トレンド

2022/11/13

【アメリカ選挙】民主党アメリカの歴史とアメリカ共和党とは・・・選挙の歴史を紐解き今を学ぶ!

よくメディアで耳にする「民主党」と「共和党」。どんな歴史があり、それぞれどのような特徴があるのか、一緒に学びましょう!

ReadMore

トレンド

2022/11/13

アメリカ中間選挙とはなに?アメリカ選挙の仕組みについて。アメリカ中間選挙速報はもちろんアメリカ選挙をわかりやすく!

大統領選挙から2年後に行われる【アメリカ中間選挙】なぜ中間に行われるのか?下院や上院などの基礎知識も解説!

ReadMore

ウクライナとロシア

トレンド

2022/10/24

ウクライナの歴史わかりやすく解説!ウクライナ情勢にいたるまでの歴史とロシアの歴史との関係!

そもそも「ウクライナ」はどのような歴史をたどってきたのか。ロシアはもともとはウクライナだったのか?すべての始まりは「3人の兄弟」である。

ReadMore

2024年大河ドラマ

トレンド

2022/10/17

【大河ドラマ2024キャストは超豪華!】『光る君へ』キャスト&あらすじ紹介!脚本は2006年「功名が辻」から18年ぶり「大石静」

2024年大河ドラマは7年ぶりの女主人公!大河ドラマ史上初の女性統括&プロデューサーで出陣!吉高由里子&大石静の強力タッグ!

ReadMore

Jアラート

トレンド

2022/10/10

Jアラートとは一体なに?北朝鮮ミサイルの驚異。核ミサイルが飛ばされたら我々がとるべき行動とは!

【Jアラート】は一体なに?どういうときになるのか・・・そもそもなぜアラートが誕生か、そして、万が一ミサイルが着弾したら・・・

ReadMore

2024年大河ドラマ

トレンド

【大河ドラマ2024キャストは超豪華!】『光る君へ』キャスト&あらすじ紹介!脚本は2006年「功名が辻」から18年ぶり「大石静」



2024年の大河ドラマは・・・
「必ず1度は聞いたことがある女性」
その生涯も実に気になるあの女性❗❗




2024年の大河ドラマの主人公は・・・
日本・・・いや、世界最古の長編小説と言われる
『源氏物語』の作者❗そして、あの清少納言と
ライバル関係であった【紫式部】です❗



おぉ〜❗知ってます❗その人生がついに大河ドラマに❗

生徒
先生

なんと「紫式部」は大河初の人物です❗期待できますね❗



みんなが気になる彼女の生涯を描く今回の
「脚本」は・・・「大石静さん」です。


大石さんがどんな人かはもちろん・・・
生没年も不明、そのお墓もどこにあるか不明
という謎多き女性【清少納言】もどのような人か
そして気になるキャストも紹介していきます❗

大河ドラマ2024キャスト「光る君へ。」

紫式部


主演は「吉高由里子さん」
ほかのキャストは【未発表】です。


なので今回は
「紫式部」とは一体どのような人なのか・・・
そして脚本の「大石静」さんの情報や
「光る君へ。」の内容をご紹介しますね❗


気になる気になるぅ〜❗

生徒
先生

大石さんは脚本歴がなんと【35年】❗数々の作品を世に生み出しています。

「紫式部」さんは一体どんな人なんですか?

生徒
先生

平安時代中期に活躍した「作家&詩人」です。



⇩ 平安時代はこちらです❗ ⇩

日本の歴史平安時代
【鎌倉殿の13人を見る前に・・・日本史年表解説】日本史勉強法ゼロからの日本史!日本史一問一答の前に学ぶ【平安時代】

「歴史を改めて勉強したい人」も「歴史が苦手な人」も「歴史が好きな人」も読むだけで歴史が好きなり、今すぐにでも紹介したくなること間違いなし!

続きを見る

⇧ 「至極の家庭教師」として登場 ⇧


紫式部の誕生日・・・実はいまも【不明】で
死んだ日もいまいちわかってないんです


一度結婚をしますが、先に夫が死んでしまい
その頃から執筆したのが『源氏物語』だと
言われています。


そして、時代の覇者「藤原道長」の娘の
家庭教師を担当し、名を轟かせた。



先生・・・なぜそもそも「紫式部」というのでしょうか?

生徒
先生

式部は「国家儀式や人事を担当する役所」で・・・

なるほど・・・なぜ紫???

生徒
先生

他にも「和泉(いずみ)式部」さんもいます。女性官に【式部】は使います



彼女の家は裕福といえる家ではなかったが
父は勉強熱心で、紫式部の兄に「勉強」を
教えていた。


紫式部は横で様子を見ていただけなのに
その内容を兄よりも理解してしまう「才女」


大きくなり、結婚し、女の子を出産。
しかし数年後に夫が死んでしまう・・・。


そのころから紫式部は『源氏物語』を執筆し
時代の覇者「藤原氏」の豪華絢爛な宮廷生活を
描き、またたく間にバズります



バズる・・・笑

生徒


そして、藤原道長の耳に止まり、その娘である
「彰子(しょうし)」の家庭教師になります



先生

その時点では「藤(とう)式部」と呼ばれていました。



しかし、『源氏物語』がバズりにバズっていくと
主人公「光源氏」と共に人気を誇った女性主人公
「紫上(むらさきのうえ)」から【紫】の1字をとり
「紫式部」と呼ばれるようになったのです



『源氏物語』は54巻からなる世界最古の
長編恋愛小説
。なんと6年書き続けました。



先生

なんと内容は80年分のストーリー❗登場人物は500人❗

げ・・・そんなに?

生徒
先生

でもね、最初の入りで、もう引き付けられる内容なんです❗

そうなんですか?長くて読むの大変そう・・・

生徒
先生

「光源氏」は王様の息子で、小さい頃にお母さんが死んじゃったのね。

はいはい。光源氏ね。しってますよ?

生徒
先生

そしたらお父さんは再婚したわけ・・・で、その再婚した女性がお母さんによく似ててね・・・。

あ、そうなんですね❗

生徒
先生

でね、光源氏、その再婚した女性を好きになって・・・子供産ませちゃうの。

どぇぇぇぇぇ〜〜〜〜〜❗❗❗

生徒
先生

でもね、バレちゃまずいから、お父ちゃんとの子として育てるの。笑

むちゃくちゃ面白い入りじゃないですか❗

生徒
先生

でね、のちに最愛の妻を見つけるんだけどね、自分がパパと同じような目に合って鬱になるの。笑

え❗まさか・・・子供に取られる!!?

生徒
先生

的な感じです❗笑 ね❗おもしろいんですよ❗



人生で必ず出会う「壁」。そして、勝ち組の「栄華」。
「嫉妬」「苦しみ」「出会い」「別れ」「恋」「理不尽」
「コンプレックス」「人間関係」「生きる希望」




その全ての【参考書】になる



旦那さんがなくなってから執筆を始めたとされる
『源氏物語』・・・。作者「紫式部」は



どこに向かって生きればよいのか分からない
と自らの歌集の最後で訴えている。



偉人として伝えられている彼女も
人生にとても悩んでいたに違いありません

⇩ あとは読んでみましょう❗ ⇩

大河ドラマ2024脚本は「大石静さん」

三重塔


2024年大河ドラマ「光る君へ。」の脚本を務める
大石静さんは2006年に「仲間由紀恵」さんが
主演の大河ドラマ「功名が辻」の脚本でし


あの織田信長、豊臣秀吉に仕えた戦国武将
「山内一豊」。彼を天真爛漫さや知恵で支えた
奇才で秀才秀逸な「千代」の生涯を描きました。


大石静さんは朝ドラ1996年の「ふたりっ子」の
脚本でもあり、最高視聴率は【27.3】で
1996年以降この数字は超えられていません



おぉ〜❗20年以上続く朝ドラの最高視聴率の脚本家なんですね❗

生徒
先生

そうなんです❗きになりますね・・・内容もご紹介❗



と・・・・いいたいところですが・・・


まだ内容がわからずです❗乞うご期待❗



先生

とりあえず、2017年の柴咲コウ主演「おんな城主直虎」以来の女性主人公です❗

お❗7年ぶりですか❗

生徒
先生

さらに❗大河ドラマ史上初、「脚本」「制作統括」「チーフ演出」全てが【女性】❗

お❗さすがテーマが貴族文化ですね❗衣装にも注目ですね❗

生徒

-トレンド