに起きてしまったのです・・・。

中国と香港と台湾【”逃亡犯条例”の存在】


香港・台湾を揺るがす出来事が起きた




それが・・・




逃亡犯条例改正案
の提出だった。

生徒
「逃亡犯条例改正」ってことはもともと条例があったんですね?逃亡する・・・犯人?



逃亡犯条例」を説明します。


香港はアメリカやイギリスなど
「20カ国」と「逃亡犯条例」を締結していました。




内容はとても簡単で・・・
事件の容疑者条例を締結している国同士
身柄を引き渡すことができる
という内容。

生徒
ふんふん・・・。特に違和感はないです。


例えば・・・香港の人がアメリカの観光地で


「香港政府って最悪❗仕事しない❗
税金も上げる❗なにが独自の自由の国だ❗」


って人に迷惑になるぐらい大声で叫び、
アメリカ人と喧嘩になり殺害。
逮捕されたとしましょう


その人は「逃亡犯条例違反」により
香港に身柄を引き渡され、罰せられます。

生徒
そりゃそうだ・・・。殺してはいけない・・・。



当時の香港と台湾
「逃亡犯条例」は締結したものの
その引き渡し方の明確な「ルール」がなかった


香港人が台湾でなにか事件を起こした場合

その事件が何万人規模に拡大しても
主犯格の身柄はそのまま
だった。

Ryo先生
「香港」も「台湾」もなにか起きる前に状況改善をしたかったんです。



実はこの「逃亡犯条例」・・・
香港は「中国」とも結んでおらず
明確なルールがなかった。

生徒
うっわ〜〜〜・・・なんかと〜〜〜っても嫌〜〜〜〜な予感。


そんなときにある殺人事件が
台湾で起きた




これがすべての始まりだったのです・・・

逃亡犯条例改正案につながる殺人事件

裁判

台湾に旅行に行った香港人カップル
旅行先で口論になり・・・




彼氏が彼女を殺した


彼は台湾の人ではなく香港の人
帰国して「香港」で逮捕された


現場検証のため、殺害現場である
「台湾」へ身柄を引き渡す必要がある

生徒
でも香港と台湾・・・条例はまだありませんでしたよね?どうするんですか?
Ryo先生
そうなんです・・・なのでこれをいいきっかけに「逃亡犯条例」を改正して、ルールを明確にしようと考えた。
生徒
めちゃくちゃよくわかります。改正しなきゃですよ❗今回ばかりは❗


香港と台湾で「逃亡犯条例」の改正をしようと
まさにそのときっ❗

中国がここに介入してきたのです

生徒
でたーーーーー❗ここで中国❗❗なんて言ってきたんですか!!?


中国はこう言います。


香港は中国の一部である
香港のリーダーは中国共産党員からなる
指名委員によって選ばれたのだ。

よって!!!

香港の代表は中国の代表でもある❗
改正案はこの中国が決めよう❗」

とね・・・

生徒
あ〜〜〜こわいこわいこわい・・・来た・・・中国が来たよ・・・。



そして・・・中国側から提案された改正案が出さ
香港はその内容に大きな衝撃を受けた

生徒
え❗なになに!?こわいよ先生〜〜〜〜〜❗


その内容は・・・




香港・台湾、互いの要請があれば
引き渡しを可能とする。」


となれば全く問題はなかった・・・

生徒
あ〜〜〜〜違うんですね・・・早く教えて下さい❗

中国側から示された改正案は・・・



中国・台湾、互いの要請があれば
引き渡しを可能とする




これに香港は
恐怖と憤りを覚えたのです

生徒
え???これまずくないですか??「香港」が中国になってる!?
Ryo先生
そう❗この改正案が通ってしまった場合・・・・・


香港の自由はなくなる

Ryo先生
「逃亡犯条例」の管轄が香港ではなく、「中国」に渡ると・・・例えば、香港で中国政府を批判した人がいたならば・・・


中国に送還され、処罰を受けることに


さらにいうと・・・
中国政府が気に食わない一般人
なにか口実を付け・・・




「あいつは悪者だ!」勝手に判断されたら
誰しもが中国に送還されてしまう

Ryo先生
今までの香港は、中国の批判もできたし、本屋さんに中国批判の本もあった。


「嫌なものは嫌!!!」と言えていた。

しかし・・・この改正案が可決されたら
香港の人は少しでも共産党(中国)批判をすれば
中国に送還され、処罰

別に何もしていないのに中国に目をつけられたら
人生が終わる。



つまり・・・

香港が完全に中国の支配下となってしまう

生徒
うわ〜〜〜〜・・・めちゃくちゃわかりました・・・。香港まずいじゃないですか❗


これが逃亡犯条例改正案に対するデモです。

国民の大反対により
この条例改正案は完全に撤回されました

しかし・・・
中国共産党はさらなる攻撃を香港にしてきた

それは2020年5月のことでした・・