そもそもESTAとは?メリット・デメリットを徹底解説!【パスポートとビザの違いも解説】

エスタ 悩み

【ESTA】の始まりはいつ?

アメリカ国旗にパスポート

そもそもなぜこの【ESTA】が始まったかというと・・・全ての始まりは「2001.9.11同時多発テロ」
これが原因です。テロ防止の観点から、入国する渡航者データを把握していこうとなりました。

この【ESTA】ですが、これを「事前申請」しなければアメリカ領土に“基本”渡航できません

今回はしっかり勉強しておきましょう!全てをお話ししますね♬

旅行の際よく耳にする【ESTA】について徹底解説!

  1. 【ESTA】とは一体何か。
  2. 「ビザ」とは何が違うのか。
  3. 【ESTA】の注意点
  4. グアムに【ESTA】は必要なのか。
  5. 【ESTA】のメリットとデメリット
  6. ”要注意”高額ESTA発行会社をご紹介!
RYO
この目次でいきます♬この記事でESTAの全てがわかる!

【ESTA】とは一体何か。

日本語名称は「電子渡航認証システム」といい、 “ハワイ”や“グアム”など(つまりアメリカ領土)に90日以内の旅行する際に必要となるシステムのこと。

※例外は後に説明(グアムは必要ありません「が」・・・)

「ビザ」とは何が違うのか。

「ビザ(=査証)」はわかりやすく言うと、渡航先への入国を許可してもらう「入国許可証」のことです。

「パスポート(=旅券)」は「身分証明書」ですね。

ビザは外国官憲などが「本当にこの人を入国させて大丈夫か?審査するか・・・書類と・・・面接と・・・よし!大丈夫!ビザ発行♬」みたいな感じです。

パスポートは外国官憲に対し、「日本人が旅行に行くから、保護してやってねー!」という政府公文書が記載されています。なので、パスポートを忘れると、入国どころか、飛行機にすら乗ることが出来ません。

【ESTA】は上のビザに似ていて、、仲良しな国(現38カ国)の人の観光や短期ビジネスだけであれば、簡単な身分登録で90日くらいなら渡航オッケーにするか♬これが【ESTA】です。

なので、「ビザ」がないなら絶対にESTAを申請しなければなりません

90日以上の方は「ビザ」を発行しましょう!

【ESTA】で注意すること

  1. 有効期限は認証日から「2年」!
  2. ハワイは絶対必要!
  3. 原則、渡航前の72時間前までに申請。(インターネットで申請)
  4. 取得代行サイト・サービスには十分気を付けて!!ぼったくられる!
  5. 2年以内に結婚し、名字が変わったら再申請をしましょう!
  6. 「大丈夫、大丈夫」が最悪の結果になる・・・
  7. はじめての入国の時は使えません。
  8. ”要注意”高額ESTA発行会社をご紹介!
RYO
結構面倒ですよね!でもこれらを知っているのはとても大事!

グアムには【ESTA】は必要ない!?

グアム国旗

結論から言うと・・・「その通り!必要有りません!」説明しますね!

グアムの”GCVプログラム”

グアムは45日以下の滞在であれば「GCV」という特別なプログラムがあり、【ESTA】は必要ありません
さきほどの「日本人が来る分には大丈夫でしょ♬安心できる人たちだし♬」みたいなことです。

45日以上の場合は【ESTA】は必要です。

また、【ESTA】申請を指定ない人は書類(I-736)を必ず書く必要があります♬

書類は面倒であれば、渡航前に印刷し、サインして入国審査官にだせば大丈夫です♪

実際にグアムはどうしているかというと・・・「ESTA」を推奨しています。そして、私も【ESTA】取得をおすすめしています♬理由は後でお話しますね♬まずは【ESTA】のメリットデメリットを先に♬

ESTAのメリット【グアム編】

  1. ESTA専用入国審査レーンで入国審査わずか5分!アメリカ人と同様の待遇!
  2. 書類(I-736)の提出がいらない!

楽しい旅行が終わり、沢山の荷物を持って日本へ帰国するとき、行列が長くて、疲れてイライラしたことありま
すよね。【ESTA】がないと入国審査でもそれが起きちゃうんです。

観光シーズンでなくても下手すれば1時間弱かかってしまう入国審査。これから楽しい旅行だっていうのに、荷物もって、長々と並び、テンション下がりますよね。私、それが嫌です。笑

別に【ESTA】なくても大丈夫でしょ?思想。

【ESTA】ってあまり知られてないんですよね!無くても良いでしょ?っていう考え方がとても多いです。

いいんですけどね!いいんです「けど」・・・。ESTA入国は「並ぶことがない」これは凄いメリットです!大混雑を後にして、スーッと♬

ほら、日本に帰ったときの空港で、外人はたくさん並んでますが、我々日本人は「スーッと」出ることができますよね?なぜなら日本人だから。

グアムもそう。アメリカ人がグアムでは「スーッと」入れます。【ESTA】を持っていれば、アメリカ人同等の扱いを受けることができますので、日本人でも「スーッと」入れるわけなんですね♬

しかも、機内で書く書類。あれですよ、名前とか住所とか、ホテル名とかパスポート番号とか・・・いちいち機内で書いて、パスポート出して、ホテル確認して・・・あー!めんどくさい!!!笑

この書類を提出しなくて良いんです♬めちゃくちゃ楽ですよー♬機内で映画をずっと見続けられますし、寝ているときに無理やり起きて書類を書く必要もなくなります♬

ESTAのデメリット【グアム編】

  1. 費用が14$/人(約1500円)かかってしまう。(大人・子供関係なし)これだけ!

これは家族構成などもありますね。4人家族であれば56$かかってしまいます。

グアムの場合、絶対に申請しなければいけないものではありません。それぞれのご家庭や個人で考え、必要であれば申請をしましょう!申請は簡単です♬

私は2年で1500円なので、いろいろな事を考えて申請を2年ごとにしています♪

【ESTA】公式サイトはこの画面!

ESTA公式画面
右上に「言語変換」できる欄がありますのでクリックして「日本語」に!

「個人による申請」を押してあとは解説どおり情報登録をしていけば申請可能です!

”要注意”高額ESTA発行会社をご紹介!

  1. https://esta-center.com
  2. https://esta.asia
  3. https://esta-website.com
  4. https://apply-esta.info
RYO
これらは全てボッタクリです!!!!!

いかがでしたか?

グアムは1度行ったら病みつきになります♬

透き通った青い海、白い雲、お肉、お酒♬

最高の思い出に、そして日頃の疲れを癒やしに行ってみてはいかがでしょうか?♬