世界の歴史(世界史)を流れにそってわかりやすく解説、ヒトはサルなのか【人類の誕生】

世界の歴史 歴史


人類は一体どこからやってきたのか



その始まりを地球誕生からお話していきましょう。


⇩  地球誕生物語 ⇩

地球誕生

地球はどのようにしてできたのか。【地球誕生物語】


地球が誕生し、生命体が生まれ・・・
長い年月がたった。

我々の祖先は
ホモ属】と言われた。

生徒
私達人間は【ホモ・サピエンス】とかいわれますよね❗


このホモ属には


ヒト科」と「チンパンジー科」があり


ヒトとチンパンジーは同じ
ホモ属」に属していた。


ホモ属のヒト科とチンパンジー科の種族が
各地に移動し・・・

それぞれで進化をした。

Ryo先生
チンパンジーはチンパンジーらしく・・・ヒトはヒトらしく・・・。映像でも見てみましょう。


ホモ属ヒト科は更に異なる進化を遂げ


「ミトコンドリアイブ」
「ホモ・エレクトス」
「ホモ・ネアンデルタール」など


多くの人種に進化していった。

Ryo先生
チンパンジーはチンパンジーとして進化を遂げ、チンパンジーに似たヒト科は二足で立ち、ヒトとして進化したのです。



つまり人間はサルが進化したわけでも
一種類のヒトが進化したわけでもない。

生徒
なんとなく分かったような・・・わからないような・・・。


「ワンちゃん」で例えると・・・


ミックス犬」っていますよね?
似ている種類で交わり、新しい犬種になる。



このようにホモ属も一部で種族が交わり
進化を遂げることも多くあった。



逆に同じネコ科のライオンとネコ。


交わることはないですよね?でも同じネコ科。

生徒
なるほど・・・たしかに・・・。


つまり・・・
ホモ属の中に「ヒトとチンパンジーがいた。


そして、今から20万年前、その進化の過程で登場したのが

我々の先祖「ホモ・サピエンス




サピエンスは「知恵」という意味。
知恵を持った種族に進化した。

歴史




そして我々の祖先「ホモ・サピエンス」が
知恵を使って他の人種を滅ぼし
ホモ属でただ唯一生き残った。

とされる。

Ryo先生
ではその「知恵」とは具体的に何なのか・・・気になりますね・・・。【知恵】それが・・・


フィクション」です。

作り話妄想と言ってもいいですね。


他の種族は
自分たちの家族で1つのグループを作り
他の家族と仲良くなることはあまりなかった。


しかし、我々ホモ・サピエンスは
フィクション」を作り、他の家族との関係性を深いものとした。

生徒
ん?先生・・・ちょっとまた難しくなってきました・・・また例えてもらえたりできますか?


例えば湖の近くに集落があったとします。




「この地域には水の神がいて、
水を大切にすれば幸せな人生が送ることができる。」




「雨は神の涙である。
その日は他の人のことを思いやる日にしなければ不幸になる。」
など




これは「フィクション」です。


このように我々の先祖ホモ・サピエンス
フィクション」「架空」を作る能力に長けていて
1つの「フィクション」のもと集団を大きくした。




これが他の種族との大きな違いである「知恵」

生徒
なるほど・・・「フィクション」か・・・確かに大きな集団を作るのが簡単になりますね。


宗教は特にフィクションの力で大きな力を持っています

キリスト教信徒の
ヒトのはじまりは?


⇩ キリスト教の始まり ⇩

キリスト教

わかりやすく解説世界三大宗教の物語【キリスト教はどのようにして誕生したのか】


アダムとイヴですよね?



キリスト教徒ではそれが真実だが
そうではない人にとっては「フィクション」です。

Ryo先生
日本人は人間の始まりを「アダムとイヴ」と思っている人はほとんどいない。フィクションだと考えているからです。



しかし、キリスト教徒は今世界に
約25億人のチームを作っている。



これは凄まじいことなんです。


ということで
我々ホモ・サピエンスは「知恵」を使い
他のヒト科の種族を滅ぼし、唯一ヒト科として「生き残った」


この「フィクション」を支配に使ったのが
かつての古代ローマが行った「キリスト教国教化」

この強大な「フィクション」で
ローマ全土をまとめた。




すべての答えは聖書であり
すべての人類の根源はアダムとイヴだと考えられていた。

聖母マリア


これが当たり前だったのです。


しかし・・・時代が進むにつれ科学が発展し

「あれ?聖書の内容・・・おかしくないか???」
「人類は本当にアダムとイヴからはじまったのか?」
「聖書に書いていない国の存在もあるんじゃないか?」

多くの疑問点が人々の心に芽生え始めた



その疑問心に拍車をかけたのが「大航海時代


自分たちの知らない土地の存在が実際にあった。
「聖書が全てではなかったんだ。」と・・・。




世界はフィクションだった」と気づいた。


そして人々は「新しい知識」「新しい力」を
手に入れるために動いたのです。



こうして長いフィクションが崩れたかにみえた・・・



しかし・・・・




人類は「新しいフィクション」を
アップデートしてしまった。


Ryo先生
新しいフィクション・・・。新しい虚構・・・。


それが「イデオロギー

つまり「考え方・理念」といわれるもの。


Ryo先生
「たくさん働いて、たくさんお金があると幸せでいられる」「人類は人種や性別や貧富の差などを取っ払い、皆が平等でいることが幸せ」


これはすべて「フィクション」なのです。


フィクションだらけのこの世界


唯一生き残った我々
ホモ・サピエンスが全世界の覇者となっている。


好きなことをし、平等に教育を受け

好きなものを食べていい。


好きなことをし、好きなように考え、行動する。

これは都合のいい「フィクション



今ホモ・サピエンスは幸せなのでしょうか




先程も言ったように
フィクションにはいつか疑問点が生まれる



実はもう疑問点を感じている人は多いのでは?

お金があれば本当に幸せなのでしょうか?



だってお金は・・・紙切れですよ?
それを全人類が「価値のあるもの」
と認識している・・・。


ホモ・サピエンスが他の種族を滅ぼし
各地で生活をするところから歴史が始まろうとしています。



その最初の場所は「2つの川の間」という意味を持つ

メソポタミア

から始まっていきます。

⇩ 日本史はこちらから ⇩

小学生でもわかる日本の歴史

日本の歴史(日本史)をわかりやすく説明【縄文・弥生・古墳時代】